CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« 携帯電話がつながりにくくなっています | Main | 携帯電話がつながりました »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
起業の学校卒業〜[2009年11月21日(Sat)]
 11月21日(土)、7ヶ月間のカリキュラムを終え、卒業試験→卒業試験合格→卒業式を終えました。卒業証書をまとめるまでにいろいろ気付きをあたえていただき、ありがとうございました。

 校歌斉唱のとき、途中でボロボロ涙がでてとまらなくなりました。どうして涙が出るのかはわからないけれど、出るものは出るんですね。

 私にとってはこの10年が社会実験期だったようなものなので、当初やろうとおもっていたことと事業計画にまとめたことでは劇的な変化はありませんでした。ただ、学校という仕組みを通じて集中的に考える機会を得たことや仲間がいたことがきっかけで、いろいろぶれたりこれでいいのかと思ったりする機会をたくさんもてました。じっくりと考えたこと、顧客に近い人のホンネを聞く機会があったこと、卒業論文にまとめたことなどを通じて、自分のプランになった・納得感があがったと感じています。自分の中でストンと落ちないとすすめない性格であるため、この「納得感」というのは私にとって大事なことなのです。

 卒業試験&謝恩会をつうじて、さらに私には「たくさんの先輩たち」という財産もてにすることができたんだということを認識しました。いろんあ先輩がいるので、それぞれの視点からの指摘がぐさっときますが、でも傷つくというのではなくてありがたいと思えた。苦いことをいうのはいう方も覚悟がいるから、そこで終わりにしておいても本人には何のデメリットもないのにビシッといっていただいたととに驚き、ありがたかったです。

 税理士試験の合否によって今後の動きは変わってきますが、一歩ずつ着実に私の起業に近づいていきます。今後ともよろしくお願いしますラブ

起業の学校関係者のブログ
(コメントをいれたいのに、なぜか拒否されてしまったのでご紹介します。こんなに温かく厳しくしていただいたのです)。
○関戸校長
https://blog.canpan.info/sekido/archive/819
○ロッレンマイヤーさん
https://blog.canpan.info/minakok/archive/61
○指南役 河野さん
https://blog.canpan.info/npoatone/archive/181
○指南役 きむ
http://kimura-office.net/ksr/post_000461.html
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/608
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント