CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 平成21年度教育現場事業<18> | Main | 平成21年度教育現場事業<19> »

<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
教育現場 モバイル型遠隔情報保障システム実証実験<26>[2010年01月25日(Mon)]
1/22(金)

長野市内の小学校



5時限:英語 13:45〜14:30

6時限:算数 14:30〜15:15

保護者懇談 〜16:00



表示:iPhone(Wi-Fi接続)

通訳:2名



今回、教室内でのWi-Fi接続ではありましたが、

長野県北信で初めてiPhoneを使った表示を試みました。



校長先生、教育委員の方々、進路先の中学の校長先生他、

マスコミ2社(テレビ局、新聞社)が来られ、

緊張の1時間目となりました。



遠隔での通訳は、3G電波が届かないため

残念ながらできませんでしたが、生徒さんが自ら

使い方を聞きに来たり、移動の必要な授業には、

首にさげて移動したりと、積極的に関わってくれたことに

感激しました。

文字も、大人が感じるほど小さい事が気にならないようでした。



英語の授業は、一番メリットを感じられるのでは、とのことで、

今回で5回目の担当となりました。



DVDから流れる英語を前ロールで準備して流しましたが、

すべてカタカナ表記のため、保護者の方からも

読むのに時間がかかることを指摘されました。

今後、ますます長文になることを考え、生徒さんが

読み取る時間も考慮し、生徒さん、先生ともご相談しながら、

表記や表示にさらなる工夫をしていきたいと思います。

 

<算数>

算数の授業の難しさを感じました。。



課題の多い一日となりましたが、

こうして勉強の機会を与えていただけることに、感謝です。

ぜひ、次に生かして生きたいと思います。









信濃毎日新聞に掲載していただきました。





Posted by サマライズ at 14:30 | モバイル型遠隔実験 教育現場 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/15

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集