CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
« 2020年06月 | Main | 2020年08月 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
伴走支援事例;団体のこれからを考えて、みんなで資金繰り表をつくる[2020年07月31日(Fri)]
久しぶりの訪問での研修?相談?は、
NPO法人の資金繰り表づくり。

1日ゆったりとお時間をとっていただいたので、
午前中はまずは今年度の計画や近い将来の予定、そこに至る経緯を聞くところからスタート。

午後は月次の資金繰り表をヒアリングしながらつくる。理事、事業スタッフ、会計担当がそれぞれから見えているものを合わせて、不明なところは仮説でとりあえず埋めて作成。今年の見通しを立て、次は計画と実績の差を把握しながら管理していくことを確認しました。

やっている中で大事だと思ったこと
・事業担当者、会計担当者から見えているものは少しずつ違うので、耳を貸してもらって、お金の動き、特性をもれなく入れられるようにするのは大事
・まずは仮説で「予定」作ってみて、月次決算をやる都度上書きして「実績」をみていけば良い。精度は徐々に上げていくもの
・NPOの資金繰り表の雛形は、名古屋市のかなめびと事業で作ったものが使いやすいと思う。NPOで委託事業や助成事業が多い場合、事業ごとの総支出額のコントロールする視点を持とう
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/npo_support/kanamebito/

・助成事業や委託事業は、入金時期が色々(先払い、後払い、支出に応じた実績払いなど、契約による)のため、契約や助成要項を確認して、入金時期を特定する
5者会議と新任役職員オリエンテーション[2020年07月25日(Sat)]
VNS5者会議と新任役職員オリエンテーション

・5者会議(理事長、副理事長、事務局長)会議
ー次回の理事会に向けた論点整理
ー新型コロナ感染が再度拡大してくる中での対応
について検討

・新任役職員オリエンテーション
ーボランタリーネイバーズ設立まで
ーボランタリーネイバーズ設立後の主な事業と実績
ー今後目指すところ
についての解説と質疑応答・意見交換

やってみると、自分からは見えていなかったものが見えてきました。
一宮N P Oアドバイザー[2020年07月18日(Sat)]
一宮N P Oアドバイザー本日は資金調達系のご相談
・持続化給付金(NPO 法人等の特例あり)https://www.jizokuka-kyufu.jp/


・助成金情報N P Oおたがいさま会議@あいち のFBに随時投稿されています

・休眠預金;新型コロナウイルス対応緊急支援助成・資金分配団体の決定募集要項等はこれからhttps://www.janpia.or.jp/other/news/press/press_20200717.html

で、今何にお金が必要か?
これから私たちは何をしていくのか? 
コロナ禍だからみえてきたことなど

●今後の相談予定https://www.138cc.org/event/soudan/

七夕祭り、今年は飾りだけ。
E37E0760-5B5F-4311-A1D0-69512A4A8F20.jpeg
理事長なので、理事会の議長をやってみた[2020年07月13日(Mon)]
理事会の議長をしました

7月13日(月)はボランタリーネイバーズの理事会でした。
理事会の議長は理事長がやることになっているので、私が初でやることになります。

事前に5者会議(理事長、副理事長、事務局長の5名)で打ち合わせはしているのですが、
なんか異常に緊張しておりました。理事の皆さんがお忙しい中、お足元の悪い中ご参加いただくわけなので、いい時間にしなくてはと、自分で自分にプレッシャーかけすぎ、、、。これはクセで性分だからどうしようもない。

さらに、
・自分の中でシナリオのイメージができていない
・湿気が多いためか、コピー機が詰まる。資料のコピーがうまくいかず準備にバタバタ
・オンライン参加者のための接続がうまくいかない( P Cのマイク不機嫌)

という中で始まりました。

が、
始まってしまえば参加者に進行を助けられてなんとかなりました。

シナリオをイメージしすぎていなかったことでかえって想定外の発言をいただいて、広がり深まりました。

ここのところ毎週1回事業進捗会議(事務局会議)を開催しています。
毎週の事務局レベルでやることと、月1回の理事に諮ること、年1回(程度)の評議員会、総会。それぞれの役割を考えたときに、どうしていくのがよいのか。悩みは尽きませんが、いろいろやる中で、今の組織にちょうどいい塩梅が見えてくるのかな。
バックオフィスファーム・ファームミーティング[2020年07月12日(Sun)]
バックオフィスファーム・ファームミーティング
日時:2020年7月12日(日)13:00-15:00
場所:Zoom

本日は東大手の会、バックオフィスファームミーティングでした。
・近況報告
・今年度の事業について(WAM助成金を活用しての事業)

近況報告からは、日ごろの疑問・それどうやってるの?といった話が広がりました。
一例としては、「押印についてのQ&A」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00095.html
オンライン・ファシリテーションをテーマとしたイベントに参加(日本体験学習研究所 JIEL主催)[2020年07月11日(Sat)]
「オンライン・ファシリテーション」のテーマに惹かれ、
JIELのスペシャルイベントに参加。
4時間長いなーと思っていましたが、終わってみればあっという間でした。

 今までオンラインで参加していたものは、「情報を得る」ためセミナーや、確認や決定のための「会議」であり、参加者同士の一定の信頼関係ができている上での開催でした。

 今回は初対面の人とブレイクアウトルームにてグループワークしていくという、人見知りにとってはハードルの高いものでギリギリまで参加どうしようと悩みましたが、始まってしまえば不思議と心地よい空気感でした。これはたまたま参加者の性質によるのか、ブレイクアウトルームのメンバー分けに主催者の仕掛けが込められているのか、なんでやれたのかは気になります。

その反面、今まで場を共有していたからこそできていたこと、
例えば始まる前や、休憩時間での何気ないやりとり、
主催側がグループワークの進み具合を見ながら進行を調整すること、
ちょっとチャチャ入れながら馴染んで進んでいくこと、
といったことはなかったです。

今後はオンラインとオフラインの混合であったり、オフラインであったりの機会は増えていくと思います。通常は内容に気を取られますが、こういう形で、オンライン・ファシリテーションそのものについて話をし、ふりかえる時間もいいな、大事だなと感じました。
https://facebook.com/events/s/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BD%93%E9%A8%93%E5%AD%A6%E7%BF%92%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%98%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%88205%E5%9B%9E%E5%A4%A7%E4%BC%9A/617843345467988/?ti=icl