CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
サポートブック作成中[2020年08月03日(Mon)]
聞こえない、聞こえにくいお子さんたちの気持ちが
少しでも伝わりやすくなることを願っています。
111297756_1669528329864535_7351364639272732834_n.jpg

▼長野サマライズ・センターからのメッセージ▼
「インターネットを活用した遠隔授業の普及に取り組んでおります。
教育現場での聴覚障害のお子さんの支援の理解やシステムを、難聴児に関わる多くの皆さんにご紹介できるよう、長野サマライズ・センターを応援してください 」
http://www.nagasama.net

Posted by サマライズ at 16:11 | つぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

サポートブック作成中[2020年07月28日(Tue)]
たいへん好評をいただいてきた、
「聴覚障がい児のサポートブック」
いよいよ、マンガ化して、より多くの方々に
届けたいと思います!
楽しみにお待ちください!
109575765_1662861727197862_5840702782644504208_n.jpg
▼長野サマライズ・センターからのメッセージ▼
「インターネットを活用した遠隔授業の普及に取り組んでおります。
教育現場での聴覚障害のお子さんの支援の理解やシステムを、難聴児に関わる多くの皆さんにご紹介できるよう、長野サマライズ・センターを応援してください 」
http://www.nagasama.net

Posted by サマライズ at 15:47 | つぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2020年07月25日(Sat)]
✿助成金情報✿2021年5月7日まで
(20)公益財団法人パブリックリソース財団

・コロナ給付金寄付実行委員会、公益財団法人パブリックリソース財団、ヤフー株式会社、「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクは本日5月8日より、新型コロナウイルス感染拡大における経済対策として一律給付される現金10万円(特別定額給付金)を、資金的支援を必要としている産業に寄付できる「コロナ給付金寄付プロジェクト」を立ち上げます。
寄付サイトでは、(1)「医療」、(2)「福祉・教育・子ども」、(3)「文化・芸術・スポーツ」、(4)「経営困難に追い込まれた中小企業」などのテーマを選び寄付をすることが可能です。
詳細はこちら

・コロナ給付金寄付実行委員会は、パブリックリソース、ヤフー、トラストバンク、そして専門家有志発起人によって設立され、医療・介護従事者や子育て家庭、またアーティストや中小企業などを支援するための寄付サイトを開設します。
寄付サイトは、ヤフーとトラストバンクがそれぞれ開設し、パブリックリソース財団の協力のもと運営されます。
・給付金の受給者は、寄付をしたいテーマ(産業)を選んで寄付額を入力し、クレジットカード決済で寄付をします。また、パブリックリソースが発行する寄付金受領証明書を活用することで、確定申告時に寄付金控除を受けることができます。
・本サイトでは、パブリックリソース財団が4分野毎に基金を立ち上げ、資金支援を必要とする個人、任意団体、非営利法人、医療機関、中小企業(個人事業主を含む)を公募で募ります。各テーマに精通した専門家・有識者が審査委員となり、寄付先となる個人や団体・企業等を公平・中立かつ適正に選考します。
・コロナ給付金寄付実行委員会は、本プロジェクトを通じて、寄付という助け合いのムーブメントを醸成するとともに、新型コロナウイルスにより甚大な被害を受けている産業、企業、団体、個人を救う一助となることを目指します。

▽コロナ給付金 緊急支援寄付実行委員会サイト:
https://corona-kifu.jp
■寄付サイト:
▽Yahoo!ネット募金:
https://donation.yahoo.co.jp/promo/covid19/index.html
▽コロナ給付金プラットフォーム produced by TRUSTBANK:
https://www.furusato-tax.jp/covid19/
■発起人数: 212名
■発起人一覧: プロジェクトサイト内参照
https://corona-kifu.jp/


掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:46 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2020年07月25日(Sat)]
✿助成金情報✿随時

公益財団法人JKA
公益財団法人JKAでは、競輪とオートレースの売上の一部で社会貢献のための補助事業を行っておりますが、新型コロナウイルスが、同時に、社会に様々な課題を招き、地域社会に影を落とすことを危惧しております。
こうした状況に対し、少しでもお役に立てるよう、本年度の緊急支援事業として、「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に対する支援」を実施することといたしました。
これまでも医療や公衆衛生への援護・支援のほか、検診車の 整備等を補助事業として行ってまいりました。
新型コロナウイルスが、社会に様々な課題を招き、地域社会に影を落とす状況に対し、少しでもお役に立てるよう、本年度の緊急支援事業として、「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に 対する支援」を実施することにいたしました。 競輪とオートレースの売上の一部から、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に取り組む事業や活動に対し、総額 1 億円の支援を行い、この危機を乗り越えるために 貢献をしてまいります。
つきましては、補助事業の募集を行いますので、拡大防止策にご活用いただけましたら幸いです。



詳細
1.補助の対象者
下記、法人格を有する法人
(財団法人、社団法人、社会福祉法人、NPO法人、特別の法律により設立された法人等)
2.募集期間
2020年5月11日(月)から2020年度内で随時募集
※申請後、審査は適宜実施します。
※但し、申請金額が、下記総額(予定額)に達した場合は、募集を中止することがあります。
3.補助の対象となる事業
『2020年度補助方針』における「緊急的な対応を必要とする事業」で定められた事業で、かつ下記に該当する事業とする。
(1)新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止で命を支える支援・援護活動及び啓発事業
(2)新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止の支援・救援・救助のための物資の整備事業
(3)新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止の救援物資の購入、管理、輸送、供与又は貸与に関する事業
(例)
・新型コロナウイルス感染症から健康や命を守る医療活動
・新型コロナウイルス感染症の影響により困窮した状況下におかれる児童、高齢者、障害者等を支援する活動
・新型コロナウイルス感染症に起因する心身のケアを行う活動
・新型コロナウイルス感染症防止策を目的とした機器の導入 等
4.補助金額
総額:1億円(予定)
※補助率については、申請額が100万円以内の場合は1/1(自己負担額なし)。
100万円を超える場合には、査定により、規定に基づく金額(補助率:1/2〜9/10)となる場合があります。
5.補助事業の実施期間
2021年3月31日(水)までを原則とします。
※「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に対する支援」募集概要
https://hojo.keirin-autorace.or.jp/news/info/



掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:45 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2020年07月25日(Sat)]
✿助成金情報✿7月31日

(29)認定特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会

「寄付先を子どもたちが決める、という新たな寄付の選択肢を」 〜 Learning by Givingプロジェクト
寄付・社会的投資が進む社会の実現を目指す日本ファンドレイジング協会は、各界を代表する共同発起人とともに、6月1日より約2ヶ月、「あなたの寄付を子どもたちが決める(Learning by Giving)」クラウドファンディングを開始します。
  https://jfra.jp/news/32169

■背景
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、自らが受け取る特別定額給付金を一部でも寄付する意向をもつ人が、全体の21%という調査結果も報告されました。
一方、このコロナ禍においては、義援金などのわかりやすい支援の方法が見えず、「どこに寄付をしたらいいのか分からない」という声が多く寄せられています。
■プロジェクト内容
「あなたの寄付先を子どもたちが決める。その寄付に3倍のチカラを」
集めた寄付で、Learning by Givingプログラムを、中高生を中心に、学校単位・希望者単位のいくつかのグループで実施し、その実践事例を広く社会貢献教育ポータルサイト上で公開します。
目標金額:1,000万円
実施期間:2020年6月1日〜7月31日
URL:https://readyfor.jp/projects/ltg2020/
掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:44 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2020年07月25日(Sat)]
✿助成金情報✿7月31日
公益財団法人 ソニー音楽財団「子ども向けクラシック音楽配信企画を通じた若手演奏家への支援」

公益財団法人ソニー音楽財団は、子どもたちへの教育を目的とした音楽活動に取り組んでいる団体の活動を支援し、助成を行うことで、子どもたちが心豊かに暮らすことのできる環境づくりをサポートいたします。2019年に設立した「ソニー音楽財団 子ども音楽基金
の一環として、緊急支援策「新型コロナウイルス被害支援」を実施します。
https://www.smf.or.jp/kok/covid19_fund/


 ●新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けている、子どもたちに向けて音楽を通した教育活動を行う団体および若手演奏家を支援するため、支援総額5,000万円の「ソニー音楽財団 新型コロナウイルス対策特別支援プロジェクト」を立ち上げました。


「子ども向けクラシック音楽配信企画を通じた若手演奏家への支援」とは
若手演奏家のみなさんへ、クラシック音楽を活用した子どもたちへの動画配信企画を募集します。
企画が採用された方には、1件当たり50万円の懸賞金をお贈りします。希望者には、収録環境の一部サポート(詳しくは別紙「収録サポート内容について」をご参照ください)も行います。
採用後、作成いただいた動画および当財団の収録サポートのもと作成した動画は、ソニー音楽財団のYouTubeチャンネルで無料公開します。ご自身のプラットフォームでも公開していただき、たくさんの子どもたちに見ていただけるよう、一緒に盛り上げていきましょう!

懸賞金

金額:1件につき50万円
支払総額:最大2,000万円予定 ※収録サポート経費含む
支払い:応募毎に随時審査し、採用が決定次第、所定の手続きを以て懸賞金をお支払いします。
※動画は2021年3月末までに公開することを条件とします。

支援対象者
次の1〜4のすべての条件を満たしている若手クラシック演奏家

日本国内に在住、または日本国内に活動拠点を置いていること。国籍は問わない。
原則として18才〜40才であること。
主として演奏活動に係る収入により生計を維持していること。
反社会的勢力と関わりがなく、企画内容が反社会的な内容を含んでいないこと。

問い合わせ先
ソニー音楽財団「子ども向けクラシック音楽配信企画」担当係
Eメール:smf-support@sonymusic.co.jp
件名:「【問い合わせ】子ども向けクラシック音楽配信企画」
※電話・ファックスでのお問い合わせには対応していません。
※土日祝日および夏季休業中<8月13日(木)〜8月16日(日)>は、問い合わせに対応できません。
掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:43 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2020年07月25日(Sat)]
✿助成金情報✿2020年6月1日〜2022年3月31日

一般社団法人 全国コミュニティ財団協会、公益財団法人 地域創造基金さなぶり
『47コロナ基金(よんなな・ころな・ききん)』

47都道府県「新型コロナウイルス対策」地元基金〜応援したい都道府県を選んで寄付できる『47コロナ基金』が、全国一斉に寄付募集を開始しました!
感染拡大対策を重視しながらも、各地のまちが少しでも元気と笑顔を取り戻し、私たちのまち、地元、ふるさとのコミュニティが“当たり前の大切な日常”に戻り、持続可能な地域になっていくために、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

https://congrant.com/jp/corona47/index.html




○このたびの新型コロナウイルスの影響で、全国47都道府県のどの地域でも様々な影響が出ています。その影響は、医療、経済、そして?般市?の暮らしにも様々な形で現れています。

○47コロナ基?ではお預かりした寄付を基に、全国各地のコミュニティ財団やNPO?援センター、地域づくりセンターなどと連携して、この危機的な状況を?えようと現場で踏ん張るNPO、企業、医療者等の?援を地域のニーズに応じて設計した取り組みで?援します。

○参加するのは、「北海道・東北エリア」7道県、「関東エリア」7都県、「中部エリア」9県、「近畿エリア」7府県、「中国・四国エリア」9県、「九州・沖縄エリア」8県の6エリア47都道府県。基金数では50です。
・多くは各地のNPO中間支援組織やコミュニティ財団が担いますが、20余りは新たに地元組織が協力して組織化した「緊急支援基金」です。

○募金目標は4億7,000万円。

○全国47都道府県を網羅したはじめての仕組みです。
全国各地のコミュニティ財団やNPO支援センター、地域づくりセンターなどと連携して、この危機的な状況を支えようと現場で踏ん張るNPO、企業、医療者等の支援を地域のニーズに応じて設計した取り組みです各地の確かな団体へ寄付するために、お預かりした助成金は審査委員会などを経てとどけるため、各地の確かな団体へ寄付することが可能になります。



<寄付をするには>
寄付にあたっては、全国47都道府県による「事業指定寄付・47 コロナ基金」のしくみを活用し、大阪、関西、そして世界の活動を支援します。募金のシステムはクラウドファウンディングのひとつ「コングラント」を利用します。NPO法人や社会的企業、任意団体等、非営利活動に取り組む団体のための寄付募集・管理を応援するファンドレイジングツールです。(https://congrant.com/jp/)


お問い合わせ窓口:さなぶりファンド・47コロナ基金事務局(担当:鈴木)
連絡先:47corona@sanaburifund.org

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:41 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2020年07月25日(Sat)]
✿助成金情報✿7月31日
withコロナ 草の根応援助成の公募について
(社福)中央共同募金会
https://www.akaihane.or.jp/news/13152/

5月より、全国の共同募金会では、中央共同募金会が3月より実施してきた赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援活動募金」を拡大し、「支える人を支えよう!赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン」を展開しています。
新型コロナウイルスへ感染症への対策が日々変化し、日常生活においては、人と身体的距離をとることによる接触を減らすことなど、「新しい生活様式」が提言される中、地域福祉活動においては今までの対面的な活動やつながり方を見直すなど新たな活動スタイルの試行が始まっています。
そうした中で、本会では「臨時休校中の子どもと家族を支える緊急支援助成」や、経済的に困窮する人たちへ必要な食料を届け、生活を支える「フードバンク活動等応援助成」、「居場所を失った人への緊急活動応援助成」などを展開してきました。これらを通じて、withコロナの社会における草の根の地域福祉活動およびその担い手であるボランティア団体・NPO等の意義は、今後ますます重みを増してくるものとの認識を強くしています。
そこで、withコロナの社会におけるボランティア団体・NPO等による新たな地域福祉活動への移行や組織づくりを応援するために、「withコロナ 草の根応援助成」を実施します。
普段の助成に比べ、手続きをできるだけ簡素にしていますので、できる限り多くの団体にご活用いただくことを願っています。
詳細はこちら

助成概要は以下のとおりです。詳細は応募要項をご確認のうえご応募ください。
【助成概要】
●助成金額・規模
○1件あたりの助成金額は原則10万円とします。
○助成総額は1億円を予定しています。
●助成対象団体
○地域福祉活動を行うボランティア団体・NPO等 ※1(法人格を持たない任意団体、一般社団法人、特定非営利活動法人)
○令和2年2月以前に設立された団体であること
○団体として振込口座を持っていること
○反社会的勢力 ※2 および反社会的勢力と密接な関わりがある団体でないこと
○過去5年以内に共同募金の助成を受けたことがある団体は、オンラインでの申請が可能となります。※3

※1 今回の助成では社会福祉法人は対象となりません。
※2 反社会的勢力に該当する団体とは、暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力が助成対象事業の運営等に関与していると認められる団体をいいます。
※3 過去5年以内(平成27年度以降)に共同募金(歳末たすけあい含む)の助成を受けた団体で、そのときの活動内容は問いません。ただし、助成を受けた事実・精算状況等について共同募金会に確認する場合があります。
●第1回応募締切  2020年7月31日(金)必着
●第1回応募方法
過去5年以内に共同募金の助成を受けたことがある団体は、オンラインでの申請が可能となりますので当てはまる団体はこちらから申請してください。
過去5年以内に共同募金の助成を受けていない団体は、下記から応募要項および応募書をダウンロードし、応募書に記入のうえ、必要書類を添付して、応募要項に記載の応募先へEmailでご応募ください。

https://www.akaihane.or.jp/news/13152/


応募・問い合わせ先・本助成金についてご不明の点などがありましたら、お気軽にご相談ください。
Eメールkusanone@c.akaihane.or.jp
社会福祉法人中央共同募金会基金事業部withコロナ草の根応援助成担当
掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:38 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2020年07月25日(Sat)]
✿助成金情報✿7月29日
(公財)三菱財団×(社福)中央共同募金会 共同事業

〜新型コロナウイルス感染下において困窮する人々を支援する〜
外国にルーツがある人々への支援活動を応援する助成事業 公募受付中!
この助成事業は、三菱創業150周年記念社会貢献事業の一環として供出された公益財団法人三菱財団からの資金を原資に、公益財団法人三菱財団と社会福祉法人中央共同募金会が共同で実施するものです。新型コロナウイルス感染下において、国内に在住し、生活に困窮する外国にルーツがある人々を支援する活動を、資金面から応援することを目的として実施します。


【助成概要】
■助成金額・規模
 1団体あたりの助成上限額は300万円、助成総額1億円
■助成対象団体
 ○新型コロナウイルス感染下において、国内に在住し、生活に困窮する外国にルーツがある人々を支援する活動を展開する非営利団体
 〇複数の団体が連携・協働して実施する活動も対象
 ○法人格の有無は問わないが、1年以上団体としての活動(事業)実績があり、必要書類を提出できることを要件とする
■応募締切  2020年7月29日(水)必着
■応募方法 
 下記サイトから応募要項および応募書(1)(2)をダウンロードし、応募書(1)と(2)に記入のうえ、必要書類を添付して、応募要項に記載の応募先へEmailでご応募ください。

※全ての書類をEmailで送信することが難しい場合は、郵送での応募も認めます。その場合は、応募書@(Word形式)および応募書A(Excel形式)はEmailで送信のうえ、メール本文にその他の書類は郵送する旨、記載してください。郵送の場合も書類は応募締切日必着となりますので、ご注意ください。

https://www.akaihane.or.jp/news/13310/

【問い合わせ・応募書送付先】
社会福祉法人中央共同募金会基金事業部
〒100-0013東京都千代田区霞が関3−3−2新霞が関ビル5階
E-mailkikin-for@c.akaihane.or.jp
電話03-3581-3846
Fax03-3581-5755
掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:37 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2020年07月25日(Sat)]
✿助成金情報✿1月15日

持続化給付金
内容
感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付します。
https://www.jizokuka-kyufu.jp


給付金の給付額は、200万円を超えない範囲で対象月の属する事業年度の直前の事業年度の年間事業収入から、対象月の月間事業収入に12を乗じて得た金額を差し引いたもの(金額は10万円単位。10万円未満の端数があるときは、その端数は、切り捨てる。)とします。
※月間事業収入が、前年同月比50%以下となる月で任意で選択した月を【対象月】と呼びます。対象月は、2020年1月から12月までの間で、事業者が選択した月とします。


※NPO法人が申請する場合の注意点(内閣府NPOページQ&Aより)
https://www.npo-homepage.go.jp/news/coronavirus/coronavirus-qa#qa_04
募集期間
2020.05.01 〜 2021.01.15
実施団体
中小企業庁 令和2年度補正 持続化給付金事務事業(委託先:一般社団法人 サービスデザイン推進協議会)
URL
https://www.jizokuka-kyufu.jp
お問い合わせ先
https://www.jizokuka-kyufu.jp/inquiry/


掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:36 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
https://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集