CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« 楽々会計・給与の仕訳 | Main | 学ぶことはまだあるのであります »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
地域協働研究・助成金部会、エンジンかけてます[2008年08月22日(Fri)]
 だいぶ涼しくなってきました。昨日は会議に向かう途中で「日差しが柔らかくなったね。」「空が高くなったね。」と人間らしい会話をしました(笑)。

 今日はそろそろ火がついてきた地域協働研究の助成金部会について。愛知県の委託事業の一環として地域協働研究を行います。そのテーマのひとつが市町村の「助成金」。

 協働流行の今日この頃、
 市町村単位の助成金制度が増加しているようです。
 それは、NPOにとって、その市町村の関係者にとって最適なものになっているのでしょうか?

という疑問からスタート。

 メンバーの確定、
 インターンによる事前情報収集、special thanksラブ
 担当スタッフ間の「コンセプトの確認」
 ここまで終わって、じゃあどういう風に研究会を進めていこうか、第1回研究会に向けて具体化する時期に入りました。
 全5回の「研究会運営」から取りまとめ。参加者の脳みそをこねくり回す「仕掛け」を考えています。素材とメンバーは極上。それをどうしたら一番いい形でかかわってもらえるかが仕掛け人のおシゴトです。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/67
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント