CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« NPO監事の職員との兼務について | Main | 名古屋市のトワイライトスクール »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
組織文化は会議で作られる!?・・・かも[2010年02月23日(Tue)]
 昨晩は「ボラみ力探検隊」のミーティングでした。参加型会議が定着してきたな〜と実感。なんかみんな楽しそうでした。

昨日の会議のよかったこと
・ホワイトボードが準備されているのが当たり前になってきた(書いて、みんなで情報共有できる)「ホワイトボード、もっていっていただけませんか?」「今運んでいるよ!」という会話がかわされていました。

・お菓子とお茶がある
 旅行のお土産、手作りショコラ、甘いものばかりなのでポテチも・・・とバランスよくお菓子をみんなが持ち寄っています。

・疑問に思ったことなどやDDに関する心配事、懸念についても話してよい雰囲気
 過去の勉強会の参加状況や立場によって持っている情報量は違うもの。情報を持っている人が場を独占するのではなく、「DDって何?」などということがきける雰囲気。

・自然とタイムマネジメントをしている
 スペシャルゲスト、momoのメンバーの時間や会議室利用可能時間などを気にしての進行

・今日やることがホワイトボードにかかれていた
 これだけやる!ということで話に集中できます。

・ゴールと積み残しの確認がされた
 どうしても時間切れのところもあったのですが、確認をしたことで尻切れトンボでなく次回につながりました。

・先に決めることを決めてから議論に入る
 今後の流れと次回のスケジュールなど、先に決めることを決めておくといいですね。

・記録係もいる


*固くいうと「参加型会議を通じた人材育成」の土壌がありますね、確実に。


 ボラみみのミッションを私流に解釈すると、市民がボランティア活動への参加を通じて社会の問題に気づき、自ら解決しようとする社会の実現です。それがまじめでつらくしんどいことじゃなくて、自分自身が自分が望むような社会作りの一翼を担っているんだという実感・やりがいを感じられるような会議でした。

 いろいろ大変なこともあるけれど、人や仲間を信じられる、そういう場所にメンバーとして参加できているのは幸せなことだなあと思います。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/716
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント