CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 9/7(日)「働く難聴女子に出会おう」 | Main | 長野県塩尻市議会本会議の傍聴を 遠隔支援システムでご支援(bQ) »

<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
長野県塩尻市議会本会議にて[2014年08月28日(Thu)]

2014.8.27 13時〜17時と長丁場でしたが、
長野県塩尻市議会本会議にて、地元の
塩尻市聴覚障がい者協会のメンバーの傍聴希望があり
手話通訳士3名とご一緒に、遠隔支援システムを使った
パソコン文字通訳を実施させていただきました。

「議場内でのパソコンの打鍵音が気になる」との
議員のみなさまからのご感想を受け、遠隔支援システムが 使えることを実証実験を済ませておりましたので、 急なご依頼でしたが、モバイルWi-Fi端末2台を駆使して 実施することができました。

議場の傍聴席:
Wi-Fi端末に接続させたノートパソコン2台、iPad、iPadミニ、iPhoneそれぞれ1台をご用意。

入力者側:
議場内の音声が取れる1階下の部屋をお借りして、ITBC2のパソコンをWi-Fi端末でインターネット接続させて配信を行いました。

傍聴席最上段に入力者がいないことで、利用者の方々は 最初、戸惑われていましたが、ご説明したら、とても驚いて 感激されていました。

「手話だけでは理解できない仲間がいるから」と、 中途失聴や難聴の会員のために、毎回、パソコン文字通訳も 議会事務局に依頼してくださっています。

新聞社が1社、取材に来てくれましたが、
「細かい部分までは、手話だけでは理解できないので、
 文字で確認できていい」ともお話されていました。

音声の獲得が大きな課題ではありますが、遠隔支援システムを 活用することで、全国どの議会でも、必要に応じて、支援を ご用意いただけることが、実証できたことがうれしいです。

ぜひ、皆様の周りの当事者の方々にも、お伝えいただければ 幸いです。

次は明日29日も、1時間程度の予定ですが、同じ方法で
実施したいと思います。
10641250_827402437278102_5966562496699403756_n.jpg
10635989_827402527278093_6130321457816140570_n.jpg

------------------------------------
【毎日クリックするだけで長野サマライズ・センターを応援して頂けます!】
http://gooddo.jp/gd/group/summarize/?md=fb

Posted by サマライズ at 22:50 | モバイル型遠隔 実績 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/1196

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集