CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 助成金情報 | Main | 助成金情報 »

<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2020年04月18日(Sat)]
✿助成金情報✿4月20日

U39アーティスト・フェローシップ助成

URL
http://acy.yafjp.org/grants/raise/fellow2020.html


■内容/対象
アーツコミッション・ヨコハマ(略称:ACY、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団運営)は、横浜市が文化芸術創造都市の一層の推進を図るべく展開するクリエイティブ・チルドレン(*)の理念に基づき、横浜の創造環境から芸術文化を発信する次世代のアーティストを育成し、そのキャリアアップを支援するための助成制度を2016年度より実施しています。

フェローに選出されると、ACYを通じて年間の活動経費の一部に対する助成金をはじめ、横浜での活動を中心に様々な支援が行われます。アートを通じて社会に新たな価値を提示し、国内外での活躍を目指す若手アーティストの皆さんからの、チャレンジに満ちたご応募をお待ちしています。申請方法など、ご不明な点についてはお気軽にご相談ください。

(*)「クリエイティブ・チルドレン」とは
横浜市では、子どもたちの豊かな創造性や感受性を育むとともに、多様で優れた文化芸術を継承・発展させ、創造するために、その担い手となる才能豊かな新進アーティストなど、将来の芸術家の芽を育む取組を推進し、ライフステージに応じた次世代育成(クリエイティブ・チルドレン)を幅広く展開しています。

(注意事項)本制度は、3月に開催される横浜市会、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団理事会による承認をもって正式に予算が確定するものです。

■応募制限
その他
以下の条件をすべて満たすアーティスト個人を対象とします。

(1)美術、舞台芸術の分野で継続的かつ創造的な活動をする美術家、劇作家、演出家、振付家
(2)初回申請年度、2021年3月31日時点で39歳以下であること。
   ※ただし2019年度に本助成を受け、再申請する場合にはこの限りではありません。
(3)横浜市内に在住・在学、もしくは横浜を活動拠点とする人
   ※2020年度に横浜市内での創作を行う活動拠点があること

■助成金額
助成金総額:  1件あたりの上限額: 1,000,000円
募集期間  2020.03.09 〜 2020.04.20
実施団体  横浜市芸術文化振興財団
URL     http://acy.yafjp.org/grants/raise/fellow2020.html


お問い合わせ先
アーツコミッション・ヨコハマ 助成受付係
メール:http://acy.yafjp.org/contact
電話:045-221-0212
受付時間 9:00〜17:00 ※平日のみ

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 10:51 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/2825

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集