CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« 1/18(火)19−21時「どこまで必要?!NPOのための電子帳簿保存法セミナー」開催のお知らせ | Main | 2022年の抱負を書いてみたよ »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2021年をふりかえって[2021年12月31日(Fri)]
2021年をふりかえって

今年は何かを成し遂げたということを言葉にすることが難しい。
それなりにおもしろく生きてきたんだけれど、結果・成果として残せるという段階まで入っていない、階段の踊り場。

だいたい、年末のフリーになる日は家計簿のまとめをしている。
お金の出入りを見ていると、自分の一年間を振り返ることができる。

今年の私の音楽は「この道わが旅」、すぎやまこういち先生(すぎやん)がなくなって、ドラクエ音楽を再度聞き漁った。
すぎやま先生を送り出すのは、「そして伝説へ」だと思っていたんだけど、「この道わが旅」こそがふさわしいのかと思い直し、そこから現在放送中の「ダイの大冒険」を1話から見直すという展開へ・・・。最新話に追いついた。リジチョウとしては、フローラやレオナ的な存在感を目指すべき?!(と思いつつ、レオナはキャラ的に距離ありすぎ)。

●2021年は♪出会いと別れを繰り返しながら♪、成果はまだの、種まきの年・・・
今年は何をやり切ったというのが思い浮かばない。
でも、けっこう、刺激的で面白い日々だったんだよね。

大きかったのは中小企業診断士×NPOの試運転がスタートしたこと
ボランタリーネイバーズ・TAG経営とも、自分が採用に携わったこと。誰を選ぶかが、次の空気をつくることに直結する。
新しいメンバーが加わったことで、支援のあり方・場の作り方についての選択肢が増えた。

今までと違う人を入れることで、組織の空気が変わっていく(行かざるを得ない)ことをどう受け止めてふるまっていくか。
種まきで、カタチになるのは来年以降。焦らないで、それぞれの個性が生かされる配置を考えていくのが私の役目。

●今年のゆるオタ
【YouTube】
昨年のお正月休みに、YouTuberを研究しようと思い、お気に入りを見つけていく
最初は「おそうじトントン」さん。ゴミ屋敷をきれいにしていく動画をひたすら再生・・・
GWあたりの決算ヘビーシーズンは、ストリートのピアニスト。決算のBGMとしてMC含めてきいていた。
そして今は、ゲーム配信の実況中継。リアルタイムでの配信者の喜怒哀楽と、コメントを拾ってコミュニケーションしていく姿をみてしまう。
オンラインでの匿名性が守られた中でのつながりかたや健全・安全なコミュニティをつくっていく姿を見続けています。
そして、目的のための戦術、ゲームは1回クリアしたら終わりではない世界の深さを知るのでした。
そして人生初の押し活スタート。

【映画・アニメ】
家計簿をつけていて、今年の中盤はけっこう映画を見にっていたことを思い起こしました。
夏は「かくしごと」。アニメからCDも買ってしまったし、映画も行ってしまった。
「鬼滅の刃」「ハサウェイ」ももちろん見に行ってきました。ガンダムシリーズはこどものころちゃんとみていなかったので、予備知識の補充が必要ですね。
ガンダムは男の子のアニメということで一線を引いていた自分と環境に後悔。

【コミっクス】
今年はほとんど漫画喫茶に行けていなかった。

いちばんぐっと来たのは『コレットは死ぬことにした』。
薬師コレットは毎日大忙しで休む暇がない。逃げ場がない・・・。で、 疲れたコレットがとびこんだのは井戸の底!
から始まるストーリー。
専門家として人の期待に応えること、一人ではやり切れなくて仲間をつくること・育つこと、「普通のコレットでいること」、「薬師をつなぐ」という野望、「人運がいい」。
自分が組織を預かっている立場ということもあって、先生の想いを兄弟子・姉弟子、コレット、その弟子たちで違う形でつないでいっている姿にいろいろ考えさせられるところが多かった。「『コレットは死ぬことにした』からまなぶ事業承継」とか、企画できると思う。

●2022年の野望
2021年、いろいろおもしろかったんだけど、もう今の自分ではこれ以上は無理。今の自分に飽きてきました。
ということで、次に行くためにはちがうことが必要で・・・、それはお正月中に書きます。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3249
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント