CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 「働く難聴女子に出会おう」講演会 | Main | 創立30周年記念御野場中学校祭 »

<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
山梨の幼稚園にて[2014年09月19日(Fri)]
2014.09.04 16:30〜20:00
山梨県の聖愛幼稚園の園長ならびに職員さん(12名)へ「きこえないって」どんなこと、と題してお話を聴いていただきました。

まず、難聴児の親御さんがお子さんのお友達に向かって作られた、人工内耳への理解を求める紙芝居をお見せしたあと、遠隔支援システムの実際の教室での様子を映像でみていただき、難聴のお子さんの現状について、お話をさせていただきました。

ほとんどの職員さんには、はじめての体験、知らないことばかりだったそうですが、この幼稚園は、園長が障碍児支援についてたいへん前向きで、他園で断られた園児も積極的に受け入れてきた経緯もあり、自然と、職員さんの意識も高く、共感をしていただきました。

「ついつい障害児に対しての配慮が優先していましたが、周囲の園児への理解がとても大切であることに気が付いた」
「保育の在り方、普段からの配慮について 改めて振り返ることができた」
などのうれしいご感想もいただけました。

主任さんには、約10年程前に、難聴児さんの担任経験があるとのこと。
今でも、親御さんとはお手紙のやりとりがあるそうですが、ご本人の中では、もっと出来ることがあったのではないかと、今でもその想いで、胸が締め付けられていると話してくれました。

難聴児さんにとっては、お友達が「遊ぼう〜」と寄ってくる声が聞こえないため、突然寄ってくること自体、恐怖で、周りとのコミュニケーションがとれず、また、健聴児にこの恐怖をどう教えたらよいのかがわからなかったともお話くださいました。

また、職員さんのお一人からは、「聞こえ」の研修を受けた経験があるが、とにかく「聞こえなくなったら」恐怖、この一言に尽きたそうです。
その経験があるのに、普段の保育では関係なく過ごしてきてしまったとコメントされました。

支援教室では、ろうあのお母さんの相談者もいるそうで、自身のお子さんの聴力について不安を抱えているとのこと。しかし、新生児聴覚スクリーニング検査については、ご存じなく山梨県での検査機関の情報をご提供させていただきました。

当初考えていた予想以上に、この企画は重要なものであると感じました。
幼児さんを預かる現場の皆さんと、ひとつひとつ、共有しながら認識を高めていくことが急務だと思いました。

山梨 聖愛幼稚園
http://www.seiai.net/index.html#torikumi

Posted by サマライズ at 10:07 | 日本財団助成事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/1202

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集