CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« 2021年11月 | Main | 2022年01月 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2021年をふりかえって[2021年12月31日(Fri)]
2021年をふりかえって

今年は何かを成し遂げたということを言葉にすることが難しい。
それなりにおもしろく生きてきたんだけれど、結果・成果として残せるという段階まで入っていない、階段の踊り場。

だいたい、年末のフリーになる日は家計簿のまとめをしている。
お金の出入りを見ていると、自分の一年間を振り返ることができる。

今年の私の音楽は「この道わが旅」、すぎやまこういち先生(すぎやん)がなくなって、ドラクエ音楽を再度聞き漁った。
すぎやま先生を送り出すのは、「そして伝説へ」だと思っていたんだけど、「この道わが旅」こそがふさわしいのかと思い直し、そこから現在放送中の「ダイの大冒険」を1話から見直すという展開へ・・・。最新話に追いついた。リジチョウとしては、フローラやレオナ的な存在感を目指すべき?!(と思いつつ、レオナはキャラ的に距離ありすぎ)。

●2021年は♪出会いと別れを繰り返しながら♪、成果はまだの、種まきの年・・・
今年は何をやり切ったというのが思い浮かばない。
でも、けっこう、刺激的で面白い日々だったんだよね。

大きかったのは中小企業診断士×NPOの試運転がスタートしたこと
ボランタリーネイバーズ・TAG経営とも、自分が採用に携わったこと。誰を選ぶかが、次の空気をつくることに直結する。
新しいメンバーが加わったことで、支援のあり方・場の作り方についての選択肢が増えた。

今までと違う人を入れることで、組織の空気が変わっていく(行かざるを得ない)ことをどう受け止めてふるまっていくか。
種まきで、カタチになるのは来年以降。焦らないで、それぞれの個性が生かされる配置を考えていくのが私の役目。

●今年のゆるオタ
【YouTube】
昨年のお正月休みに、YouTuberを研究しようと思い、お気に入りを見つけていく
最初は「おそうじトントン」さん。ゴミ屋敷をきれいにしていく動画をひたすら再生・・・
GWあたりの決算ヘビーシーズンは、ストリートのピアニスト。決算のBGMとしてMC含めてきいていた。
そして今は、ゲーム配信の実況中継。リアルタイムでの配信者の喜怒哀楽と、コメントを拾ってコミュニケーションしていく姿をみてしまう。
オンラインでの匿名性が守られた中でのつながりかたや健全・安全なコミュニティをつくっていく姿を見続けています。
そして、目的のための戦術、ゲームは1回クリアしたら終わりではない世界の深さを知るのでした。
そして人生初の押し活スタート。

【映画・アニメ】
家計簿をつけていて、今年の中盤はけっこう映画を見にっていたことを思い起こしました。
夏は「かくしごと」。アニメからCDも買ってしまったし、映画も行ってしまった。
「鬼滅の刃」「ハサウェイ」ももちろん見に行ってきました。ガンダムシリーズはこどものころちゃんとみていなかったので、予備知識の補充が必要ですね。
ガンダムは男の子のアニメということで一線を引いていた自分と環境に後悔。

【コミっクス】
今年はほとんど漫画喫茶に行けていなかった。

いちばんぐっと来たのは『コレットは死ぬことにした』。
薬師コレットは毎日大忙しで休む暇がない。逃げ場がない・・・。で、 疲れたコレットがとびこんだのは井戸の底!
から始まるストーリー。
専門家として人の期待に応えること、一人ではやり切れなくて仲間をつくること・育つこと、「普通のコレットでいること」、「薬師をつなぐ」という野望、「人運がいい」。
自分が組織を預かっている立場ということもあって、先生の想いを兄弟子・姉弟子、コレット、その弟子たちで違う形でつないでいっている姿にいろいろ考えさせられるところが多かった。「『コレットは死ぬことにした』からまなぶ事業承継」とか、企画できると思う。

●2022年の野望
2021年、いろいろおもしろかったんだけど、もう今の自分ではこれ以上は無理。今の自分に飽きてきました。
ということで、次に行くためにはちがうことが必要で・・・、それはお正月中に書きます。
1/18(火)19−21時「どこまで必要?!NPOのための電子帳簿保存法セミナー」開催のお知らせ[2021年12月13日(Mon)]
「どこまで必要?!NPOのための電子帳簿保存法セミナー」開催のお知らせ

【後日動画配信あり】
電子帳簿保存法の改正が行われ、各NPOの事業年度に関係なく、2022(令和4)年1月1日に施行されます。

電子帳簿保存法では各税法で原則紙での保存が義務づけられている帳簿書類について一定の要件を満たした上で電磁的記録(電子データ)による保存を可能とすること及び電子的に授受した取引情報の保存義務等を定めた法律です。電子帳簿保存法上、電磁的記録による保存は、大きく@電子帳簿等保存、Aスキャナ保存、B電子取引についての3種類に区分されています。とくに、B電子取引については電子データのまま保存することが求められていますが、施行時期について2年の猶予期間が設けられました。このような状況の中、実務上はいつまでに、どのように対応すべきかが課題となっています。

今回のセミナーでは、電子帳簿保存法について学び、小規模のNPOにおける実践的な対応方法を考えます。

開催日程:2022年1月18日(火)19−21時 ※2時間
※当日から2週間、事前申込者に限定し、YouTubeでの録画配信を行います。

講 師:鳥居翼さん(税理士)

コーディネーター:中尾さゆり(ボランタリーネイバーズ 理事長)

参加対象:NPOの理事・監事、職員・ボランティア(事務局長、総務・経理担当者等)

定 員:50名

参加費:
一般:1,500円
VNS会員:1,000円
※参加申込と同時に新規利用会員申込可能です。年会費3000円(月割1~4月分1200円)と参加費を同時にお支払いいただくことができます。

申込締切:1月18日(火)12:00
申込方法:
・Peatix申込フォーム(https://peatix.com/event/3107696/view)からお申し込みください。
・Peatixからのお申し込みが難しい場合は、メール(vns@vns.or.jp)へお申し込みください。メールでお申し込みの場合は、件名を「1/18電子帳簿保存法セミナー申込」とし@団体名、A氏名、B役職、C電話番号、Dメールアドレス、E当日知りたいこと、をご記入ください。
・後日、参加用のURLを登録していただいたメールアドレスにZoomミーティングのURLを送付します。
・事前に参加申込をいただいた皆様限定で録画配信を実施します(セミナー終了後2週間程度、録画したセミナーの動画を共有)。

主 催:NPO法人 ボランタリーネイバーズ

【お問い合わせ先】
NPO法人ボランタリーネイバーズ
TEL:(052)979-6446(受付時間:平日10時〜18時)
FAX:(052)979-6448
E-mail:vns@vns.or.jp
市民活動促進基本方針改訂のパブコメにこだわる理由[2021年12月11日(Sat)]
ここのところ、ボランタリーネイバーズのFBページに名古屋市の市民活動促進基本方針改訂の件を毎日少しずつアップしています。

 「がんばってますね〜」って声をかけられて見てくれている人がいるのはうれしかったです。自分でもなんでそこまでこだわるのかを整理してみました。

@ ご近所さんで、パブコメをめぐって直前に議論が紛糾した様子を見て

→あまり情報が公開されない中でパブコメ締切が来ていて、SNSで「このまま通したらこれまずいんじゃない?」と発信する人がいて、慌てて関係者が意見をまとめてパブコメ提出しているのを見て、パブコメやっていること自体を早めに知らせることが大事だと思いました。

A 有識者が決めるのではなくて、多様な声をきいてより有効なものにしていくことが大事だと思っているから

→私自身がこの基本方針関係の懇談会の委員を拝命しております。それなりの方々が議論した意見が取り込まれていますが、この進め方でいいのかな?と思うところがあります。いちおう会議は公開されていますが、傍聴者はたいてい0です。方針に基づいて施策が行われたときにかかわりがあるひとたちにとって、ここの議論の結果がベストなのかの確信は持てません。当事者となるひとたちやそれに近い人の立場、その先にいる人たちがこれにYesなのかNOなのか聞かないといけないんじゃないかと。

 その背景となる私の体験としては、NPO法人会計基準を策定した時の全国キャラバン+パブコメがあります。マルチステイクホルダーで会議体をつくって案を策定し、全国キャラバンで各地域の中間支援組織と一緒に説明して回り、パブコメを行いました。私自身あまり意味が分からないまま手伝っていました。がその結果、事業費/管理費の区分のところが当初案と大きく変わりました(と記憶しています)。有識者がよいとおもってつくるものと、当事者(財務諸表を使う側・作る側)が良いと思うものって一致しないんだな、賢人政治の限界のようなものを感じたわけです。で、実際にかかわる人の声を反映させていく機会の重要性を認識するに至りました。

B 自分で発信しないと、自分がいいと思う社会にはなっていかないから。

→若き頃は統治者は常に国民・部下のことを思ってものごとを決定してくれると信じていました。ノブレス・オブリージュってみんな思っているんだよねと。
が、大人になって誰かが私(たち)のために忖度して決めてくれるわけがないということに気づきました。そりゃそうです、経験・背景・世界観がちがうひとが私のことわかるはずない。としたら、つたなくても、自分の言葉を出すことで、爪痕を残すことしないと、すすめない・自分がいいと思う方向と違うほうに行ってしまうことを止められないと思うのです。

そんなところが私が個人的にこだわっている背景です。

で、
・パブコメやっていることを知っていただく方法
・意見交換がしやすい場づくり
をやってみせることで、情報を得て、考えて、言葉を見つけて、伝えることにかかわるひとが増えていくといいなと思っています。

IMG_6688.jpg
【12/15(水)19時〜市民活動推進に関する施策についてパブコメ書こう会】やります。[2021年12月03日(Fri)]
【12/15(水)19時〜市民活動推進に関する施策についてパブコメ書こう会】やります。

市民活動施策がこうあるといいなについておしゃべりしたいです。方針(案)がでているので、これはいいんじゃない?これ違うくない?そういうことをざっくばらんに意見交換したい。ということにお付き合いいただけないでしょうか。

https://20211215kakoukai.peatix.com/

その背景など

*****************
名古屋市の市民活動促進基本方針改訂が行われています。私はボランタリーネイバーズの理事長として、「名古屋市市民活動の推進にかかる懇談会」のメンバーとして議論に参加してきました。
懇談会は率直に議論できる雰囲気で進められてきました。(自由にものを言える=シナリオ通りではないため、取りまとめる事務局は大変だったとは思いますが)。私自身が見聞きした世界から発言すべきことは発言してきたつもりでいます。ただ、私自身がこの多様な市民活動の全部を把握して発言できるわけではない。だから、このような意見募集の機会に、たくさんの意見が寄せられて、関係する人の知見や経験が反映されていくといいなと思っております。
12/24まで意見募集がされており、だれでも意見を表明することができます。住所・名前・意見を書いて簡単に提出できます。ただ、「意見」として言葉にまとめるのってハードル高いですよね。だからまずおしゃべりして、各々の”こだわり”を自覚して、それを文字に落としていけるといいんじゃないかなと。そんな思いで企画しました。
(以下、VNSの広報案内から転記)

*************************
令和3(2021)年度に名古屋市の市民活動促進基本方針改訂版と豊田市市民活動促進計画の策定が進められており、この12月に意見募集が行われています。このような機会に市民が意見を出すのは大事なことと思いながらも、何を書いたらよいかわからない、といううちに時間が経ってしまう・・・。
「書くのは難しいけど、しゃべることはできる」、市民活動にかかわる人が集まって、方針や計画を読み解きながら、意見募集になにを書いていくかについての考えをまとめていましょう。
【開催日程】2021年12月15日(水)19時〜20時半(その後30分ほど放課後タイム)
【参加対象】NPO関係者 定員20名
【当日のプログラム】
1)趣旨説明
2)「名古屋市市民活動促進基本方針改訂版(案)」について話題提供
https://www.city.nagoya.jp/sportsshimin/page/0000147361.html

3)「豊田市市民活動促進計画」について話題提供(p3, p28〜p33を中心に)
https://www.city.toyota.aichi.jp/shisei/koho/1009544/1043998/1046701.html

4)意見交換

5)クロージング
※終了後、20時半〜21時ころまで、“放課後タイム”として雑談を交えた意見交換会(延長戦)あります
【参加費】無料
※「開催協力金」の寄付を受け付けています。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
【申込方法】Peatix又はe-mail(vns@vns.or.jp)
https://20211215kakoukai.peatix.com/
※e-mailでお申し込みの場合は、件名を「12/15パブコメ参加申込」とし、本文にお名前、所属(あれば)、e-mailアドレス、参加動機をご記入ください。
【参加方法・定員】
(1)オンライン参加(「Zoom」による参加)【定員:20名】
※オンライン参加のみなさまには、12月15昼日までにお申込時にお知らせいただいたメールアドレスへオンライン(Zoom)のURLをお送りします。ご自身のパソコン等からアクセスしてください。当日は、18時55分よりアクセス可能となります。