CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
« ボランタリーネイバーズの理事長に就任しました | Main | オンライン・ファシリテーションをテーマとしたイベントに参加(日本体験学習研究所 JIEL主催) »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
理事長就任にあたってやってきたこと〜複業体制を整える〜[2020年06月22日(Mon)]
理事長就任にあたってやってきたこと〜複業体制を整える〜

FBに理事長をお引き受けすることを投稿したところ、たくさんコメントをいただき、驚いています。
その中で、業務量や健康についてご心配いただいていることがありましたので、
どのような準備をしてきたかについてご説明させていただいます。

2年前2018年6月に代表交代があり、
ボランタリーネイバーズの副理事長を引き受けることとなり、
少しずつ仕事の整理を始めました。

当時の私の仕事の柱は3つあり、それぞれで下記の対応をしました。

1、講座講師→減らした
一時は収入の柱でありましたが、積極的には引き受けてはいかないことにしました。
(ピーク時は週2−3コマやっていた時もありました)。
お話があった時に、趣旨を伺ってふさわしい方をご紹介するようにしました。
また2020年は新型コロナの影響で激減しましたし、
オンライン開催などであり方が変わってきています。

2、税理士業務→チーム対応へ移行
こちらは個人ではなく、税理士法人の社員税理士という立場でやっています。
もともと複数の役割(他士業であったり、家庭での役割であったり)を持った人たちが働いているため、
代表税理士と相談しながら、
当初の1人で担当顧問先の対応をする体制から、
徐々に業務についての役割を分けていくことをすすめていきました。

ちょうど
会計システムのクラウド化、
チャットワークなどのビジネスコミュニケーションツール導入、
と業務のやり方が変わる時期でもあり、役割を変えていくタイミングでもありました。

3、NPO法人内での業務→新しい人材に業務を移行し、管理職業務に比重を移す
事務局業務や自身が直接対応する相談や講師等を減らし、理事としての管理業務の割合を増やしていきました。
理事、職員、研究員などの新しい人材を入れて対応しました。

また2019年11月頃からは基本的に火曜日をNPO法人業務の日として設定し、
集中的に対応できるようにしました。(移行期であったり、コロナがあったりしたので機能し始めたのは5月中旬からですが)。

4、その他
・家に乾燥機付き洗濯機を導入し、家事負担を減らしました。地味に大きい。
・他の活動の関わりも、役割をスライドして次にお願いできる方に依頼し、見守る係に移行中。

全てがすんなり行っているわけではありませんし、ご迷惑をかけていることもあるかと思います。
ただ、複数の立場での経験が、それぞれの仕事・業務に活きている実感があることは確かであり、
調整しながら進めていきます。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3182
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント