CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
« 2020年4月からの変更事項等確認(労務を中心に) | Main | 新型コロナ対応における、税務申告・納税の期限の延長 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ついにきた、複数税率下で、本則課税で消費税計算、の巻〜ソフトは最新にしておきましょう。[2020年04月02日(Thu)]
ついにきた、複数税率下で、本則課税で消費税計算。

月々、売掛金も買掛金もきちんとやっている法人の決算。
仕入販売しているものは、食品と食品外のものが混ざっているから、8%と10%の区分も概ねOK。
それなのに、
それなのに、
会計王のバージョンアップをケチっていたため、消費税率が
8%
10%の2種類のみ!
8%(軽)がない!

仕方がないので、私のPCにデータをうつして、最新バージョンで10月以降の8%を8%(軽)に変換。で、消費税率計算。

研修などでは、
旧税率の8%(国6.3%、地方1.7%)
新税率の8%(国6.24%、地方1.76%)
は違うよ〜と言っていたのだが、実務になると、8は8だもんね。

その場で会計ソフトのバージョンアップの説明をしておきました。
来年は無事にできますように。

そして、毎年本則課税+国等の特例という相談者が今年は複数税率でやってくるのを戦々恐々とまっております。実は楽しみ。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3170
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント