CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
« 7/22志金循環と1%支援制度〜有識者が選ぶ/市民が選ぶ | Main | 合同発送作業 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リクツをどう現場の納得できる形にしていくか、という問題[2010年07月23日(Fri)]
今日は顧問先で役員報酬の払い方について話題になりました。
「NPO法人であっても、法人税法の影響を考えて理事長給与は一定にしておいたほうがいい」ということは広く知られるようになってきましたが、ではウチの団体に当てはめたときどうなるかという個別のこととなるといろいろ疑問がでてきます。また、法律には「できる」と書いてあっても実務上手続きがあまりにも煩雑なのでやらないようなこともあったりします。

○NPO法人の役員・職員の人件費と源泉徴収 参照
http://npoatpro.org/jinkenhi.pdf

1)普段接する会計担当者が理解できるように支援すること
2)会計担当者が理事にきちんと伝えて意思決定すること

 この2段階を意識させられました。そこまで見越して対応してこそプロ。まだまだ足りない走る
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/871
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント