CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« 地域福祉サポートちた20周年記念行事 | Main | 2/14愛知県「休眠預金キックオフミーティング」があります »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
休眠預金の応募要領を目の前にしてモーニングセッション〜3人寄れば文殊の知恵〜[2019年12月22日(Sun)]
休眠預金の応募要領を目の前にしたモーニングセッション

日 時;2019年12月22日(日)10ー11時ころ
場 所;マカロニ(名古屋駅うまいもん通り)
参加者;3名

昨日の昼に急に思い立ってFB投稿したにもかかわらず、3名が集まることができました。

今日の話題;休眠預金の実行団体、応募要領を読もう

ということで、モーニングをいただいながらのおしゃべりタイム。
○そもそも、いまはどの段階?
指定活用団体募集・決定(JANPIA)
→資金分配団体を募集・決定
→実行団体を募集 ※イマココ

○どんな事業があるの?
JANPIAのWeb等を参考に、CRCDF説明会で配布された一覧表をもとに、全体像をチェック
関心のあるところの募集要領をみていきました。公募要領が出ているものについてはJANPIAのWebサイトに集約されています
https://www.janpia.or.jp/other/news/dantai/dantai_20191219.html

○感想・発見
・資金分配団体により応募内容が異なる。が、構成はほぼ同じであるから、ひとつを読み込んで置いて、募集要領が出るたびにほかのものも検討することも可能。

・募集締切は12月のものもあるし、募集要領自体が1月中旬発表というものもある。

・実行団体の申請段階では、評価のことを書く欄は思ったよりも少ない

・思ったより1つ1つの助成金額は少ない(モリコロ展開期から大規模)

・おおむね3年計画を考えないといけない(単年度ではない)

・3年分の申請をするのであるが、次年度新規に同じ申請枠があるわけではない(次年度、どのような募集があるかの予測を立てにくい)

・資金分配団体の 資金分配団体の公募結果を事前にみておくといいかも。各資金分配団体の考え方やだいじにしていることがある程度把握できる。
https://www.janpia.or.jp/koubo/index.html#anchor00

・ガバナンス系の書類が大量に要求されるが、これはあとでもよいことになっているものが多数→書類申請の優先順位付けをつけて書類を作成しよう

BDC39940-5F10-4DA7-98FA-7D1BC4217A7F.jpeg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3141
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント