CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« 事業報告書等作成セミナー 2月開始 | Main | 参加型手法の可能性〜場所の効能 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
支払調書作成に着手[2010年01月14日(Thu)]
 年末調整が終わると「支払調書の作成」が次の仕事の山になる。2009年1年間に団体・法人がお支払した「家賃」「謝金」などについて人ごとに整理・集計。一定額以上のものを税務署に提出しなくてはならない。また、謝金については確定申告の資料として使うので各人にお送りしなくてはならない。

 普通の法人だと、税理士さんや社会保険労務士さんくらいしか出てこないからそう苦労はしない。一方、NPO法人の場合は講師謝金や原稿料などの件数がすさまじく多いこともあり集計が大変である。

 といういうことで、私はこんな風にしています。

(1)1月から決算月の会計データを開く
@謝金と源泉所得税の元帳をエクセルにエクスポート
 会計王forNPOでやろうとしたら元帳からのエクスポートはできなかったため、仕訳日記帳から必要な仕訳を抽出してエクスポートしました。

A証憑書類とチェック&住所を抜き出し
 謝金とともに交通費を払っている場合、(1)からもれてしまうので追記。また、領収証から住所を拾い出してエクセルシートに入力。

(2)期首〜12月分も同様に

(3)合算
(1)と(2)をコピーして一つのシートにまとめる。

(4)人ごとにわける
 並べ替え機能でも良いけれど、私はエクセルのピボットテーブルが好み。

(5)支払調書に転記
 人ごとにお名前・住所・支払内容・金額・源泉徴収税額を転記。

(6)発送
 それぞれの方へ郵送

(7)「給与所得の源泉徴収票等の法廷調書合計票」へ合計額を転記。必要なものを提出。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100051.htm

 まだ、(1)です落ち込み。来週、(2)以降を完成させます。2010年からは販売管理ソフトを使って上手くやれないかなあと画策中。
 本当は自分が全部担当するならエクセルワークシートで支払時から管理したいのですが、そういうわけにいかないところがありまして、改善策を検討中。謝金支払時の支払明細発行から支払調書まで一括できるシステムなどありましたらお教えくださいませ。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/674
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント