CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

« 年末調整〜マル保の書き方 | Main | JICA会計支援〜シゴトの覚え方 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
12/18資金支援とはなんぞや+行政職員のチカラ[2008年12月19日(Fri)]
 12/18は地域協働促進事業・資金支援研究会の第4回を開催しました。
今回は今田忠先生(モリコロ基金の委員長もつとめていただいております)を迎えての特別な会です。

★今田先生のお話★
・行政の資金支援と憲法89条
・なぜ、行政がNPOに資金支援をするのか
・事業助成と団体助成
・阪神・淡路コミュニティ基金
・資金支援担当職員の心構え(お金を出す側のミッション、実現するためのプログラム・オフィサー)
→(私にとっては)行政の性格上、できることと「難しい」ことがあるということが印象に残りました。あまねく広く公平にやらなければならない行政の性格を変えるのではなく、その中でどうやって行政のミッションを達成するための方策を取れるかを考えなくてはならないと割り切って考えよう!というように思いました。
 
 ただ、今田先生のお話は示唆的であとでじわじわと感じるところがあります。人によって心に入ったものがだいぶ違うみたいでもありました。

★報告書作成に向けて★
 グループで話し合いをしたのですが、これがまた全員ファシリテーターという感じですすんでいきました。本当に研究したいところはどのポイント、それって面白い!もっと知りたい!他の人も必要とする情報なのでは?、それに関しては事例を持ってるよ!などグループで研究するからこその相乗効果が期待できそうです。

 次を考えないといけないのですが、まだ昨日のインプットが多すぎて・・・。
あ〜。。。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/207
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント