CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« 休眠預金の応募要領を目の前にしてモーニングセッション〜3人寄れば文殊の知恵〜 | Main | 1/13(月・祝)10時〜NPO会計お悩み解決相談会!〜NPO会計力検定テキストを片手に〜 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2/14愛知県「休眠預金キックオフミーティング」があります[2019年12月25日(Wed)]
2/14愛知県「休眠預金キックオフミーティング」があります。

一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 事務局次長 鈴木 均(ひとし) 氏による講演「休眠預金等活用制度の現状と今後」のあと、質疑応答の時間が設けられています。私はその後の「参加者との意見交換」50分間のファシリテーターをつとめます。

休眠預金を活用したNPO等への助成募集は始まったけど、結局よくわからない、
というようなことも聞きます。まだまだ始まったばかりですので理解をする機会をもつ、意見交換を通じて制度を育てていくということもだいじです。モリコロ基金のときも、始まったばかりの時と10年後の終了時点ではだいぶ変わっていました。助成制度の利用者とのコミュニケーション・社会や時代の変化を反映した結果だと思っています。直接話ができる時に伝えておくことは大事。

ということで、ぜひご参加ください。

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/syakaikatsudo/social-impact2.html
以下、案内文より転載
************

 NPO等の民間団体が行う公益活動を促進するため、休眠預金等活用法に基づくNPO等への助成が今年度中に開始される予定です。
 愛知県では、NPOや中間支援組織の皆様に、この新しい助成制度について理解を深め、資金獲得の参考にしていただくことを目的として、「休眠預金キックオフミーティング」を開催します。当日は、国から制度の中心的な役割を担う「指定活用団体」に指定された、一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA(ジャンピア))から講師を招き、助成を受けようとするNPOが留意すべきことや制度の普及に向けた課題などについてお話いただくとともに、参加者との意見交換を行います。
 皆様の御参加をお待ちしています。
1 開催概要
(1)日時
   2020年2月14日(金曜日)午後2時から午後4時まで(受付は午後1時30分から)
(2)場所
   愛知県女性総合センター(ウィルあいち)2階 あいちNPO交流プラザ会議コーナー
  (所在地 名古屋市東区上竪杉町1、電話番号 052-961-8100)
(3)内容
   14時00分〜 開会
   14時05分〜 講演:休眠預金等活用制度の現状と今後
            講師:一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA)
                事務局次長 鈴木 均(ひとし) 氏
   15時10分〜 参加者との意見交換
            ファシリテーター:特定非営利活動法人 ボランタリーネイバーズ
                       副理事長 中尾 さゆり 氏
(4)対象
   NPO(任意団体を含む)、中間支援組織職員
(5)定員
   50名(申込先着)
(6)参加費
   無料
(7)申込方法
   2020年2月10日(月曜日)までに、以下1〜4の事項を記載の上、郵送、
   電子メール又はFAXで下記の申込先までお申込みください。
   1 氏名(複数可)、2 所属、3 連絡先(電話番号、FAX番号又はメールアドレス)、4 事前質問(任意)*定員を超え、参加いただけない場合のみ御連絡します。

2 講師及びファシリテーター略歴
(1)講師:一般財団法人 日本民間公益活動連携機構 事務局次長 鈴木 均 氏
 元NEC(日本電気株式会社)CSR推進部長および株式会社国際社会経済研究所代表取締役社長、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科客員教授、特定非営利活動法人 サステナビリティ日本フォーラム理事、公益財団法人日本盲導犬協会評議員他、NEC時代に特定非営利活動法人ETIC.との連携でNEC社会起業塾を立ち上げた。著書に「ステークホルダー・レビューによるCSRの経営への統合化促進、企業と社会フォーラム編」等。

一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 
 2018年7月に一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)により設立。休眠預金等活用制度において、民間公益活動促進業務の中心となり、事業計画等に基づき資金分配団体を選定し、資金分配団体に助成を行う「指定活用団体」として、2019年1月に内閣総理大臣から指定された。

(2)ファシリテーター:特定非営利活動法人 ボランタリーネイバーズ 副理事長 中尾 さゆり 氏
 認定特定非営利活動法人 NPO会計税務専門家ネットワーク 理事、税理士。特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズでは、主に相談事業・研修事業等に従事する。2019年度には、愛知県「社会的インパクト評価実践事業」を受託し、企画・運営に携わる。

愛知県県民文化局県民生活部社会活動推進課NPOグループ(担当:渡辺、大久保)
  住所       〒461-0016 名古屋市東区上竪杉町1ウィルあいち2階
  電話番号    052-961-8100 、 FAX番号    052-961-2315
  メールアドレス npo-plaza@pref.aichi.lg.jp

PDF ファイル-001.jpg

PDF ファイル-002.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3143
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント