CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« 遠くを見れば、近くの課題は自然と解決できてくる・・・はず | Main | 7/26ボラみみ理事会〜制約条件の中でベストを尽くす »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
なぜ、KJ法は失敗するのか?〜ファシリテーターの技術[2009年07月25日(Sat)]
 私自身、ワークショップが苦手である。最初はいろんな意見が出てくることが楽しいと思っていたのだけれど、慣れてくると結論が出ない・新しい発見がないことから「この時間の意味は何だったんだろう。」と思ってしまう。手法がわかりやすいからこそ誰でもできる。そのうちに極意は消えてカタチだけが残って今に至るのかもしれない。

 でも、ファシリテーター次第では意味のある時間をつくる手法にできそうだ。
・KJ法の手法再確認
 「KJ法は、「単位化」〜「統合化」〜「図解化」〜「文章化」というプロセスを経て、質的調査で集めた質的データから包括的な視点による分析を通じた、全体像の把握、セオリーの創出を行う手法です。」
・今やりたいことの目的を考えると、KJ法が最適なやり方なのか?
・「「単位化」〜「統合化」〜「図解化」〜「文章化」というプロセス」にファシリテーターとしてどういう言葉を投げかけるべきなのか。

いろいろヒントとなるきっかけのあるブログを発見しましたウインク

http://gitanez.seesaa.net/article/124077022.html
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/467
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント