CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 体験児童の保護者様より | Main | まちの縁側楽会の事前記事に »

<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
教育現場 モバイル型遠隔情報保障システム実証実験<34>[2010年03月19日(Fri)]
2010.3.3 (水)

松本市内小学校 5年生 2名

3時間目 1組の英語、4時間目 2組の英語

iPhone(Wi-Fi接続)で、現場入力



この小学校で行う、本年度最後の支援でした。

英語の授業内容も、1年間の総まとめにあたり、

ならってきた文章や単語をすべて用いてのゲーム、

フルーツバスケット(なんでもバスケット)を

iPhoneを使って支援しました。



英語をカタカナ表示して対応するという難しさに加え、

要約筆記(文字通訳)では、発せられた音を素速く文字にして、

その文字を利用者が読んでから次の行動に移す、という

“時間”が必要ですが、こういった、耳で聞いた音に

即座に反応して楽しむ場では、難しさを感じています。



それでも、ジェスチャーも交えたゲームになっており、

利用者のお子さんたちは、目でジェスチャーを確認しながら、

後でiPhoneの文字で内容を確認する、という使い方で

はじけるような笑顔を見せてくれていました。



「1年間、ありがとうございました。」とお礼の言葉を

いただき、継続した支援制度が、1日も早くできてくれる

ことを、あらためて願わずにはいられませんでした。





Posted by サマライズ at 20:36 | モバイル型遠隔実験 教育現場 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/24

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集