CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« 津市市民活動センター新年会 | Main | 新規採用者の前職分源泉徴収票は採用時に受け取る »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ボラみみがウォロに掲載!ボランティアニーズの数値化[2010年01月24日(Sun)]
大阪ボランティア協会が発行する市民活動総合情報誌『ウォロ(Volo)』の「コーディネートの現場から 現場は語る」でボラみみが取り上げられています。
http://www.osakavol.org/volo/

情報提供数:ボランティア情報<イベント情報、アクセス数:ボランティア情報>イベント情報
 ボランティアをしたいというニーズのほうが多い。ボランティアが集まらないのは、呼びかけていないからではないか?

ボランティア情報の掘り起こしとして、中間支援的組織の持つ情報を連結する「みみライン」
情報提供だけでは動けない人のための「ボラし隊」

 普段は活動に追われていますが、こういう形でデータから外部環境を捕らえなおして、自分たちのしていることの意味を再確認するのって大事だと感じます。
 また、ボラみみを活用していただいている団体・ボランティアがこないと嘆いている団体にとっては「どうしたらボランティアがくるか」の作戦を立てる上での材料になってきます。

 まだまだやれることはありますね。外部のメディアに掲載されるとモチベーションがあがりますね。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/688
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント