CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« 支払調書作成に着手 | Main | 延々と計算書類に向かった日〜財務分析元データ作成のお手伝い »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
参加型手法の可能性〜場所の効能[2010年01月15日(Fri)]
 ボラみみの支援者UPプロジェクトチーム「ボラみ力探検隊」のお食事会を開催しました。第1期・第2期を経て、今後はPRツールとしてのダイレクトダイアログを取り入れていこうという流れの確認。

 といいつつも、参加メンバーが同時に関わっているほかのチームのお悩み相談なんかもしていました。 どうしても事務所での会議となるとゴールが設定されていて、今日の目標外のことは言えないままになってしまいがちです。美味しいものを口をモグモグ動かしながら、ポチポチしゃべるというスタイルがよかったみたい。

 探検隊の資源としてはNGOセンターの「Nサポ」を受けている関係から「参加型手法のプロ」がいるということがあげられます。この参加型手法が探検隊内で、さらにはチームの壁を越えて他でもつかわれるようになると・・・今いる多様な人たちが生きてくるんだろうなあとおもいます。参加型手法って体系的にはまだわからないぶぶんもありますが、まずはホワイトボードなどをつかって「みんなに見える化」することからはじめればハードルも低いはず。誰もが参加型手法の一役を担えるように、スキルとして意識して行きたいな。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/675
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント