CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« 平成26年度名古屋市市民活動推進協議会(第2回) | Main | 会計サポーター養成講座第5回 NPOの労務 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
協働力パワーアップセミナーin浜松[2014年11月28日(Fri)]
協働力パワーアップセミナーin浜松
日時 2014年11月28日(金)18時〜21時
場所 浜松市福祉交流センター 大広間
(浜松市中区成子町140番地の8)
講師 IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表 川北 秀人氏
対象 行政職員、NGO/NPO、協働に関心を持っている方

当日の報告は主催のN-pocketさんのブログに詳しく載っていますので、割愛。
http://npocket.hamazo.tv/e5782211.html

 IIHOEの協働力調査の特徴として、
・情報公開、一般市民の参加を高く評価している(⇔密室・賢人政治的なものは評価が低い)
・仕組みがあることを高く評価する(⇔機能しているかについての定性的な評価は対象外)
ということがあるかと思います。

 でも、今回の取組みは意味のあるものだと思いました。
川北さんから全国の状況のご説明の後、
N-pocketの井ノ上さんが浜松市の状況を解説、
そこでの疑問点について浜松市の協働担当職員が答える
という形の進行でした。

 経年比較ができるということで、なぜそのようになっているかの変化をみることができる、
 実際に担当した職員がいることで、どうしてそうなったのかの事情も分かる
 ということです。

 こういう材料があれば、次の方向性を考えられます。

 ということで、これを材料に、NPOと行政担当者が仕組みについて話し合う機会をつくるのって有効かも・・・と思いました。
 *ただし、その市町の事情がありますので、評価基準に対する評価なども含めてやられるとよいかと思われます。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2158
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント