• もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 助成金情報 | Main | 助成金情報 »

<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2022年05月01日(Sun)]
✿助成金情報✿

【6月15日締切】第38回(2022年度)マツダ財団研究助成 ― 青少年健全育成関係
 工業化社会、情報化社会の著しい進展による社会環境の変化は、国民の社会生活に多様な影響を及ぼしています。中でも青少年の健全な心身の発達を阻む面のあることを認めざるを得ません。
 マツダ財団では、青少年の健全な育成への支援を通して、心豊かに生きることの出来る社会の実現を願い、そのためのすぐれた研究に対し、一助として費用の一部もしくは全額を助成します。

■助成元:公益財団法人 マツダ財団
■分野:子どもの健全育成、生活支援、学習支援、地域づくり、国際協力、その他
■URL:https://mzaidan.mazda.co.jp/bosyu/human_serach/index.html

■締切日:2022年6月15日(水)必着

第38回(2022年度)マツダ財団研究助成募集要項―青少年健全育成関係

1.助成の趣旨

工業化社会、情報化社会の著しい進展による社会環境の変化は、国民の社会生活に多様な影響を及ぼしています。中でも青少年の健全な心身の発達を阻む面のあることを認めざるを得ません。マツダ財団では、青少年の健全な育成への支援を通して、心豊かに生きることの出来る社会の実現を願い、そのためのすぐれた研究に対し、一助として費用の一部もしくは全額を助成します。

2.助成対象

本財団の設立趣旨である「青少年の健全育成」に係る教育現場及び市民活動の活性化に役立つ汎用性の高い研究(基礎的研究を含む)を対象とします。

<助成対象研究分野>
  @ボランティア育成
  A若者の居場所づくり
  B地域連帯、コミュニティづくり
  C自然とのふれあい
  D国際交流・協力
  E科学体験・ものづくり

3.応募資格

日本国内の大学、NPO等に所属して、青少年健全育成に関する研究に従事し、その研究の成果が、次代を担う青少年の健全育成に貢献するところが大きいと思われる研究者または研究グループとします。研究代表者(申請者)は、助成申請にあたり、所属機関の代表者(大学の場合は学科長・学部長等、NPOの場合は理事長等)の承諾を得てください。特に若手研究者(概ね35歳以下)の応募を歓迎します。ただし、学部生・大学院生は研究代表者にはなれません(共同研究者は可能です)。 研究代表者からの申請のみ受け付けます。

(1) 過年度助成した同一研究テーマで、研究内容に進展がみられないものは、原則として認められませんのでご留意ください。
(2) 同一研究課題で、他財団等から既に助成金を受けている場合、あるいは受ける予定がある場合は、原則的に助成対象として認められませんのでご留意ください。

4.助成金の総額

400万円(1件の上限100万円)

5.助成件数

5〜6件

6.助成期間

1年または2年

・1年助成 2023年4月1日〜2024年3月31日
・2年助成 2023年4月1日〜2025年3月31日
ただし、助成金振り込み後は、直ぐに使用可能です。

7.助成金の支払い

原則として1回

8.助成金の使途

助成金の使途には、器具・備品費、消耗品費、旅費、謝金、その他諸経費が含まれます。ただし、研究メン バーへの謝金は認めていません。

9.応募手続

申請書のフォーマットをこのページ末尾からダウンロードの上、必要事項を記入し、電子申請書を作成してください。
申請書を添付ファイルの形式で電子メールにて送信してください。

申請手続きの詳細につきましては、申請方法をご覧ください。

10.募集期間

2022年4月15日(金)〜2022年6月15日(水)<必着>

11.助成の決定

助成対象者は、選考委員会で選考の上、本財団理事会において決定します。

12.助成決定の通知

助成決定後、研究代表者(申請者)に対し、採否・助成金額および支払時期等をお知らせします。ご通知時期は9月下旬の予定です。採否に関わらず、9月末までには連絡しますので、万が一メールが届いていない場合はお問い合わせください。

(留意事項)

1. 助成対象の採否決定に関するお問合せには、応じかねますのでご承知おきください。
2. 助成金の受領者は次のとおり報告書を、それぞれ所定の用紙によりご提出いただきます。
  (所定の用紙は助成金受領者に対し別途ご連絡いたします)
 ・1年助成 研究結果報告 2024年2月末日
 ・2年助成 研究中間報告 2024年2月末日、 研究結果報告 2025年2月末日
3. 助成金の受領者には研究完了時に、広島における成果報告会において発表していただきます。
  (この際の旅費交通費は別途支給します)
4. 助成中あるいは助成後、研究成果を公表された場合、論文抜き刷り等を添付してご報告ください。

(連絡先)

公益財団法人 マツダ財団 事務局
〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3ー1 マツダ株式会社内
TEL: (082)565−1344(担当 井上)
E-mail:mzaidan.sk@mazda.co.jp
※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 06:14 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/3313

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集