CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 教育現場 モバイル型遠隔情報保障システム実証実験<28> | Main | 平成21年度教育現場事業<21> »

<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
平成21年度教育現場事業<20>[2010年02月04日(Thu)]
2010.1.28(木)

長野市内の小学校 6年生

5,6時間目 理科「電磁石について」



8インチモニターを使用。

弱視のお子さんということで、モニターの表示を少し変えて、

全体に大きく、間隔をあけて行いました。



・「行数自動調節」にチェック

・1行  18文字 → 15文字へ 

・フォント  40 → 50へ



授業自体は、班での実験が中心で、通訳は、授業の導入部分と

最後の班ごとの発表が主でした。

授業中、モニターを利用していたかどうかは確認できませんでしたが、

3回目ということもあり、「通訳者が教室にいて、机にはモニターがついている」という状況には

慣れてきている感じがいたしました。



~保護者からの感想〜

連日、ありがとうございました。

理科や家庭科の授業でも、教室よりは騒がしい環境でしたが、

先生や友達の声はだいたい聞き取れていたようでした。

更に、実験や話し合いなども忙しく、画面に頼る様子は見られませんでした。

今回、じっくりといろいろな授業を見学してみて、わたしが思ってた以上に

本人が聞こえている様子だったので、少し驚いています。

とはいえ、聴覚障害がある以上、これからも気をつけて見守っていきたいと思います。



また今回の要約筆記体験を受け入れることができたことは、

本人にとっても大きな成長に繋がったと思います。

今後、いつか本当に必要性を感じた時にまた、素直に受け入れることが

出来るといいなぁと思っています。

わたしも、パソコン要約筆記の様子を間近で見学させていただき、

皆さんの素晴らしい技術に驚かされると共に、この活動を

広めていこうとされている皆さんの熱い気持ちに触れ、頭の下がる思いです。

とても良い体験ができたこと、サマライズのスタッフの皆さんに感謝しています。

本当にありがとうございました。

Posted by サマライズ at 15:09 | 平成21年度 教育現場 要約筆記通訳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/11

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集