• もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 静岡の市会議員さんがいらっしゃいました | Main | 兵庫県からのお客さま »

<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
報告2件[2014年06月05日(Thu)]
5月30日
岡谷市の男女共同参画センターあいとぴあで開催された、「女性起業家と話そう!月1サロン」に
参加させていただきました。
(現在、松本市のクラウドット様からの委託を受けています)

株式会社たび寅の秋山社長のお話は、本当に
女性の起業に必要な視点が盛りだくさんでした。

就労支援事業を企画する立場ですが、NPOの運営にも
非常に役立つお話で、サマライズについても「音声認識が取り入れられるとビジネスとして成り立っていきますね」と、アドバイスもいただけました。

5月31日
東京医科大学病院で開催されました
聴覚・人工内耳センター年次フォーラムに
参加させていただきました。
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/iryo/data/g20140531.pdf

今回は、補聴器や人工内耳に関するお話に加え、
「障がい者の権利条約からみた難聴児者のための
 教育・福祉の課題」と題して、教育にまで
踏み込んだ貴重なお話がたくさんお聞きできました。

何より、初めての試みだったそうですが、難聴児の
教育における人権についても、踏み込んだお話が
ありました。
医学関係者、補聴器・人工内耳の関係者、
それから、多くの難聴当事者の方々がお見えで、
活発な質疑もされていました。

こうやって、専門家や当事者、そして様々な
支援者などが集まって、よりよい社会に向けて
英知を集める機会は、たいへん大切だと思いました。

先日の文部科学省訪問と合わせて、ぜひとも
報告会を開催したいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by サマライズ at 17:17 | つぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/sama/archive/1066

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集