• もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 助成金情報 | Main | 助成金情報 »

<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
遠隔文字通訳で応援します[2022年02月22日(Tue)]
数年前、涙のお電話をいただいた難聴児の親御さんから、
本当にうれしいお手紙とご寄付をいただきました。
『息子も今では大学生です。
中学生の時にサマライズさんに出逢わなければ、
今の生活はできなかったと思います。
あの時は親子共々、勇気をいただきました。
実際には学校から(遠隔支援の)使用許可は
いただけなかったですが、その時の対応
(啓発のための学校訪問、教育委員会との電話協議、
 遠隔支援のお試し授業実施など)がきっかけとなり、
介助員を付けてもらえて、息子も勉強を諦めずに
学びを続けることができました。
これからの難聴の子どもたちが、
授業中、先生の声が文字変換されることが
当たり前になる社会になって欲しいです。
私も応援しています。』
長野サマライズ・センターは、
小学校中学校高等学校の授業の内容を文字にする、
「遠隔文字通訳」の活動で、直接支援を担えるよう、
最大限の準備をしております。
一方で、そのお子さんお一人お一人にとって、
私たちが直接支援させていただくことだけを
目的にしておりません。
学校の先生方とご一緒に、お子さんの困りごとに向き合って、適切な解決策を導いてくださる、その最初のきっかけになれるように努力することも役割です。
ぜひ、皆様の周りで、
聞こえに不自由を感じながら学んでおられるお子さんが
いらっしゃいましたら、ご相談ください。
関係する皆様とご一緒に、知恵を絞っていきたいと思います。
274533001_5170223389662630_860487955046613689_n.jpg
▼長野サマライズ・センターからのメッセージ▼
「インターネットを活用した遠隔授業の普及に取り組んでおります。
教育現場での聴覚障害のお子さんの支援の理解やシステムを、難聴児に関わる多くの皆さんにご紹介できるよう、長野サマライズ・センターを応援してください 」
http://www.nagasama.net

Posted by サマライズ at 20:23 | つぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/3284

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集