CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
« 事業報告書等チェックリスト | Main | 行政委託の会計支援 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
電子申告〜これで5000円ゲット[2009年02月23日(Mon)]
 自分の確定申告を済ませました。
 平成19or20年に自分で確定申告を電子申告で行えば5000円の還付が受けられるということもあり、電子申告に挑戦。インストールするドライバがわからなくて苦戦するも、2時間くらいで完了。よしよし。弟にも貸してあげようとしたが、反応が薄い。5000円も返って来るんだよ。使わなきゃ損だよ!そして、ネタになるんだから挑戦は必要だよ!

 NPOで働いている人は給与所得だけの場合もありますが、その辺で講演して「謝金」を受け取るなどということも多いのではないでしょうか。謝金は原則10%の源泉所得税が控除されています。現在の所得税の最低税率は5%であるため、私を含め、ワーキングプアーさんたちは謝金も合わせて確定申告をしたほうが還付金額は多くなるはずです。下記の通り一定の計算をしたあとの所得金額が20万円以下の場合には申告の必要はありませんが、還付狙いなら試算してみるといいのではないでしょうか。

 また、添付書類の郵送が不要になったのも大きなメリットです。手間が省けてラクチンウインク

http://www.nta.go.jp/taxanjavascript:;swer/shotoku/1900.htm
給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。

○今日のお勉強コーナー○電子申告の活用状況(出典:日経朝刊09/2/23社説)
・日本は2006年:3%、2007年:18%。
・「IT新改革戦略」では2010年までに50%を目標としている。
・所得税の電子申告の半分は税務署のパソコンから、4割は税理士経由。ネットを使って自分で電子申告をした人は全体の1%。

・海外事情:米国・カナダは60%超、イギリス50%程度、韓国やオーストラリア80%超

この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/276
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント