CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« ざっくり会計委員会 | Main | セミナーなど(参加側) »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
愛知県休眠預金キックオフミーティング[2020年02月14日(Fri)]
愛知県休眠預金キックオフミーティング

日時;2020年2月14日(金)14:00 ~ 16:00 (受付13:30 ~)
演題 :「休眠預金等活用制度の現状と今後」
講師 :一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 事務局次長 鈴木 均氏
   参加者との意見交換 ファシリテーター: 特定非営利活動法人 ボランタリーネイバーズ副理事長 中尾 さゆり氏

会場;あいちNPO交流プラザ会議コーナー

愛知県で休眠預金を学ぶ機会として2020年には下記の3つがありました。
5月21日(火)13;00ーJANPIAによる休眠預金資金分配団体募集の説明会
12月10日(火)18;15ーCRCDFによる休眠預金実行団体募集の説明会
12月19日(木)13;30ー愛知県「社会的インパクト評価を活用した助成申請 相談会」

で、今回のものは愛知県主催・指定活用団体JANPIAによる休眠預金全体の説明会。
参加者は中間支援NPO、現場NPO、行政からバランス良く参加。参加者数は40名程度。意見交換や質疑も基本的なことが多かったです。

最初にJANPIA鈴木さまより、指定活用団体は東京にあるため、地方の生の声や実態をきいてやっていきたいという趣旨のお話がありました。

参加者のうち、1/3から1/2程度は実行団体を狙っての参加、他の方は情報収集のようでした。

参加者として難しかったポイントは、
・指定活用団体・資金分配団体・実行団体の違い(あれ、どっちの話?)
・通常の助成のように毎年類似のプログラムの公募があるわけではない。
 2019度に選定された資金分配団体が2020年3月までに実行団体を選定・助成金の交付。この資金分配団体が2020年度にも実行団体を募集するわけではない。
のあたりか。

2019年中に行われた説明会の時は、「応募するぞ!」というスタンスや時期のこともあり、ある程度事前情報を持った人たちが参加していたためか、申請や評価等についてのご質問も多かったと記憶しています。今回は今までの参加者層とも少し違うところで、情報収集の方が多かったように思われます。

いずれにせよ、休眠預金の活用は始まったばかりのため、こういう機会に良い仕組みになるために疑問質問を投げていく場をつくることは重要だと実感しました。

●質疑をまとめてみた
IMG_2504.HEIC

私はファシリテーター・ファシグラは苦手だしあまり向いていないと思います。
もともと相談担当のため、講師と質問者の間を取り持つ・通訳するようなことならやれます。
お仕事を受ける時はご満足いただきたいので、発注する際は、ご注意・ご配慮ください。
NPO法人会計力検定 直前勉強会開催しました[2020年02月09日(Sun)]
NPO法人会計力検定 直前勉強会を開催しました。

日時;2020年2月9日(日)10−12時
場所;あいちNPO交流プラザ
主催;ボランタリーネイバーズ

ご案内
IMG_2469.HEIC

会場は試験の緊張感のあるスタイルに設置
IMG_2470.HEIC

IMG_2471.HEIC

試験の説明
模試(ブログの過去問等)
問題解説
過去受験者からのアドバイスもあり

終わった後は、参加者によるランチ会もオプションで。
IMG_2473.HEIC

テキストを読むとふむふむですが、実際に鉛筆を持ってかいてみるとなかなかできない。
そんなことを実感されたかたが多かったようです。

あと1週間、どう頑張るかがみえてきたかも。受けないと受からないから、来週もお会いしましょう。

●今回回答しなかったところも含めた過去問 NPO法人会計力検定ブログより
https://blog.canpan.info/npoatt/category_7/1
日進市;市民自治活動推進補助金事業報告会&次年度説明会[2020年02月08日(Sat)]
市民自治活動推進補助金事業 報告会及び次年度説明会

日時;2020年2月8日(土)9;30−11;30
場所;市役所南庁舎2階第5会議室
公式案内はこちら
http://www.city.nisshin.lg.jp/event/7539.html

審査員の最後のお勤めとして、補助金事業の報告会に参加してきました。
進行表ではわたしは進行と「講評」をすることになっていたのですが、
わたしが言ってもなあ・・・ということもあり、会場からの質疑を中心としたものにして進行させていただきました。

素朴な疑問から、一緒にやりましょうのラブコール、協働相手として感じたことなど、自分ごととして参加している方だからこその発言、次の連携が見える場になりました。

最後のコメントとしては、
・いま、市民活動の承継が問題になりつつある。なんでもできる初代がなんでもやってしまうと次にやるひとがいない。報告会などを複数体制で来る、申請書の作成を代表以外の方に任せてみるなど、人材育成の機会としても活用しましょう。
・報告会はなるべくいいたいことは言えるように時間管理はゆるいが、申請の時のプレゼン本番はバシッと切られますので、原稿を書いてきて時間内にやってくださいね。
の2点をお伝えしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というものの、審査する側・評価する側であることの心地悪さはずっと感じています。

私が良いと思うものがいいわけではない。神の視点を持っているわけではない。
間違った判断をしているのではないか、自分に見えていないものがあるのではないかというのはいつも怖いです。

ただ、誰かがこの役割を引き受けないと制度が成り立たないので、役目としてはやります。
自分が大事だと思うものが守られるように、そっちには行けないけれど、自分にやれることを淡々とやります。

IMG_2441.JPG
ちゃんとした人のふりを、がんばってやってます!!
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会R、開催しました。[2019年12月28日(Sat)]
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会を開催しました。

日時;2019年12月28日(土)14;00ー16;00
場所;貸し会議室 アクションラボ 9階 グローバル会議室9C
参加費;500円(お茶代)
呼びかけ人;中尾さゆり、リンクリンク神朋代

本日は、自己紹介と休眠預金活用に関して気になっている点をお聞きし、
下記の公開資料を「読み解く」というかたちで進行しました。

●今日の話題からのセレクト
・CRCDFの説明会に説明した方は休眠預金=チーム申請だとおもっているが、ほかの資金分配団体の公募は単独申請前提。出どころによって違うから注意。
・チーム申請しかダメとなるとハードルが高すぎ、申請できる団体は限られる。新規事業の創出、ステップアップとしての事業づくりと段階を踏んで申請できるようなかたちにならないものか。モリコロの初期活動(30万円)ー展開期活動(100万円)ー大規模活動(500万年)といった成長ルートがあるとよい
・全国枠、地域枠、SB、災害などいろいろな枠がある。自分たちが考えていることと応募する側の期待とのマッチング読み取りが求められる。
・申請はNPO法人に限られておらず株式会社等も可能であるが、ものによっては非営利組織限定だったりする。どの組織の枠組みをつかって申請するかも大事。
・応募要領はまだ公開されていないところもある。それでどんな団体が出してこれるの?
・とにかく、不明な点はメール等で問い合わせていくのがいいのではないか。地方の案件や動きなどを資金分配団体の方にも知っていただき、そのようなものを応援する必要性・重要性も考えていただけるような働きかけは必要。
・こうやっておしゃべりするのもいいよね。

●参考資料
・内閣府審議会資料
https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/shingikai/20191220/shingikaisiryou.html

・JANPIA;実行団体の公募要領、順次掲載されています
※資金分配団体のHPに掲載されているが、こちらに掲載されていないものもアリ
https://www.janpia.or.jp/

・CRCDF Q&A  https://www.crcdf.or.jp/9_kyuminyokin/kouboqa20191216.pdf

●今後のこと
私自身、講座等の情報提供でなく、みんなで読み解く会を今後はやりたいと思っています。また一緒に企みましょう。
D0D2E21E-153C-4A6F-8B44-68F2D3D7027E.jpeg2786BA7E-466C-4364-9879-B66F9549816D.jpeg
きょうされん2019年度事務担当者・管理者研修会〜場に合わせて組み立てるということ[2019年11月18日(Mon)]
2019年度事務担当者・管理者研修会

■日にち:2019年11月15日(金)・16日(土)
■参加費:会員・賛助会員8,000円 その他11,000円
■定員:100人
■会場:オルバースビルディング名古屋4F大会議室 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19-27
■主催/企画:きょうされん/経営管理部会・事務小委員会

https://www.kyosaren.or.jp/training/secretary-research/9910/

2日間の研修で、NPOのところほかを担当させていただきました。

1日目;
13ー14時;実践事例聴講
社会福祉法人でのIT化、念願の複数事業所での勤怠管理をオンライン化で1分で集計!
各事業所管理責任者に経営の数字を理解してもらうための工夫!
など、トキメキ度MAXな内容

14ー15時;消費税率複数税率への対応
消費税の仕組み、軽減税率、インボイスなどの概要をお話しした後で、
お近くの方と情報交換&共有

15ー17時;NPO法人会計にかかわるひととルール確認
講師担当
各自自己紹介の後で
NPO事務スタッフのキャリア形成小論
事務を誰が担当している?チェックリストの実施

その後、懇親会

2日目;
9時半ー12時;NPO法人会計
6つのチェックリストをもとに、自団体の財務諸表をチェック
区分、注記などのチェック
その後、会計基準の基本原則の読み合わせ
各法人の注記から活動実態を読み解く
など、財務諸表を仲介にお互いの運営を学び合う

13ー14時;就労支援会計
ここは無茶振りで、社福会計の方と合同で。
就労会計についての概論説明(製造原価の考え方、期間損益の考え方)の後、
お近くの方と、棚卸しや給付費・就労会計、どちらの経費にするの?といったことについての意見交換→全体シェア

15ー16時半;NPO法人の財務分析
財務分析シートをいきなりやってみる→比較してみる
NPO法人会計基準に準拠しているとやりやすいが、そうでない場合は足したり引いたりが手間だった。別別との比較、年度比較により、経営に影響のあった出来事を振り返る

16時半ー17時;福祉事業の課税問題
富田先生たちが出版されたブックレットをもとに情報交換

その後、事務局の方とふりかえり
:::::
2日間にわたり、いままでのやりかたと全然違う時間の持ち方でした。
参加者数が比較的少なく対話できる状況であったこと、
参加者の熟練度が高いため知識提供よりも材料持ち寄りの方が学びが深いこと、
事務局が参加者や場を見ながら、一緒に組み立て練り上げるような関わりをしてくれたこと
から、よくいうと臨機応変、悪くいうと行き当たりばったり。

ですが、「参加者の方の顔を見て、満足度高かったですよ」と最後にお聞きできてよかったです。
地域福祉リーディングモデル事業 地域の支えあい活動者養成 実践講座 助成金の活用と会計を学ぶ[2019年10月31日(Thu)]
地域福祉リーディングモデル事業 地域の支えあい活動者養成 実践講座
助成金の活用と会計を学ぶ

日時:2019年10月30日(木)19:00−12:00
場所:名古屋市社会福祉協議会

ここ何年か担当させていただいている、市社協の講座講師を担当してきました。
今回は、多桁式出納帳から決算書をつくるところをグループワークで実施。

@取引を読む
Aグループで1枚の多桁式出納帳に書く
B集計して、決算書に移す

の3ステップで実施。各グループ内でいろいろ会話をしながら進めていただきました。
グループワーク40分、解説10分ほど。
頭で考えるよりも、ひとりでやるよりも、グループでやる効能を感じました。

●多桁式出納帳 ひな形(説明入り)
@多桁式出納帳.xlsx

IMG_2038.HEIC

IMG_2039.HEIC

●今日はハロウィンでした
IMG_2048.HEIC
准認定ファンドレイザー必須研修税務担当しました[2019年10月20日(Sun)]
准認定ファンドレイザー必須研修(税務)

日時;2019年10月20日(日)
場所;オルバースビルディング名古屋会議室2階
https://jfra.jp/cfr/training/

准認定ファンドレイザー必須研修の税務を担当しました。
50分で
・寄付した側の税制優遇(所得税、法人税、相続税)
・税制優遇が受けられる法人とは
・認定NPO法人の要件
・寄付を会計上どう表現するか(NPO法人会計、公益法人会計)
と盛りだくさん。

なかなかうまくお伝えしきれませんが、今日をきっかけに「やってみる」を通じて、
実務の際に自分の言葉でお話できるようになっていただけるといいなと思ったりしました。

会場が若き日の、甘く苦い思い出付近だったので、立ち寄ってきました。
誇れるような過去は一切ないが、歴史には黒くない部分もなかったわけじゃないなと。
164B178B-47E2-4F07-A679-63F7E25DB936.jpeg
2019年度NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会 第1回 NPOとこれからの消費税[2019年09月21日(Sat)]
2019年度NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会
第1回 NPOとこれからの消費税

日時:9/21(土)10時〜12時
講師:中尾さゆりさん(税理士)

この度の消費税率がかわることに伴い、よくご質問を受ける点について整理しました。
が、当初のわたしの設定と、参加者の???ポイントのズレもあって、
わちゃわちゃとした雰囲気の中で開催されました。

このシリーズは、会計ソフト使用前提で、その際に必要な考え方や知識に厳選してお伝えしています。短時間、1度で全部理解するのはムリなので、少しずつ知識の層を厚くしてもらえるといいなと思います。


●お品書き
消費税の納税義務者とは
消費税のしくみ
免税事業者・課税事業者(簡易課税・本則課税)、それぞれやるべきこと
消費税8%、8%(軽減税率)、10%の区分の仕方
税率の変わるタイミング
委託事業の消費税額の記載に関係する問題

●ご紹介した資料のURL
・消費税のあらまし
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/aramashi/pdf/001.pdf

・消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/qa_03.htm

・経過措置
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/kaisei/pdf/01.pdf

・区分記載請求書等保存方式(1枚にまとめ)
https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/img/pdf/jigyosya_02_05.pdf

●補足事項
・消費税の各種届出書
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6629.htm
簡易課税2年縛りについては、「3簡易課税制度の届出」参照

・簡易課税、後出しOK(期間限定)については下記参照
[手続名]消費税簡易課税制度選択届出手続
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shohi/annai/1461_13.htm

【報告】専門家に聞く!会計・労務と仲良く付き合うNPO法人事務力アップセミナー 会計セミナー[2019年09月14日(Sat)]
専門家に聞く!会計・労務と仲良く付き合うNPO法人事務力アップセミナー 会計セミナー

岐阜で会計セミナーの講師をつとめました。
この後、2日間じっくりと実務を学ぶセミナーも予定されているとお聞きしましたので、
概要・全体像を学べるようなつ配分にしました。

ひととおり学んでいただき、
団体によって関係あるところ、ないところはあるものの、
改善ポイントが絞られて、実際に必要な改善がなされるといいなと思います。

終了後の個別の質疑も、内容よりは実務は今のやり方で問題ないか、という確認が多かったです。
継続性の原則、重要性の原則を実際にどう当てはめていくかのさじ加減の部分。

日時:2019年9月14日(土) 13:30〜15:30
場所:OKBふれあい会館1棟4階 小会議室402 
主催:ぎふNPO・生涯学習プラザ(設置:岐阜県 実施:ぎふNPOセンター)

●本日のお品書き
1.「決算書」と仲良くなろう!
2.会計業務と仲良くなろう!
3.どうやって集計するか〜小規模NPOは多桁式出納帳を活用しよう
4.(おまけ・中級〜上級編)資金繰り表・NPO法人バージョン/財務分析シート

●本日のダウンロード資料
金種表.xlsx
多桁式出納帳雛型.xls
参考:財務分析シート(例).xlsx
参考:資金繰り表.xlsx

●リンク先
所轄庁 様式集(認証・報告・届出関係) 
みんなで使おう!NPO法人会計基準:NPO法人会計基準協議会http://npokaikei.info/
☆財務諸表の様式をダウンロードできるほか、会計基準に関するQ&Aも順次更新中
認定NPO法人への道:NPO会計税務専門家ネットワーク http://npoqa.jp/top.php
☆認定NPO法人ほか、NPOの税務などに対応。Q&Aも順次更新中。
全国NPO会計担当者ネットワーク http://www.npokaikei-tantou.org/
NPO会計支援センター http://www.npokaikei.com/
NPO会計道 脇坂誠也税理士のブログ https://blog.canpan.info/waki/
関西大学 馬場英朗研究室(公会計・非営利会計)/会計書式(規程/帳簿/伝票)http://baba-hi72.seesaa.net/category/8824474-1.html
非営利組織評価センター https://jcne.or.jp/
NPO会計・税務 リクツとコツ 中尾さゆりのブログhttps://blog.canpan.info/sally_nakao/

NPO/NGOバックオフィススペシャリスト養成研修〜第3講:NPO法人の会計・税務[2019年07月21日(Sun)]
NPO/NGOバックオフィススペシャリスト養成研修〜第3講:NPO法人の会計・税務

日時:2019年7月21日(日)
場所:岐阜商工会議所
主催:東大手の会(バックオフィスファームプロジェクト)
助成:地球環境基金

第3講:NPO法人の会計・税務のリクツ部分を担当しました。

(お品書き)
文書1 バックオフィサーとしてのワタシの立ち位置
文書1 NPO法人会計基準
文書1 法人税等概論
文書1 消費税概論

休憩時間には、「どこまで厳密にやるべきか?」⇒「重要性の原則」といいつつ幅がある中でどう判断していくか?という点についてフリーディスカッションしていました。“社会通念上“がひとによって違う中で、どうするか?答えのない話ではありますが、自団体の場合、他団体へ支援に入る場合、どの程度でOKとなるか・・・。

参考文献等
(1)Web
文書1所轄庁 HP(NPO法人運営の手続き 等) 兵庫県・神戸市のものが親切で便利 http://www.city.kobe.lg.jp/ward/activate/support/npo/ninshou/tebiki.html
文書1みんなで使おう!NPO法人会計基準:NPO法人会計基準協議(http://npokaikei.info/) 
文書1NPO会計税務専門家ネットワーク「理事・監事のチェックリスト」
  https://www.npokaikei.com/book.html#02
文書1NPO会計・税務リクツとコツ中尾さゆりのブログ(https://blog.canpan.info/sally_nakao/
| 次へ