CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
« 2020年07月 | Main | 2020年09月 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
法人のクレカ名義を変える[2020年08月25日(Tue)]
地味な作業のひとつとして、法人のクレジットカードの名義を変えるというのがある。

先週カード会社に問い合わせて書類を送ってもらう。
今週届いて中を見てみると、
えっ?!法人の決算書だけでなく、私の所得証明とか必要なの?

限度額は低めに設定しておくとしても、個人の所得証明とかも必要って、なんか怖いなあと思ってしまう。
一宮市NPOアドバイザー[2020年08月22日(Sat)]
一宮市NPOアドバイザー

2020年8月22日(土)15−20時

本日は
・委託契約書や仕様書
・行政に提出する見積書
についてのご相談でした。

お話を伺いながら、考え方を整理して一緒に作成しました。
わからないところがあっても、まずは勢いで作ってみる。細部は後でバランス見て整えればOK!

イチミンが目の荒いマスクをしている。レア映像。
0BF8E100-F906-42FB-AF4B-6E40068175BD.jpeg
「NPOは何を変えてきたか ――市民社会への道のり」を読んだ[2020年08月21日(Fri)]
NPOは何を変えてきたか ――市民社会への道のり
川崎あや 著 有信堂 2020年


http://www.yushindo.co.jp/isbn/ISBN978-4-8420-5023-2.html

ウィルあいちの図書コーナーで見つけて、一気読み。

私が読んだ順番は
まえがき
→第3章 中間支援組織の役割を問う
→第8章 NPOは行政の下請けではない
→第9章 生き方としてのNPO
→第10章 父の介護からわかったこと
・・・

と変則的でした。

文章が読みやすく、率直で、読みながら「そうそう」ってなる。
お話を聞いているような、すーっと入ってくる感じ。
この間感じていることを文字にしてくださっているので、これをもとに、
「で、私たちこれからどうする?」を話し合ってみたいと思った。

あるべき姿と、実態としてこうだよねと、で、どうする。
あるべき姿通りにならないゲンジツがあって、
でも誰かを責めたり、人が変わることや「いいひと」が現れるのを待っていても変わらないわけで、でもここではないどこかへ行くのもなんか違う。どう頑張ったら良いかが分からない。ひとりではできない、次を拓くきっかけをつくらないと、すっきりと進めない。
法人の通帳、代表者の変更をする、の巻[2020年08月14日(Fri)]
通帳の名義変更をしてきました。
プラス、過去に委託事業等のために別途作ったが使っていない通帳を解約しました。

思ったよりいろいろ大変だったので、2020年8月時点でのノウハウをお知らせします。

●準備物
・通帳(カードはなくてもOK)
・登録法人印
・住所印は使ったり使わなかったり(複写やOCRで、ボールペンで書いてくださいと求められることもあり)。

・登記簿原本(どこでも提示を求められた。金融機関側でコピーをとった。)
 ※コピーを持って行ったら、原本提示を求められた。ネットでの取り寄せは前記事参考(https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3191)。
・印鑑証明原本(メガバンクでは提示を求められた)

・窓口に行く人の身分証明
(代表者が行かない場合は、委任状)

<通帳解約するならプラスで>
・通帳
・カード(解約により回収される。なくした場合は、紛失届を書くようだ)

●後日談
・某メガバンクは、手続きに数営業日かかります、と言われました。

・某金融機関、代表者名を「理事長 ●●」として手続きをしたのだが、
後ほど、登記簿上は「理事」だが、通帳の登録が「理事長」のため、理事長であることがわかるものを持ってきてください、と言われました。他では言われなかったんだけどな。

●その他
・マネーロンダリング等防止のために取引内容の確認など別途提出物があった。必須ではないが、出しておかないと大口の送金などの時に不都合が出るらしい(その時に記載を求められる)。取引内容についての確認あり(事業規模、取引金額、主要な取引先)。業種分類にNPO/NGOがあった!→ある程度、実態のわかった人がいくほうがスムーズ

これは銀行によっては法人用と任意団体用が異なる様式の場合もある。NPO法人なのに任意団体のものを渡されて、法人用に取り替えてもらったところもあった。

●道中での景色
031394AA-ED0A-4575-991C-AA2213AD9A3D.jpeg
オンラインで法人登記簿を取り寄せてみた[2020年08月12日(Wed)]
オンラインで法人登記簿を取り寄せてみた

法人の通帳の代表者名義を変えようと思って銀行に行ったところ、
登記簿謄本と印鑑証明の「原本」提示が必要とのこと。
コピーしかなかったので、原本を取り寄せることにしました。

法務局に行くのではなく、オンラインでチャレンジ。
「簡単そう」とログインしたものの、なんと、朝の8時半から21時までじゃないとダメ。
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/online_syoumei_annai.html

ということで、翌朝再チャレンジ。

初回につき、まずはIDをつくります。1年間有効とのこと。
で、メールアドレスを登録して「認証情報」を待つものの、なかなか届かない(><)
とやっているうちに「更新」を押してしまい、おじゃんに。

再度、気を取り直して実施。

先ほどIDとパスワードを仮登録したから、同じものは使えない。IDを変えて再チャレンジ。認証情報も今度はすぐに来た(もしかしたら、先ほどはメールアドレスのタイプミスだったのかも?)。この認証情報を使って、次に進む。

再度、IDとパスを入れる。
で、取得したい法人の情報を検索して、申請。

「処理情報照会」から、申請できたことを確認。
で、どうやって費用を払うのか?

しばらく待ったら、「納付」欄をクリックできるようになったので、こちらからIBへつなぐ。
ここで、セキュリティを高く設定していたためにポップアップ画面に行けなくて一苦労。
ブラウザの設定を変えて何とかIBでお支払完了。処理確認情報も「納付済」に変わった。

あとは到着を待つのみ。

思ったより簡単&料金は窓口より安い!、法務局まで言っているコストを考えると絶対こっち。ということで、オンラインでのお取り寄せをお勧めします。
逆に、こういうことに対応できないと、スピード感や作業効率という観点から競争に勝てなくなってしまう、無理をしなくてはならなくなるんだろうなと、ちょっと怖い気もする。

全部で1時間でしたが、ロスがなければ30分、今後の登記簿お取り寄せだけであれば20分くらいで行けるのではないかというところです。
水曜の朝に申請して、
木曜日の帰宅時には自宅のポストに届いておりました。しかも申請費用はこちらが安い。

ただし、領収証が出ない。ご請求内容に領収金額も記載があると楽なのになぁ。

C139BA31-C34C-4C7A-814D-CE24F1A3A2D4.jpeg
■NPO納涼会2020〜セクター横断異業種交流会〜&対談「NPO/NGO若手スタッフのネットワーク〜東大手の会の誕生と15年の歩み〜」(オンラインイベント)[2020年08月05日(Wed)]
若かりし頃の私も創立時メンバーのひとりでした。
もう15年、なかなかNPOのネットワークの維持が難しい中、
いろいろやっているなあと思います。

今年はオンライン納涼会、話題提供として東大手の会のあゆみを振り返ります。
■NPO納涼会2020〜セクター横断異業種交流会〜&対談「NPO/NGO若手スタッフのネットワーク〜東大手の会の誕生と15年の歩み〜」(オンラインイベント)

【日時】2020年8月26日(水)19:00〜21:00
 ※18:45開場 19:00〜20:00対談 20:00〜21:00オンライン飲み会
【参加費】無料

【テーマ】「NPO/NGO若手スタッフのネットワーク〜東大手の会の誕生と15年の歩み〜」
【主なトピック】
 ・私たちが東大手の会をつくった理由
 ・15年の歩み、思い出の活動
 ・これからの東大手の会
【登壇者】青木研輔(東大手の会・代表世話人)、岩尾憲治(同世話人)
 ※対談終了後にオンライン飲み会をおこないます。ドリンクやつまみは参加者の皆さんがご自分でご用意ください。

【参加対象】誰でもご参加いただけます(入退場自由)
【定員】なし
【参加方法】Zoomを活用したウェブ会議で実施します
 ※申込者には、ミーティングのURLとパスワードをお送りします
 ※Peatixを使って事前にお申し込みをお願いします

<参加申込> ※8/25(火)が受付〆切となります
↓Peatixのイベントページからお申し込みください。
https://peatix.com/event/1575567
※参加申込後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認ください。

<当日のイベント参加方法>
・参加登録時のメールアドレス宛にZOOMのミーティングURLとパスワードをお送りいたします。
・ミーティングルームには、18時45分から入室いただけます。
・参加者の方のカメラのON、OFFはご自由に設定していただけます。音声マイクについては、質問・意見交換の時間以外はOFFにさせていただきます。

【主催】東大手の会

↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます。
https://blog.canpan.info/higashiote/archive/341
VNS理事会の議長をやることー理事監事の皆さんの時間とお知恵を集めるからこそ起こる何か[2020年08月03日(Mon)]
VNS理事会の議長をやること

本日の理事会
・報告事項;進行中の事業について
・検討事項・協議事項;今後の事業について

現在は新型コロナの感染拡大もあり、VNS事務所とオンラインを併用した理事会開催をしています。

どうしてもオンライン参加の方は顔が見えにくかったり、表情を見て発言を振ることがしにくいため、
今日は報告事項の終わりと検討事項の終わりで、お気づいの点についてご発言いただく機会を作りました。

進行中の事業についても、それぞれの経験や見てきたものを織り交ぜての着地点や次の展開への議論の広がりがあり、
今後の事業についても、感触は展開のヒントを得ることができました。

正直、私にとって理事会の進行はとても緊張します。
平日の夜の2時間、忙しい方に出席していただくので良い時間にしたいと気負ってしまいます。

現在は5者会議(理事長、副理事長、事務局長)で事前に議題や議論の論点の打ち合わせをしています。が当日までに色々と新しいことも出てきますので、また緊張します。

前回の理事会で「問いを立てる」というお題もいただいたので、後半の協議事項に向けては問いを立てるようにしました。

NPO法ができた頃って、理事会の役割とか、理事会のやり方とかの研修などがあったような気もしますが、当時の私にとっては遠い世界のお話であまりきちんと勉強してませんでした。今になって自分が当事者になってくると、理事会のやり方とかを学ぶ機会が欲しい気もします。が、これって総会と理事会と事務局の関係やバランスをどう取るのがその組織によって一番しっくりくるか、というところともリンクしてくるので、一概にこれがいいとは言えないものかもしれません。