CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« 2019年10月 | Main | 2019年12月 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2020年1月20日(月)申込締切:第3回 NPO法人会計力検定「入門」「基本」編 2月16日(日)午後開催[2019年11月20日(Wed)]
第3回 NPO法人会計力検定「入門」「基本」編 2月16日(日)午後開催します。
実務に即した検定、
テキストを読むと、簿記会計の知識とNPOでやっていくための知識とをバランスよく学べます。
ぜひチャレンジしてください。

==========================================
第3回 NPO法人会計力検定「入門」「基本」編
〜2月16日(日)全国6会場で同時開催〜
==========================================

【どんな人におススメ?】
・現場の会計担当者(初心者はもちろん、中堅・ベテランの人も学び直しに!)
・自組織の基盤整備を担う人、チェックする人(理事・監事・事務局長など)
・NPO法人の設立・運営の相談や支援に携わる人

【試験内容】
◎入門◎
NPO法の基本理解、NPO会計に関わる際に必要とされる
初歩的な知識。

◎基本◎
スタッフを雇用せず
単発の事業を比較的活発に実施するNPO法人において
会計に携わる人が基本的に知っておくべき
「簿記3級導入レベル+会計実務力」の実践的知識。

2020年1月20日(月)申込締切ですのでお忘れなく。

【日 程】2020年2月16日(日)
【会 場】札幌、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄
【受験料】入門1,650円(税込) 基本2,200円(税込)

★詳細・お申込みはコチラから。
https://npoatt.org/

★テキストの購入はコチラから。
https://www.npokaikei.com/book.html
きょうされん2019年度事務担当者・管理者研修会〜場に合わせて組み立てるということ[2019年11月18日(Mon)]
2019年度事務担当者・管理者研修会

■日にち:2019年11月15日(金)・16日(土)
■参加費:会員・賛助会員8,000円 その他11,000円
■定員:100人
■会場:オルバースビルディング名古屋4F大会議室 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19-27
■主催/企画:きょうされん/経営管理部会・事務小委員会

https://www.kyosaren.or.jp/training/secretary-research/9910/

2日間の研修で、NPOのところほかを担当させていただきました。

1日目;
13ー14時;実践事例聴講
社会福祉法人でのIT化、念願の複数事業所での勤怠管理をオンライン化で1分で集計!
各事業所管理責任者に経営の数字を理解してもらうための工夫!
など、トキメキ度MAXな内容

14ー15時;消費税率複数税率への対応
消費税の仕組み、軽減税率、インボイスなどの概要をお話しした後で、
お近くの方と情報交換&共有

15ー17時;NPO法人会計にかかわるひととルール確認
講師担当
各自自己紹介の後で
NPO事務スタッフのキャリア形成小論
事務を誰が担当している?チェックリストの実施

その後、懇親会

2日目;
9時半ー12時;NPO法人会計
6つのチェックリストをもとに、自団体の財務諸表をチェック
区分、注記などのチェック
その後、会計基準の基本原則の読み合わせ
各法人の注記から活動実態を読み解く
など、財務諸表を仲介にお互いの運営を学び合う

13ー14時;就労支援会計
ここは無茶振りで、社福会計の方と合同で。
就労会計についての概論説明(製造原価の考え方、期間損益の考え方)の後、
お近くの方と、棚卸しや給付費・就労会計、どちらの経費にするの?といったことについての意見交換→全体シェア

15ー16時半;NPO法人の財務分析
財務分析シートをいきなりやってみる→比較してみる
NPO法人会計基準に準拠しているとやりやすいが、そうでない場合は足したり引いたりが手間だった。別別との比較、年度比較により、経営に影響のあった出来事を振り返る

16時半ー17時;福祉事業の課税問題
富田先生たちが出版されたブックレットをもとに情報交換

その後、事務局の方とふりかえり
:::::
2日間にわたり、いままでのやりかたと全然違う時間の持ち方でした。
参加者数が比較的少なく対話できる状況であったこと、
参加者の熟練度が高いため知識提供よりも材料持ち寄りの方が学びが深いこと、
事務局が参加者や場を見ながら、一緒に組み立て練り上げるような関わりをしてくれたこと
から、よくいうと臨機応変、悪くいうと行き当たりばったり。

ですが、「参加者の方の顔を見て、満足度高かったですよ」と最後にお聞きできてよかったです。