CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« 日常作業の会計雛形等 | Main | 【2021年度】NPO/NGOバックオフィス実務スキル学習会 第2回 会計ソフト入力の自動化は本当に使えるのか!? »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
「子ども・若者はコロナ禍の地域課題をどう捉えて活動しているのか」[2021年10月02日(Sat)]
Withコロナ時代の社会参加と雇用継続のための学習会・活動相談会「子ども・若者はコロナ禍の地域課題をどう捉えて活動しているのか」を開催しました。

日時:2021年10月2日(土)10時〜12時
ゲスト:田中和快さん(竹の子ボランティアサークル)

●今日の心に残ったキーワード
・ライフワーク・コラボレーション

・変えてしまうと元には戻れない

・「その時間に行けば居る」「ただ居る」だけの意味

・「ボランティアの分類と意識の変化」の図

・「回数と時間」が基盤、協働作業で深くなる

・活動を通じて関係を深める⇒意図的な関係づくり

・「コロナ世代」・・・体験や協働の機会が失われた世代。教育現場で最初に実感するのではないか

・若いうちは「何やるか」より「誰とやるか」のウェイトが大きい。親しい関係をいかにつくるか。

・これからはコミュニティデザインとイベントデザインが必要
 技術と知識と実践力、企画力と実践力を併せ持つ力が求められる

・受援力
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3230
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント