CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« マイナンバー:法人番号、こんな感じで届いてます。+講座資料掲載 | Main | NPOの活動を次世代に手渡すために 「NPOで働く」を考えるセミナー »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
あいちモリコロ基金、申請数速報値出ました!初期が激増!〜チャレンジできる環境を維持したい。[2015年11月13日(Fri)]
あいちモリコロ基金.jpg
あいちモリコロ基金、申請数速報値出ました!
http://morikorokikin.jp/Sinsa/index.html

初期活動が激増しております。展開期・大規模は前年並み。
初期活動の増加は、今回、かなり丁寧に各地での説明会を開催したことの結果として出ていると思います。









***********************
あいちモリコロ基金は、
愛・地球博の剰余金という資金があり、10年間で使い切るという制約が強いため、毎年1.2憶と大盤振る舞いしています。これをみて、「バラマキ」と評する人がいることも承知しています。

でも、私自身は、モリコロフォーラムで栗田さんがおっしゃっていた
「チャレンジする機会を与えてくれた」
ということが大事であると考えています。

自分たちにも手が届きそうな、しかも申請と利用のコスパのよい助成金がある
出してみよう
採択された
やってみた
思った以上のことができた
活動が繋がった
面として変わっていく

愛知県はこういう循環が生まれつつあるのだと感じています。
選ばれしものだけがNPO活動をするのでなく、
「普通の人」にも手が届く機会が開かれたこと自体に意味があったのではなかと。

全ての活動がきっちりと想定通りの成果を出すわけでなく、失敗もあるけれど、でも多くの人間が動くことで、誰もが想定していなかったことが進んでいく。現在進行形だと実感しています。

NPOがチャレンジする機運を
この保守的な愛知県という地域に継続させること自体に意味がある
だから、モリコロ基金の後継基金を何らかの形で実現したい
と願っています。

賛同者署名のご協力、お願いいたします。
http://www.vns.or.jp/shinkikin.html

モリコロ基金応募採択状況201511.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2407
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント