CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 助成金情報 | Main | 助成金情報 »

<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2021年04月09日(Fri)]
✿助成金情報✿4月23日

「NOBUKO 基金」


「NOBUKO 基金」は、若くしてご逝去された河合伸子さんのご遺産を原資として、お父様からのご寄付により、伸子さんのご遺志に基づき、困難を抱える子どもや家庭に育つ子どもたちを支援することを目的に設立されました。
困難な状況を生きる子どもたちが困難を乗り越え、それぞれの可能性を最大限に伸ばせるように支援を行っているNPOを応援します。3つの分野でそれぞれ2団体を選定し、1団体あたり年間250万円を上限に、3年間の継続助成を行います。詳細は、ウェブサイトにてご確認ください。

(1)支援対象分野
@シングルマザー支援を行うNPO等の活動
A虐待を受けた子どもに対する支援を行うNPO等の活動
B能力がありながら何らかの事情で能力を伸ばせない子どもに対する支援を行うNPO等の活動

(2)支援内容及び採択予定件数
・1団体あたり年間250万円まで
・上記3分野ごとに2団体(全体で6団体)を選定
・原則として3年間の継続助成


集期間
2021.03.24 〜 2021.04.23
実施団体
パブリックリソース財団
URL
https://www.info.public.or.jp/nobuko-fund



お問い合わせ先
ウェブページのお問い合わせフォーム、または、メール にてお問い合わせください。
パブリックリソース財団内「NOBUKO基金」事務局(担当:土井)
E-mail:nobuko-fund@public.or.jp



※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 07:56 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/3028

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集