CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« セミナーなど(参加側) | Main | 雑記 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
福祉NPOや市民活動支援にかかわるひとのBCP研修ーみえてきた[2020年01月23日(Thu)]
あいネット スタッフ研修第5回「災害時における事業について考えてみよう」

日時;2020年1月23日(木)9;30−12;30
場所;みよし市市民活動サポートセンター
主催;あいちNPO市民ネットワークセンター
企画運営;ボランタリーネイバーズ

連続研修今年度の第5回はガラッとかえて、災害時における事業 BCPを考えてみました。
福祉NPOでのBCP策定事例のご紹介
被災した時に市民活動センターはこんなだったよ、のご紹介
をしたあと、事業担当ごとに分かれてグループワーク。

災害時1ー3日の間に大事なこと、何することが大事?
備えについて考える
危機管理の「スイッチ」について考える

の3本立て。

制約条件が多くなる中でどうするか?を考える機会でした。

やってみて、「災害時には、その組織の弱いところがでる」というお話をきいたことを思いだしました。

次は、これを実際に行動に移すこと
発災直後から、日常に戻るまでの計画をしていくこと
も考えたいところです
名古屋市NPOアドバイザー アドバイザー研究会〜専門性の狭間を掘り下げる場を持つ[2020年01月21日(Tue)]
名古屋市NPOアドバイザー アドバイザー研究会

日時;2020年1月21日(火)14−16時
場所;名古屋市市民活動推進センター


名古屋市NPOアドバイザーのアドバイザーと、名古屋市市民活動推進センターの担当者が一同に介して相談事例の検討等を行う、アドバイザー研究会が開催されました。

最初の近況報告は「お正月の過ごし方」で、ひととなりが見えてきます。

相談や講座の利用状況の報告
相談事例検討(複数の課題が絡まった、専門領域横断的な相談の事例検討)
最後に、名古屋市の支援施策やNPOを取り巻く状況の情報共有
あっという間の2時間でした。

今年から弁護士相談枠も設けたためか、時代の変化なのか、
法律が想定していないようなことにどう対応するか?という事例が増えてきました。
専門家、といってもその分野では専門家で、他の分野では普通の人。このような機会を設けて、幅を広げるとともに、より適切な専門家につないで相談者の課題解決ができるように、研鑚しています。
名古屋市社会課題解決力向上支援事業・勉強会[2020年01月21日(Tue)]
名古屋市社会課題解決力向上支援事業 第2回勉強会

日 時:2020年1月21日(火)18:30〜20:30
場 所:名古屋市市民活動推進センター 会議室
ゲスト:小池 達也さん(NPO支援者/日本評価学会認定評価士)
主催:名古屋市
受託:特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ

http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/news/201909_evaluation.html

NPOの成果を見える化して元気にするセミナー関連事業として小規模勉強会を開催しています。セミナー参加者、個別コーディネーター派遣のコーディネーター等が参加し、第2回は小池達也さんにお越しいただき、評価とのかかわり、関わる中での問題意識、じゃあどうする?といったことで話題提供をいただきました。

前半の小池さんからの話題提供では、「人権」「権力」「倫理」「価値」という単語が何回も出てきたのが印象に残りました。団体の主体性・自己決定・評価者のマインドやあり方のことをたくさんお聞きできました。

後半は質疑を予定していましたが、休憩中から質疑は始まっており、
ゲスト=教える人、参加者=聞く人ではない関係性の中で、
参加団体のうちひとつの団体のロジックモデルを題材に、
なんでしっくりこないのか?じゃあどうする?を参加者でワイワイと検討しました。

********************
2018年度からNPO評価に関連する勉強の機会に顔を出したり、
事業を行政から受託し実施する中で、
「評価」ってなかなか難しい、
いろんな専門性が必要であり、ひとりでは無理、
品質をどう保つか
どうつかうか、正解はない、
とウダウダ考えていまいた。

だったら、”チーム”でどう使っていくかを考えたい、
ちょうど名古屋市でNPOの評価に関連する事業を実施するのでここでチーム支援試してみよう、
と動いてみました。

NPO の「評価」というものが求められる中で、
今後「評価者」というひとに会う・依頼する機会も増えてくることが予想されます。
が、そのときに団体の目指しているもの・ことと「評価者」が合うかどうかが重要。
今後もこの地域で「評価」に関わる人たちのコミュニティ・一緒に考えられる場をつくって、
必要に応じて誰に頼んだらよいか迷っている・情報が欲しい方につなぐ役割、
ひとりで考えるだけではちょっと・・・という支援者が相談できる場を作ることができるとよいなと考えています。

目指すは探偵長屋のハドソン婦人とか、ルイーダの酒場のおかみ。

3F269F84-6839-4C15-930E-7B81370F843D.jpeg
支払調書コワーキング。もう一度、年末調整後1月のうちにやること整理[2020年01月18日(Sat)]
支払調書コワーキング。もう一度、年末調整後1月のうちにやること整理

日時;2020年1月18日(土)10−16時
場所;地域資源長屋なかむら
主催;東大手の会
助成;地球環境基金

結果的に、久しぶりの丸一日相談ツメツメになりました。

朝イチは、今日も1日講座だと思って参加した方。何も準備していなかったけれど、おしゃべりしているうちに、整理したほうが良い事項・確認が必要な事項がでてきました。

午後は事前予約いただいていた方。会計処理のチェック方法と支払調書。
他にも、私自身はお話する時間が取れなかったのですが、何人かが出入りして、コワーキングっぽい雰囲気になりました。

久しぶりに丸一日対応したので、夕方にはスカスカに。夜もよくねむれました。

●今日の復習ポイント・参考事項
・支払調書は1−12月(暦年)で区切る。NPOの会計年度は関係なし。3月決算だと1−3月に支払った分を忘れがちですので気をつけて。

・支払調書等、年明けからの業務フロー
ブログ記事参照
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3150

・最低賃金っていつのまにか上がっている。
愛知県は2019年10月1日より926円。まだまだ上がる。4月が給与改定であると、4月と10月と確認が必要になる。

・最低賃金に含まれるもの含まれないもの
定期的に支払われるもので所定内+所定外。ただし精皆勤手当、通勤手当、家族手当は対象外。
https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/seido/kijunkyoku/minimum/minimum-12.htm

・福祉分野の処遇改善手当と最低賃金の考え方
平成 30 年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.6)問7参照。
含めてOKだが、
目的等を踏まえると、最低賃金を満たした上で、賃上げを行っていただくことが望ましい。
https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000404419.pdf

・賃金規定は現実とあっているか?賃金は誰がどう改定するルールになっているか?
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会R[2019年12月25日(Wed)]
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会R

休眠預金実行団体の応募要領が出てきました。
休眠預金って、なんだっけ?
資金分配団体によってだいぶ募集している内容がちがうみたい
これってウチのNPOに関係するの?

そんなことをおしゃべりする会を開催します。
お気軽にご参加ください。

日時;2019年12月28日(土)14;00ー16;00
場所;貸し会議室 アクションラボ 9階 グローバル会議室9C
https://action-labo.net/
名駅 ナナちゃん人形より徒歩3分
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オルバースビルディング名古屋
参加費;500円(お茶代)
定員;8人

呼びかけ人;中尾さゆり、リンクリンク神朋代

特別な準備は必要ありませんが、休眠預金に関するWebサイトをみておいて、おしゃべりしたいことをイメージしておいていただけるとよいです。

●内閣府審議会資料
https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/shingikai/20191220/shingikaisiryou.html

●JANPIA;実行団体の公募要領、順次掲載されています
https://www.janpia.or.jp/

お申し込みはFBイベントページより
https://www.facebook.com/events/584007652143374/
休眠預金の応募要領を目の前にしてモーニングセッション〜3人寄れば文殊の知恵〜[2019年12月22日(Sun)]
休眠預金の応募要領を目の前にしたモーニングセッション

日 時;2019年12月22日(日)10ー11時ころ
場 所;マカロニ(名古屋駅うまいもん通り)
参加者;3名

昨日の昼に急に思い立ってFB投稿したにもかかわらず、3名が集まることができました。

今日の話題;休眠預金の実行団体、応募要領を読もう

ということで、モーニングをいただいながらのおしゃべりタイム。
○そもそも、いまはどの段階?
指定活用団体募集・決定(JANPIA)
→資金分配団体を募集・決定
→実行団体を募集 ※イマココ

○どんな事業があるの?
JANPIAのWeb等を参考に、CRCDF説明会で配布された一覧表をもとに、全体像をチェック
関心のあるところの募集要領をみていきました。公募要領が出ているものについてはJANPIAのWebサイトに集約されています
https://www.janpia.or.jp/other/news/dantai/dantai_20191219.html

○感想・発見
・資金分配団体により応募内容が異なる。が、構成はほぼ同じであるから、ひとつを読み込んで置いて、募集要領が出るたびにほかのものも検討することも可能。

・募集締切は12月のものもあるし、募集要領自体が1月中旬発表というものもある。

・実行団体の申請段階では、評価のことを書く欄は思ったよりも少ない

・思ったより1つ1つの助成金額は少ない(モリコロ展開期から大規模)

・おおむね3年計画を考えないといけない(単年度ではない)

・3年分の申請をするのであるが、次年度新規に同じ申請枠があるわけではない(次年度、どのような募集があるかの予測を立てにくい)

・資金分配団体の 資金分配団体の公募結果を事前にみておくといいかも。各資金分配団体の考え方やだいじにしていることがある程度把握できる。
https://www.janpia.or.jp/koubo/index.html#anchor00

・ガバナンス系の書類が大量に要求されるが、これはあとでもよいことになっているものが多数→書類申請の優先順位付けをつけて書類を作成しよう

BDC39940-5F10-4DA7-98FA-7D1BC4217A7F.jpeg
NPO会計力検定ふりかえり会[2019年09月16日(Mon)]
NPO会計力検定のふりかえり会を開催しました。

日時:2019年9月22日(日)13:30−15:30ころ
場所:名古屋市市民活動推進センター

・NPO会計力検定のねらい
・現場会計担当者がどれだけの知識を持っている必要があるか
・分厚いテキストを勉強するためのささえあいの場
・バックオフィス人材がどう生きていくか

などいろいろな話をすることができました。
今後も各地の方法を学びながら、この地域でやれることを続けていきたいと思います。

主催した NPO会計担当者ネットワークのブログ記事はこちら
https://blog.canpan.info/kaikei-tantou/archive/149
「社会的インパクト評価」を活用した第1回助成申請相談会(キックオフセミナー)の参加者を募集します[2019年07月11日(Thu)]
今年も愛知県内で「社会的インパクト評価」について学ぶ機会を設けることができました。

2019年8月31日(土)午後、あいちNPO交流プラザで、
今田 克司 氏(一般財団法人CSOネットワーク代表理事)を講師に迎えて開催します。

詳細・お申込はこちらから
https://blog.canpan.info/vns/archive/787
PDF ファイル-001.jpg

PDF ファイル-002.jpg

今回、今田さんを講師にお願いしたのは、6月に淡海ネットワークセンター(公益財団法人淡海文化振興財団)での講座に参加したからです。

「自分たちの提供しているチカラを社会に説明する必要がある」
「いろんな種類の相手に説明する際に、評価によって説明できるのでは」
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3104

という言葉がとくに印象に残りました。

評価とか、社会的インパクト評価とか、社会的インパクトマネジメントとか、
いろんなひとがいろんなこと言って難しい、何がわかっていないのかがわからないセカイ。
だけど、今田さんは全体を俯瞰して説明してくださいます。
みなさんと一緒に聞いて、「評価」が求められる現状をどう受け止めて対応してくかを考えたい。そんな想いもあって企画しています。

ちなみに、8月30日(金)の夜は、個人的には前夜祭ハート️。納涼会もあります。
※NPO納涼会2019 〜セクター横断異業種交流会
https://blog.canpan.info/higashiote/archive/300

お泊まりは、名駅の人気ホステル『グローカルカフェ(glocal cafe)』
で、8月31日(土)翌朝は喫茶モーニングで、モーニングを食べて、
ついでにカフェでお仕事。
https://jouhou.nagoya/kissa_morning/

で、午後が評価について学び考える時間。
https://blog.canpan.info/vns/archive/787

というのがオススメコースです。
令和最初の夏を、爽やかに熱くご一緒しましょう。
組織基盤強化へのチャレンジを支援します[2019年06月17日(Mon)]
組織基盤強化、今まではコッソリと裏メニュー・賄い料理的にやっておりましたが、
今年度からは表メニューで看板出してやります。

気になる方、ご連絡ください。試食(無料相談)アリ。

20190731組織基盤強化(パナソニックNPONGOサポートファンドforSDGs申請支援).pdf

PDF ファイル.jpg
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「今さら聞けない年度更新・算定基礎届の書き方」[2019年06月15日(Sat)]
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「今さら聞けない年度更新・算定基礎届の書き方」

日 時:2019年6月15日(土)14時〜16時
会 場:地域資源長屋なかむら1階 共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6-1)
講 師:高木登茂子さん(社会保険労務士)
コーディネーター:森建輔さん(バックオフィス業務オーガナイザー)
主 催:東大手の会
助 成:地球環境基金

【労働保険・雇用保険年度更新】
■年度更新
2018(平成30)年4月から2019(平成31)年3月の1年間
月分、払いはどちらもアリ。継続性の原則で、前年に習えでやる。

■年度更新申告書計算支援ツール(継続事業用)
https://www.mhlw.go.jp/…/roudouk…/roudouhoken01/yousiki.html

■納付は引落にしておくと便利
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/hokenryou/index.html

■免除対象高年齢者
平成30年度確定保険料については1954(昭和29)年4月1日以前に生まれた方は免除
平成31年度確定保険料については1955(昭和30年)4月1日以前に生まれた方は免除
⇒この辺りの年齢の職員さんがいる方は要注意

【算定基礎】
■算定基礎届の説明書は入っていないので、下記をダウンロードすると便利です。
https://www.nenkin.go.jp/…/2019053102.fil…/santeiguideR1.pdf

■算定基礎届は、4,5,6月に支給した給与等の額で計算します(月分ではない)。

■短時間就労者と短時間労働者の違い
| 次へ