CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
« 伴走支援事例;団体のこれからを考えて、みんなで資金繰り表をつくる | Main | ■NPO納涼会2020〜セクター横断異業種交流会〜&対談「NPO/NGO若手スタッフのネットワーク〜東大手の会の誕生と15年の歩み〜」(オンラインイベント) »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
VNS理事会の議長をやることー理事監事の皆さんの時間とお知恵を集めるからこそ起こる何か[2020年08月03日(Mon)]
VNS理事会の議長をやること

本日の理事会
・報告事項;進行中の事業について
・検討事項・協議事項;今後の事業について

現在は新型コロナの感染拡大もあり、VNS事務所とオンラインを併用した理事会開催をしています。

どうしてもオンライン参加の方は顔が見えにくかったり、表情を見て発言を振ることがしにくいため、
今日は報告事項の終わりと検討事項の終わりで、お気づいの点についてご発言いただく機会を作りました。

進行中の事業についても、それぞれの経験や見てきたものを織り交ぜての着地点や次の展開への議論の広がりがあり、
今後の事業についても、感触は展開のヒントを得ることができました。

正直、私にとって理事会の進行はとても緊張します。
平日の夜の2時間、忙しい方に出席していただくので良い時間にしたいと気負ってしまいます。

現在は5者会議(理事長、副理事長、事務局長)で事前に議題や議論の論点の打ち合わせをしています。が当日までに色々と新しいことも出てきますので、また緊張します。

前回の理事会で「問いを立てる」というお題もいただいたので、後半の協議事項に向けては問いを立てるようにしました。

NPO法ができた頃って、理事会の役割とか、理事会のやり方とかの研修などがあったような気もしますが、当時の私にとっては遠い世界のお話であまりきちんと勉強してませんでした。今になって自分が当事者になってくると、理事会のやり方とかを学ぶ機会が欲しい気もします。が、これって総会と理事会と事務局の関係やバランスをどう取るのがその組織によって一番しっくりくるか、というところともリンクしてくるので、一概にこれがいいとは言えないものかもしれません。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3188
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント