CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« あいちモリコロ基金採択者説明会 | Main | 所轄庁とNPO法人会計基準協議会との意見交換会@岐阜 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
NPOマネジメントスクール 会計・税務と資金調達〜いちどで全部理解できなくても、ひととおり「きいたことがある」状態であればOK[2017年10月19日(Thu)]
NPOマネジメントスクール 会計・税務と資金調達

日時:2017年10月4日(水)・19日(木) 13:00〜16:00集合研修 16:00-17:00個別相談
講師:中尾 さゆり(特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ 理事、税理士)
会場:あいちNPO交流プラザ・西三河総合庁舎
主催:愛知県県民生活部社会活動推進課

3時間で
1.財務諸表を読み込もう〜決算書から見える物語
2.最低限の会計帳簿を整える
3.資金調達計画をつくろう
4.NPOの税務(収益事業課税を中心に)
までやるという、大忙しの講座でした。

 企画としては中級者向けですが、参加者はこれからNPO法人つくります〜少し事務やっているけど時間がない〜代表としていろいろみていかないといけない、と幅広いご参加。大量のインプットはしたけれど、これからどうしていこうか・・・というところかと思います。

 といっても、実際の運営段階で、初級・中級・上級と状況が進んでいくわけでもなく、その場その場で対処しないといけないこともでてくるので、そんな事案にあったときに「聞いたことある」という状況にしておくことも大事なのかなあと、実務に直結する講座にするためにはどうしたらよいものか、正解はないです。ある人にとっての正解は、ほかの人には役に立たなかったりするので、集合研修の難しさをいろいろと感じています。
 
 例年、年明けに愛知県主催で「信頼性向上セミナー」として会計基礎や事業報告書等の一連を学ぶ機会もありますので、そこでフォローできればと思います。続報はしばらくお待ちください。

講座情報のML登録:nakaosayuri+subscribe@googlegroups.comへ空メールをお送りいただくと、講座情報など随時(隔月くらいで)送信させていただいます。

●当日資料
Microsoft PowerPoint - 201710NPOマネジメントスクール(あいちNPO交流プラザ)改.pdf
資料1:6つのチェックポイント.pdf
資料2:財務諸表例(平成27年度).pdf
資料3:財務分析シート.xlsx←回答入れました
資料4:活動計算書勘定科目appendix1.pdf
資料5:貸借対照表勘定科目appendix2.pdf
資料6:現金出納帳.xlsx
資料7:多桁式出納帳.xlsx資料8:創業計画書 学習塾.pdf
資料8:創業計画書 介護.pdf
資料9:資金繰りの考え方.pdf
資料10:資金繰り表.xlsx

【FB導入コメントより】
今回はマネジメントスクールということもあり、
会計を「やる」ところから、一歩踏み込んで「活用する」というところまでもっていった。
NPOの個別相談を受けていると、ステップ踏んで成長するよりも、いろいろな機会をぎゅっと捕まえて急激に変化するから、セオリー通りにいかないことがおおい。
インプットしておくことでフックを作り、
日々の中で情報収集をし、
その時が来たら「あ〜、なんか聞いたなあ」という状態になっているのがいいのかなと思ってみたりする。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2840
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント