CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« VNS理事会〜新役員での体制を決めていく | Main | 講義用リンク集:平成30年7月豪雨/歴史的建造物の活用 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
横軸を通して考える:愛知県内支援センター情報交流会ー地域の支援センターの役どころPart2〜地域課題とアウトリーチ〜[2018年07月10日(Tue)]
愛知県内支援センター情報交流会
地域の支援センターの役どころPart2〜地域課題とアウトリーチ〜

日時:2018年7月10日(火)13:30-16:45
場所:あいちNPO交流プラザ
企画・運営:愛知県内市民活動センター連絡会 情報交換会世話人有志

昨年に引き続き、愛知県内支援センター情報交流会が開催されました。
今回も、行政の協働担当・市民活動センターを受託・指定管理で運営している民間側、織り交ぜての交流会。
昨年はいろいろなキーワードをもとにお話しするということでしたので、
今年は「アウトリーチ」という切り口をもとにじっくり話す時間をつくる組み立てでした。

【共有の時間】
@愛知県・NPOと行政の協働に関する実務者会議
「中間支援組織によるアウトリーチ型支援の取り組み状況」の報告
A事例報告 みよし市市民活動サポートセンターにおける取組み
Bミニ意見交換「私が思うセンターの役どころ」

【交流の時間】
テーブルに分かれて意見交換会

【展望の時間】
@テーブル意見交換の報告と全体ディスカッション
A今後の交流会についての紹介
B2018年の役どころに関わる紹介
 キーワード紹介 愛知県事業の紹介

 私が最初に座ったテーブルでは、参加者の半分が新任or今後担当予定の方でした。また、センター運営経験を重ねていても、ほかの支援センターの取り組み・ちょっとした工夫が役に立つところも多いのだなと感じました。こういう横軸を通すことを定期的にやることが、地道だけど質を上げていくことにつながるのだと実感。
そして市町村の市民活動センターという場を持っている人たちの強み(自分にはないもの)を改めて認識した日でもありました。

IMG_9902.jpg

この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2970
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント