CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
« セミナーなど(参加側) | Main | 雑記 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
「子ども・若者はコロナ禍の地域課題をどう捉えて活動しているのか」[2021年10月02日(Sat)]
Withコロナ時代の社会参加と雇用継続のための学習会・活動相談会「子ども・若者はコロナ禍の地域課題をどう捉えて活動しているのか」を開催しました。

日時:2021年10月2日(土)10時〜12時
ゲスト:田中和快さん(竹の子ボランティアサークル)

●今日の心に残ったキーワード
・ライフワーク・コラボレーション

・変えてしまうと元には戻れない

・「その時間に行けば居る」「ただ居る」だけの意味

・「ボランティアの分類と意識の変化」の図

・「回数と時間」が基盤、協働作業で深くなる

・活動を通じて関係を深める⇒意図的な関係づくり

・「コロナ世代」・・・体験や協働の機会が失われた世代。教育現場で最初に実感するのではないか

・若いうちは「何やるか」より「誰とやるか」のウェイトが大きい。親しい関係をいかにつくるか。

・これからはコミュニティデザインとイベントデザインが必要
 技術と知識と実践力、企画力と実践力を併せ持つ力が求められる

・受援力
「受取寄付金の対価性に関する意識調査報告書」 読み合わせ会、参加者募集中![2021年09月03日(Fri)]
私も専門委員として参加している、NPO法人会計基準協議会の報告会です。

寄付をしてくれた人にお礼で何か送りたいけれど、
何か渡すと、対価があるということで、寄付扱いじゃなくなる?!どこまでいいの??

というようなお話です。

**************************
「受取寄付金の対価性に関する意識調査報告書」
読み合わせ会、参加者募集中!
詳細:< https://www.npokaikeikijun.jp/event/yomiawase/

2020年度に以下のとおり「受取寄付金の対価性に関する
意識調査」を実施しました。

https://www.npokaikeikijun.jp/topics/kifunotaika-report/


その中から見えてきた論点、課題などを共有し、今後の
議論の進め方などを協議します。活力あふれる共助社会
づくりを進める上で、NPO法人などの民間非営利団体に
とって、非常に重要な財源である寄付金について、その
解釈を市民参加型で考えていきます。


◆ 目 標
・ 受取寄付金の対価性に関する論点が共有されている。
・ 受取寄付金の対価性に関して、様々な意見が出されて
 いる。

◆ 日 時
 2021年9月30日(木)午後3〜5時

◆ 会 場
 オンライン会議システム「Zoom」を活用して開催
 ※ 参加申込者に後日ログインURLなど送付します。

◆ 内 容
・ 調査の背景、事例、結果概要の共有
・ 調査結果を受けた問題提起
・ 質疑応答
・ 今後の議論の進め方の協議 など

◆ 話題提供
 認定NPO法人 NPO会計税務専門家ネットワーク
  理事長、税理士 脇坂 誠也 氏

◆ 対 象
 認定NPO法人などに限らず、ご関心のある方なら
 どなたでも

◆ 定 員
 90名

◆ 参加費
 無料!

◆ 主 催
 NPO法人会計基準協議会

◆ 参加申込締切
 2021年9月28日(火)

◆ 参加申込方法
 以下の特設ページに必要事項をご入力ください。
 < https://bit.ly/yomiawase

◆ 本行事に関するお問い合わせ
NPO法人会計基準協議会事務局
(運営:認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ)
 担当:大野 覚(オオノ サトシ)
〒303-0003
茨城県常総市水海道橋本町3571 えんがわハウス内
電話:03-6458-6276(専用の携帯電話へ自動転送)
eメール:inquiry@npokaikeikijun.jp
【2021年度】NPO/NGOバックオフィス実務スキル学習会(オンライン) 開催のご案内[2021年09月01日(Wed)]
今年もやります。
今年は実務担当者が、実務のビミョーなところを学びあうような企画に練り上げました。
私も時々、出場します。

;;;;;;;;;;;;;;
NPO/NGOのバックオフィス(会計・給与計算・労務等)を担う方を対象に、毎回NPO/NGOのバックオフィスに関わるテーマを1つ取り上げ、専門家から実務を学ぶ学習会です。今年度も原則オンラインでの開催といたします。

テーマによっては「個別相談会・コワーキング」として、講座後にリアルの作業会場(名古屋市中村区内)を開放し、参加者それぞれが自団体の作業に取り組んでいただく日程もあります。(その場で専門家に相談できます。)

〇プログラム
※ご関心のある回を選んで参加いただけます

第1回 【参加費無料】領収書が捨てられる!?
〜電子帳簿保存法を紐解く〜(オンラインお茶会)
日時:9/19(日)10:00〜12:00
話題提供者:森建輔さん(バックオフィス業務オーガナイザー)、中尾さゆりさん(税理士)
出納実務・証憑整理のペーパーレス化/リモート化は現在の法律等においてどこまで可能か!?実施する際の業務フローも想像しつつ、現時点での法律等について、読書会形式で学びましょう。

第2回 会計ソフト入力の自動化は本当に使えるのか!?
〜ネットバンク×MoneyLinkによる入力自動化のススメ〜
日時:10/8(金)14:00〜16:00
講師:ソリマチ株式会社 加藤信介さん、中尾さゆりさん
会計王NPO法人スタイルに付属する「MoneyLink」による入力自動化の導入について、機能の概要を解説するとともに、実際の操作デモを行います。利用する上でのコツやNPO/NGO特有の処理への対応についても考えます。

第3回 年末調整業務の実務
〜必ず押さえたい今年の改正ポイント〜
日時:11/28(日)10:00〜12:00
講師:中尾さゆりさん
・年末調整/支払調書業務全体の流れ
・令和3年の改正点
・職員からの各種書類回収の段取り
・源泉徴収簿での集計/差引額の計算

第4回 個別相談会・コワーキング
日時:11/28(日)14:00〜16:00
専門家:中尾さゆりさん、森建輔さん
リアルの作業会場を開放し、参加者それぞれが自団体の業務に取組んでいただけます。講師・コーディネーターが常駐していますので、その場で直接質問も可能です。
会場:地域資源長屋なかむら(名古屋市中村区本陣通五丁目6番地1)

第5回 助成金事業/受託事業における会計のポイント
〜現場と予算と法人会計のハザマで〜
日時:12/12(日)10:00〜12:00
講師:森建輔さん
ゲスト:浜田ゆうさん(特定非営利活動法人レスキューストックヤード 事務局長)
法人会計とは違った処理を求められる助成金事業/受託事業の会計報告。基本的な区分経理の方法はもちろん、事業推進の体制づくりについても経験豊富なゲスト・講師とともに考えます。

第6回 「月給制」って意外とムズカシイ!?
〜1か月単位の変形労働時間制・フレックスタイム制の活用〜
日時:1/29(土)10:00〜12:00
講師:高木登茂子さん(社会保険労務士)
相談/支援/援助業務など、勤務日・勤務時間のシフト変更が頻繁に行われる月給制の職員の給料計算って、難しいですよね。そんな柔軟な働き方をする職員の給料計算を合法的に行うことができる変形労働時間制について学びます。

第7回 人に仕事を頼むとき…その依頼の仕方で大丈夫!?
〜雇用・出向・業務委託・ボランティア?…それぞれの区別はできていますか!?〜
日時:2/26(土)10:00〜12:00
講師:加古朗さん(社会保険労務士・行政書士)
雇用・出向・業務委託・ボランティア…どういった場合にどういう約束で依頼をすればいいのでしょうか。それぞれの法的な位置づけと具体的な約束(契約)の方法について、実例をイメージしながら整理します。

第8回 決算の実務
〜明日以降の実務がわかる〜
日時:3/26(土)10:00〜12:00
講師:中尾さゆりさん
・決算業務全体の流れ
・試算表と部門別実績表の活用
・決算整理(未収未払・前受前払の把握)
・部門按分の実際

第9回 個別相談会・コワーキング
日時:3/26(土)14:00〜16:00
専門家:中尾さゆりさん、森建輔さん
リアルの作業会場を開放し、参加者それぞれが自団体の業務に取組んでいただけます。講師・コーディネーターが常駐していますので、その場で直接質問も可能です。
会場:地域資源長屋なかむら(名古屋市中村区本陣通五丁目6番地1)


【受講形態】
講座:オンライン(Zoom)
個別相談会&コワーキング:地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通五丁目6番地1)
【コーディネーター】森建輔・森聡子(バックオフィスファームプロジェクト)
【参加費】講座:2,000円/各回(9/19は無料) 
個別相談&コワーキング:1,000円/各回
【定員】10名
【参加対象】NPO/NGOのバックオフィス(会計/給与計算/労務等)に携わる方

<申込方法>
Peatixのイベントページからお申し込みください。
https://peatix.com/event/2868202

・参加申込後、Peatixから受付確認メールが届きますので必ずご確認ください。
・参加費決済後のキャンセルは原則お受けできません。あらかじめご了承ください。
※申込締切:各講座の前々日17時まで

<研修当日の受講方法>
・受講申込時のメールアドレス宛にZOOMのミーティングURLとパスワードをお送りいたします。
・ZOOMミーティングルームには、研修開始時間の5分前から入室いただけます。
・参加者の方のカメラのON/OFFは自由に設定していただけます。音声マイクについては、質問・意見交換の時間以外はOFFにさせていただきます。


《バックオフィスファームプロジェクト》
https://www.bofproject.com/
※NPO/NGO団体のバックオフィス業務について、お困りごとをお聞きし、解決の糸口を一緒に考えます。また、フリーランスや複業でNPOのバックオフィスを担っている方・これから取り組んでいきたいとお考えの方に、研修・学習会の機会をご用意しています。

【主催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます。
今年のNPO会計力検定は、一味違う〜オンラインでテキスト学べます〜[2020年12月15日(Tue)]
2年ほど前から、ボランタリーネイバーズにおいてもNPO会計力検定の愛知会場を担当していますが、ことしはひとあじ違います。

下記、公式からの案内の転載です。
===========================================
◆ テキスト解説のWebセミナー配信開始しました
===========================================

検定公式テキストのポイントをかいつまんで説明したWebセミナーの配信を開始いたしました。
まず「入門編」として、テキストの各章ごとに全部で6本の動画を無料で公開しています。

・検定に申し込みはしたけれど、一人では勉強が進まない
・業務が忙しくて、まとまった勉強時間が取れない
・検定やテキストに興味があるけど、どんな内容なのかまず知りたい

こういったお悩みへの一助となればと思います。
ぜひみなさまのところでもご活用・ご周知にご協力ください。
------------------------------------
NPO法人会計力検定 公式テキストWebセミナー(入門編)
https://www.youtube.com/playlist?list=PLHeqCYeQkWATIZK8nyWG7keWd7p6pLp2M

【内容】
第1回)NPO法人について 約18分
第2回)NPO法人の会計 約13分
第3回)日々の業務(現金出納帳)約26分
第4回)NPO法人に必要な簿記の知識(前編)約26分
第5回)NPO法人に必要な簿記の知識(後編)約17分
第6回)NPO法人に関わる税金 約20分
------------------------------------

※入門編の次のレベルとなります「基本編」も随時配信予定です。
(「基本」以降は有料配信の予定です。)
準備が整い次第、改めてご案内させていただきます。

以上、なにとぞよろしくお願いいたします。

★会計力検定の詳細・お申込みはコチラから。
https://npoatt.org/

★テキストの購入はコチラから。
https://www.npokaikei.com/book.html


●チラシはこちらから
第4回NPO法人会計力検定(入門基本)_表.jpg

第4回NPO法人会計力検定(入門基本)_裏.jpg

第4回NPO法人会計力検定(入門基本).pdf
バックオフィスファーム・ファームミーティング[2020年07月12日(Sun)]
バックオフィスファーム・ファームミーティング
日時:2020年7月12日(日)13:00-15:00
場所:Zoom

本日は東大手の会、バックオフィスファームミーティングでした。
・近況報告
・今年度の事業について(WAM助成金を活用しての事業)

近況報告からは、日ごろの疑問・それどうやってるの?といった話が広がりました。
一例としては、「押印についてのQ&A」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00095.html
福祉NPOや市民活動支援にかかわるひとのBCP研修ーみえてきた[2020年01月23日(Thu)]
あいネット スタッフ研修第5回「災害時における事業について考えてみよう」

日時;2020年1月23日(木)9;30−12;30
場所;みよし市市民活動サポートセンター
主催;あいちNPO市民ネットワークセンター
企画運営;ボランタリーネイバーズ

連続研修今年度の第5回はガラッとかえて、災害時における事業 BCPを考えてみました。
福祉NPOでのBCP策定事例のご紹介
被災した時に市民活動センターはこんなだったよ、のご紹介
をしたあと、事業担当ごとに分かれてグループワーク。

災害時1ー3日の間に大事なこと、何することが大事?
備えについて考える
危機管理の「スイッチ」について考える

の3本立て。

制約条件が多くなる中でどうするか?を考える機会でした。

やってみて、「災害時には、その組織の弱いところがでる」というお話をきいたことを思いだしました。

次は、これを実際に行動に移すこと
発災直後から、日常に戻るまでの計画をしていくこと
も考えたいところです
名古屋市NPOアドバイザー アドバイザー研究会〜専門性の狭間を掘り下げる場を持つ[2020年01月21日(Tue)]
名古屋市NPOアドバイザー アドバイザー研究会

日時;2020年1月21日(火)14−16時
場所;名古屋市市民活動推進センター


名古屋市NPOアドバイザーのアドバイザーと、名古屋市市民活動推進センターの担当者が一同に介して相談事例の検討等を行う、アドバイザー研究会が開催されました。

最初の近況報告は「お正月の過ごし方」で、ひととなりが見えてきます。

相談や講座の利用状況の報告
相談事例検討(複数の課題が絡まった、専門領域横断的な相談の事例検討)
最後に、名古屋市の支援施策やNPOを取り巻く状況の情報共有
あっという間の2時間でした。

今年から弁護士相談枠も設けたためか、時代の変化なのか、
法律が想定していないようなことにどう対応するか?という事例が増えてきました。
専門家、といってもその分野では専門家で、他の分野では普通の人。このような機会を設けて、幅を広げるとともに、より適切な専門家につないで相談者の課題解決ができるように、研鑚しています。
名古屋市社会課題解決力向上支援事業・勉強会[2020年01月21日(Tue)]
名古屋市社会課題解決力向上支援事業 第2回勉強会

日 時:2020年1月21日(火)18:30〜20:30
場 所:名古屋市市民活動推進センター 会議室
ゲスト:小池 達也さん(NPO支援者/日本評価学会認定評価士)
主催:名古屋市
受託:特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ

http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/news/201909_evaluation.html

NPOの成果を見える化して元気にするセミナー関連事業として小規模勉強会を開催しています。セミナー参加者、個別コーディネーター派遣のコーディネーター等が参加し、第2回は小池達也さんにお越しいただき、評価とのかかわり、関わる中での問題意識、じゃあどうする?といったことで話題提供をいただきました。

前半の小池さんからの話題提供では、「人権」「権力」「倫理」「価値」という単語が何回も出てきたのが印象に残りました。団体の主体性・自己決定・評価者のマインドやあり方のことをたくさんお聞きできました。

後半は質疑を予定していましたが、休憩中から質疑は始まっており、
ゲスト=教える人、参加者=聞く人ではない関係性の中で、
参加団体のうちひとつの団体のロジックモデルを題材に、
なんでしっくりこないのか?じゃあどうする?を参加者でワイワイと検討しました。

********************
2018年度からNPO評価に関連する勉強の機会に顔を出したり、
事業を行政から受託し実施する中で、
「評価」ってなかなか難しい、
いろんな専門性が必要であり、ひとりでは無理、
品質をどう保つか
どうつかうか、正解はない、
とウダウダ考えていまいた。

だったら、”チーム”でどう使っていくかを考えたい、
ちょうど名古屋市でNPOの評価に関連する事業を実施するのでここでチーム支援試してみよう、
と動いてみました。

NPO の「評価」というものが求められる中で、
今後「評価者」というひとに会う・依頼する機会も増えてくることが予想されます。
が、そのときに団体の目指しているもの・ことと「評価者」が合うかどうかが重要。
今後もこの地域で「評価」に関わる人たちのコミュニティ・一緒に考えられる場をつくって、
必要に応じて誰に頼んだらよいか迷っている・情報が欲しい方につなぐ役割、
ひとりで考えるだけではちょっと・・・という支援者が相談できる場を作ることができるとよいなと考えています。

目指すは探偵長屋のハドソン婦人とか、ルイーダの酒場のおかみ。

3F269F84-6839-4C15-930E-7B81370F843D.jpeg
支払調書コワーキング。もう一度、年末調整後1月のうちにやること整理[2020年01月18日(Sat)]
支払調書コワーキング。もう一度、年末調整後1月のうちにやること整理

日時;2020年1月18日(土)10−16時
場所;地域資源長屋なかむら
主催;東大手の会
助成;地球環境基金

結果的に、久しぶりの丸一日相談ツメツメになりました。

朝イチは、今日も1日講座だと思って参加した方。何も準備していなかったけれど、おしゃべりしているうちに、整理したほうが良い事項・確認が必要な事項がでてきました。

午後は事前予約いただいていた方。会計処理のチェック方法と支払調書。
他にも、私自身はお話する時間が取れなかったのですが、何人かが出入りして、コワーキングっぽい雰囲気になりました。

久しぶりに丸一日対応したので、夕方にはスカスカに。夜もよくねむれました。

●今日の復習ポイント・参考事項
・支払調書は1−12月(暦年)で区切る。NPOの会計年度は関係なし。3月決算だと1−3月に支払った分を忘れがちですので気をつけて。

・支払調書等、年明けからの業務フロー
ブログ記事参照
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3150

・最低賃金っていつのまにか上がっている。
愛知県は2019年10月1日より926円。まだまだ上がる。4月が給与改定であると、4月と10月と確認が必要になる。

・最低賃金に含まれるもの含まれないもの
定期的に支払われるもので所定内+所定外。ただし精皆勤手当、通勤手当、家族手当は対象外。
https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/seido/kijunkyoku/minimum/minimum-12.htm

・福祉分野の処遇改善手当と最低賃金の考え方
平成 30 年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.6)問7参照。
含めてOKだが、
目的等を踏まえると、最低賃金を満たした上で、賃上げを行っていただくことが望ましい。
https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000404419.pdf

・賃金規定は現実とあっているか?賃金は誰がどう改定するルールになっているか?
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会R[2019年12月25日(Wed)]
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会R

休眠預金実行団体の応募要領が出てきました。
休眠預金って、なんだっけ?
資金分配団体によってだいぶ募集している内容がちがうみたい
これってウチのNPOに関係するの?

そんなことをおしゃべりする会を開催します。
お気軽にご参加ください。

日時;2019年12月28日(土)14;00ー16;00
場所;貸し会議室 アクションラボ 9階 グローバル会議室9C
https://action-labo.net/
名駅 ナナちゃん人形より徒歩3分
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オルバースビルディング名古屋
参加費;500円(お茶代)
定員;8人

呼びかけ人;中尾さゆり、リンクリンク神朋代

特別な準備は必要ありませんが、休眠預金に関するWebサイトをみておいて、おしゃべりしたいことをイメージしておいていただけるとよいです。

●内閣府審議会資料
https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/shingikai/20191220/shingikaisiryou.html

●JANPIA;実行団体の公募要領、順次掲載されています
https://www.janpia.or.jp/

お申し込みはFBイベントページより
https://www.facebook.com/events/584007652143374/
| 次へ