CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
« 新型コロナ対応における、税務申告・納税の期限の延長 | Main | 新型コロナウイルス対応下での監事監査をどうするか? »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
決算のための訪問をしながら、コロナ禍に立ち向かうことを考える[2020年04月13日(Mon)]
今日は3月決算の法人事務所を訪問。
入り口でお熱を測り、アルコール消毒。
「アルコール消毒はハッピーバースデーを2回歌うまでやりましょう」
と書かれていたのでその通りにしたところ、
「そのアルコールは濃度が低いから、手を洗って!」と言われお手洗いへ。
壁に貼ってある手洗いの仕方をみながら、手首までゴシゴシ。
だいぶ手の脂が落ちた。

もともと事業所は広々としているが、三密を避けるために窓全開+ストーブ。
他のスタッフは慣れているためか装備が違い、春の衣装で出かけた私には寒かった。
ぬののふくとみずのはごろもくらいの防御力の差。

家に帰ってすぐにお風呂へ直行。ジンワリと来ます。
お風呂の後は苺入り「えいようかん」活用レシピのスッキリ甘いみつ豆で甘やかしタイム。

コロナ禍の収束が見えにくいから、
・決算・税務申告(これは通常運転)に加え、
・資金繰り、借入(このままいくと、あと何ヶ月持つか)
・予算立案(売上の見通しが立ちにくい中、固定費を削ったり、役員報酬どれくらいにしたりするかという決断含む)
・役員報酬をガクッと下げたら、社会保険の月額変更届を出すのも忘れず。でもその間は従前の社会保険料を控除しないといけないから、手取りが思うよりも減る。
・法人によっては持続化給付金の申請も視野にいれておきたい。となるとタイムリーに試算表を出せるようにしておく必要がある。
といったことを考え、決断し、手続きを進めなくてはならない。

良い判断ができるように、美味しいものと睡眠は大事。
IMG_2925.HEIC
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3169
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント