CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 教育現場 モバイル型遠隔情報保障システム実証実験<26> | Main | 教育現場 モバイル型遠隔情報保障システム実証実験<27> »

<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
平成21年度教育現場事業<19>[2010年01月26日(Tue)]
2010.01.25(月)



長野市内の小学校



3校時 国語(モニター 教室)

4校時 社会(モニター 教室)



<概要>

モニター等の設定はスムーズにいき、授業開始と同時に通訳が開始できました。

また3時間目4時間目と同じ教室で移動がなかったので、

社会の授業も落ち着いて始められました。



先生の話し方は、やや速く国語、社会とも

指示代名詞をそのまま使わないと間に合わないと感じました。



生徒さんは、お母さんによると、

体調が悪いときは、聞こえは少し悪くなるが、

それ以外は大体大丈夫とのことでした。

また、授業中の様子は、一番前の席にいるので、

モニターをどのような感じで見ているのかよく分かりませんでした。

Posted by サマライズ at 15:04 | 平成21年度 教育現場 要約筆記通訳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/14

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集