CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« 助成金(モリコロ基金 ほか) | Main | ざっくり会計委員会 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
資金調達イベントが続きます[2009年05月15日(Fri)]
 今日は久々のボラみ力探検隊mtgでした。

 進行の仕方でいろいろ困った反省点悲しいはあるものの・・・
今後半年間でやるべきことの道しるべ山がみえてきました。

5/24(日):ウォーカソン

7/5(日):ボラみ展

7/31(日):ボラみみ10周年

9/4(金)-6(日):愛フェス *5/23-24ビデオ作り

 今までの成果を生かして、これらを有機的な流れにしていくということを確認。
それぞれについてアイディアを出し合いました。もう、企画書が書けるレベルです、私の中では力こぶ

 いろいろ反省点はあるものの、グループで意見を出し合ってすすめていくのは楽しい。そして何よりも今日いいなあと思ったのは、会議のことばにウソや飾り気がないこと。率直に「多分、来場者はこんなことをおもっているんじゃないかなあ。」という発言が出てきて、それが感情的になっとくできる状況。だったら、こんなPRが効果的だよね・・・とはなしがすすんでいく。

 どうも文字で勉強してばかりいると、ニンゲンのにおいや手触りを忘れて、合理的に考えると●●だ、と思い込んでしまう。自分の限界をサッと破ってくれた、スタッフに感謝。

 今週末は仕事×2です。がっくり。いや、楽しいんだけれど、自分の体力と気力が続くか、ベストな状態で望めるかという点に多少の不安があるんです。まあ、そのときはテンションあがるけれど、来週反動が来るのが怖い。水曜日は税理士試験の第2回定例試験があるのに落ち込み



NPO法人の求人情報〜4/28マデ[2009年04月24日(Fri)]
 ボラみみが半年間のアルバイトスタッフを募集しています。

 NPOでは自らの自主性で新しいことに取り組んだり、人脈を作ったりすることができます。私自身も自分が成長したと感じられるのはNPOのアルバイトスタッフになってからのことでした。それまでの「女の子女の子は、ボスや男の人男の子の顔色を伺いながら、機嫌をとりながら仕事をする」ということが求められていたところから、その人がどんなアウトプットをしたかをみてもらえる世界にきたことで私は本当にやりがいを感じられましたし、楽になりました。
 
 以前は「NPOの雇用環境はひどい」という話をよくききましたが、それは行政や大手企業と比較した際の話ではないかなあと思うようになりました。利益を出していてもちゃんと社会保険に加入していない会社、身内にしか利益を還元していない会社なんてのも、ようけみます。一人家庭や非正規雇用など、生活給なんて考え方すら企業にはないんだということを肌で感じます。
 組織に守ってもらえない時代には、こういったところで自分の魅力に気付き、ウリをつくるのもいいチャンスをつくることになるのだと信じています。

 また、NPOの職場は裁量が多い反面、指示待ちの人にはキツイ職場です。役員(理事)はほとんど無給・非専従、専従事務局長を置くとのできる団体もわずかです。自分のやりたいことと組織が求めること、社会が求めることのバランスをとっていかないと雇う側も雇われる側も不幸になります。

 ただ、自分の足で歩いていこう、自分の頭で考えようという人にとっては、チャンスがごろごろ落ちている職場です。

編集・イベントのアルバイトスタッフ募集

【 1.職   種】 アルバイト

【 2.勤 務 地】 ボラみみより情報局事務所 名古屋市中村区松原町1-24 COMBi本陣N102

【 3.職務内容】 「ボラみ展」に関わる企画・運営・調整業務、「ボラみみ」の編集に関わる業務 

※「ボラみ展」とは、就職企業展のボランティア版をコンセプトに、ボランティア活動をした人とボランティアを必要としている団体との団体紹介や面談を行うイベントです。
※「ボラみみ」とは、ボランティアの求人情報誌です。

【 4.募集人数】 1名

【 5.雇用期間】 5月上旬〜9月下旬

【 6.勤務時間】 6〜8時間/日 原則、月曜日〜土曜日のうち週3日〜4日  
            9:00〜21:00の間で応相談(但し業務により変更あり)

【 7.休日休暇】 日曜、祝祭日 但し業務により勤務が発生する場合あり

【 8.給与待遇】 
(1)給与:時給750〜1,000円(経験により) 
(2)通勤手当(実費支給)
(3)加入保険:労災

【 9.募集期間】 2009年4月29日(水)必着

【10.応募方法】 履歴書及び志望動機(800文字程度)を送付(郵送、もしくはメールに添付)

※お預かりした情報は、採用選考以外の用途には一切使用いたしません。送付された書類については、選考後、外部に漏洩しないよう適切に処理いたします。

【11.応募資格】 
(1)PCの基本的な操作(Word/Excel/mail)ができる方
(2)ボランティア経験がある方
(3)明るくコミュニケーションができる方
(4)大規模イベントの企画・運営経験のある方歓迎
(5)編集経験のある方歓迎

【12.選考方法】 書類選考および面接 4月30日(金)13:30

【13.問 合 せ】 特定非営利活動法人ボラみみより情報局

〒453-0021 名古屋市中村区松原町1丁目24番地 地域密着型ビジネス支援施設内(COMBi本陣)N102

TEL:052-799-5356(13:00〜18:00) FAX:052-799-5366 
Mail: motokiあっとboramimi.com
「ボラみみさんに感謝!」だって![2009年04月08日(Wed)]
 以前私が会計セミナーか何かでご縁のできた「にこり」さんのブログも実はこっそり更新チェックしています。先日のタイトルは「ボラみみさんに感謝」おもわずうれしくて、伝えたくてコピーしてしまいました。

https://blog.canpan.info/nicori/archive/94

 何がうれしいかというと・・・うまくことばにできないんだけれど、人の善意がつながっているところ。善意とか思いやりとかいっていると要領のよい人にいいように使われてしまうという恐れを感じながらも、こうやって人がつながっていって新しい出会いができているのを見るのは好きなんですよ。人間は不合理な生き物ですよね。

*最近、会計の事を書いていない気もしますが、決算支援で体力を使い果たしてしまったので、しばらくは重いのはお休みにします。
ボラみみ、日本財団のブログマガジンに掲載〜取り上げられる側のキモチ[2009年03月11日(Wed)]
 日本財団のブログマガジンでボラみみより情報局が取り上げられました。

https://blog.canpan.info/koho/archive/666

 こうやって外部の人が好意的に紹介してくれているのってうれしいですラブ

 先日ボラみみ事務所で作業をしていたら、こんなこといわれました。

今月のボラみみに掲載していただいてありがとうございます。
会員に『載ってるね』っていわれたり、
問い合わせの電話があったりしたんですよ。
ぜひ会員にニュースレターで伝えたいんですけど、いいですか?

 あのときの方はこういう気持ちキラキラを伝えたかったんだなあ、と今になって思います。

 ちなみに、ボラみみ掲載情報は原則「転載禁止」と明記してあります。ただし、利用目的によっては事務局にご一報の上、どのように使ったかわかるようなもの(今回でいうと見本ニュースレター)を入れていただくことを条件に転載可能というルールになっているとのこと。情報を扱う団体であるだけに、著作権などにも配慮しています。また、こういう小さなことが学びになっていくのかもしれません。
続きを読む...
2/24ボラみ力探検隊〜もう評価の時期[2009年02月25日(Wed)]
 ボラみ力探検隊(ボラみみの会員増加プロジェクト)では3月までを一区切りとして活動を行っています。現在は、ボラみみのスタッフ(ボランティアスタッフ)に対して会員についての調査をしています。そのアンケート結果を元に、まずは内部のスタッフが会員やボラみみの成り立ちについて知る機会をつくっていきます。

 早いもので、もう事業評価をする時期になりました。といっても、評価ってどうやるんだ?!ボラみみは共通のプロジェクト評価指標のものはない。そんなものより、事業の当初の目的を達成しているかどうかを見ればいい。試験的にやってみよう。そういえば「NPOマネジメント」に特集があったからそれを活用しよう・・・本当に私たちは偉い人とか権威者がなく、ヒラバで議論してます。でもそれって自分の頭で考えないといけない、正しいといいきれるものはない!ということで結構しんどいことでもあるんです

 昨日の会議はうれしいことが3つありました。
1つは、すでにアンケートボックスにアンケートが入っていたこと。
2つめは、他のプロジェクトで忙しいといっていたスタッフや仕事が遅くまであるスタッフが時間をつくって会議に参加してくれたこと。
3つめは、3月までとお願いしていたリーダーが4月以降もやるつもりですよ!といってくれたこと。

 こんな感じで、ボラみ力探検隊はすすんでいます笑い
1/27ボラみ力探検隊mtg〜参加型会議の恩恵とコツ[2009年01月28日(Wed)]
 1/27(火)の夜にボラみみより情報局の新規会員獲得チーム「ボラみ力探検隊」の会議を行いました。
 会議といってもかっちりとしたものではなく、参加型で合意形成をつくっていくタイプの会議です。正直今まではワークショップや参加型と言われるものは言いっ放しになる危険性が高くて懸念していました。

 ただ、ボラみ力探検隊では違います。
・まず、前回の振り返りをしながら話が進んでいき、そのなかでよくわからないところ・違う理解のところは確認ができる(わからない!っていえる雰囲気があります)。
・そんな中で自然と今回の話題に入っていく。ただ意見が出やすい・出るだけではなく、それをどんな基準で選んでいくかという話ができる。
・今日の時間内にやるべきこと・次回までの宿題にすることが振り分けられていく。
・途中参加者があった場合は、今日の流れの確認に戻って、全員が今日の方向性を再確認。その際に軌道修正が行われる。
・今日のお菓子がなくなった頃に新しい参加者がお菓子を差し入れ。昨日はワイン入りチョコでした。禁酒の建物でもここまではセーフでしょう笑い

 今回たまたま会議を覗いてくれた理事も「活気があっていいですね。」といってくれました。

 いろいろ参加型での会議は試みられているのになぜここはうまくいっているのか。それは隊長(リーダー)、ファシリテーターという役割分担があるのと同時に、外部のファシリテーターが会議に参加してくれているのが大きいのではないかと感じています。名古屋NGOセンターの団体支援事業で派遣されている方の存在。どうしても団体内部の者ばかりだと、自分の団体のことだからいろいろ想いが強くて、言いたいこともある。でも、外部の方だと参加者の熱い想いを感じながらも、それを生かす方法を考えられる。まとめたり整理したりするのをフォローするには適任の方であって、そういう立場のひとがいることが大きいのではないかと感じています。
1/25ボラみみ理事会〜人を大事にする[2009年01月26日(Mon)]
 25日は日曜日なのにお休みではなく悲しい、月に一度の理事会でした。もう、こんな一文の得にならないことやめればいいのに〜と思いながらも、人のつながりとか可能性とかをみられる場所が好きでやめられないでいます。アホですから。

 今年度からは理事会の方法が改善され、はじめに報告事項を30分ほどで行う。議論したいことについては後の1時間半程度で行うという区分けがされました。何か今回はちゃかちゃかすすみ、議論すべきことについては(議題がすくなかったこともあって)、参加理事の意見・それぞれの専門性からの見解などを引き出し、合意をつくることができました。

 今回の大きな議題はボラみみ10周年記念イベントと3月の一日理事会。
10周年記念イベントは設立の思いを振り返り、関係者に感謝する場として、
一日理事会は、中期計画を立てる場として
開催するということで合意ができました。

 今まで時間がなくて合意形成までいたらなかったので、今回いちおうの方向性がでて一安心です。そしてそれを決めるプロセスの中で、ボランティア・スタッフの顔を思い浮かべながら、関わってくれる人に配慮している文化っていいもんだなあ、と改めて思いました。

 自分の行動は合理的ではないとわかっていながらも、やめられないですね、ボランティア理事を。はい、私はアホですから。
12/27ボラみ力探検隊 第2回行き先を決めよう[2008年12月30日(Tue)]
 ボラみみの会員増加プロジェクト「ボラみ力探検隊」の第2回ワークショップを開催しました。前回と少し顔ぶれは変わりましたが、スタッフも含め10人以上の参加!

 今回は大きく2つのことをしました。
1)情報提供
 こちらは担当理事の私から行いました。
NPOの資金源の話
ボラみみに具体的に当てはめたときにどのような資金源が今あるのか
資金源それぞれのメリット・デメリット
質疑応答

 会計についてはニュースレター「みみ通信」などでも四半期ごとに伝えているのでそれなりの情報公開をしているつもりではいましたが・・・情報と活動とがうまく結びついて伝わっていなかったのでよくわかってもらっていなかったことが発覚。理事会にはほぼ毎月、会員向けには3ヵ月ごと、総会には必ず会計情報は出しています。情報公開という点では他団体と比較してもそん色ない形で行っているつもりです。でも、身近な人が自分の活動とのかかわりなども含めて理解できる・納得できる形では伝わっていなかったんだなあ。情報を提供しても「伝え」られていなかったんだなあと実感、いやはや難しいもんです。

2)対策を考える(アイディアだし)
 こちらはみんなでρ(..*)書き書き。お菓子をポリポリしながらカキカキ。
で、選ぶのに大変なくらいアイディアが出てきました。贅沢な悩みです。


 次回は年明けに集まります。アイディアの中からどれか一つを選んで深めてくるのが宿題になっています。それをもとに具体的な対策を2月に行い、3月末に結果検証。短いスパンですが、ぎゅっと取り組んでいきます!


 他の団体がやっているファンドレイジング手法と違うのは、スタッフ(ボランティアさん)仲間と一緒に考えて行動していること!いろんな人の、ふつ〜の感覚を集めて何ができるか、ボラみみらしいファンドレイジングです。うまくいったらファンドレイジングネットとかに投稿してみようか・・・。カリスマファンドレイザーがいなくてもできるファンドレイジング、ってね。
ファンから巻き込む〜ブログのコンセプト作り[2008年12月18日(Thu)]
 12/17、ボラみみ事務局スタッフとブログのコンセプトについてのmtgを行いました。お互いに都合のよい名古屋駅のパステル(なめらかプリンのお店)です。でも、私はレコーディングダイエット中のためプリンはあきらめ、普通に夕食をとりました。

 ブログについては事業計画の中でなんとなく数値目標は決まっていったものの、それが強制になっていて意味がつたわっていなかった、なんのためにやるの?という共有ができていなかったことがわかりました。

 私から提案したのは「ボラみみのファン増加と、ファンから利用者・スタッフ・会員と関わり方を深化・定着させるための情報提供」というものです。簡単に言うと、知ってもらって、ずぶずぶと深く関わっていってもらいたい。でも、関わり方はあいてのニーズ・状況によっていろいろあるよねというところです。

 提案内容から、では具体的にどんな記事がかけるのか?ということまで話し合いと合意ができました。これをもとにボラみみブログをすすめていきます。ブログを使った情報発信を団体の運営に生かす!ということにより積極的にチャレンジします。
12/13ボラみ力探検隊〜みんなありがとう[2008年12月17日(Wed)]
12/13、ボラみ力探検隊ワークショップが行われました。
ボラみみより情報局ファンドレイジングプロジェクトの第1回となります。

まとめをボランティアGさんがしてくれました。
:https://blog.canpan.info/boramimi/archive/163

 今回はボラみみ内部のスタッフに呼びかけて開催しました。
なかなか財政状況が厳しい、といってもどれだけの人が共感して何とかしたいと思ってくれるのだろうというのは心配でした。でも、現在活動しているメンバーが何人か顔を出してくれました。

 今自分がボラみみの中で関わっている部分から、会費を集めるために何ができるかということを考えてくれていました。うれしかったです。

 ボラみみは各チームがそれぞれプロ意識を持って機能しています。ただ、その横のつながりはイマイチというところがあります。今回は「会員」というNPO法人全体に関わる部分について各チームの実働メンバーが関わってくれているという点がありがたいです。

 次回は27日、それまでに次の準備です。