• もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)

NPO法人ボランタリーネイバーズ(https://www.vns.or.jp/)理事長
税理士法人TAG経営(https://tagkeiei.tkcnf.com/)社員税理士
個人としての、NPOの会計税務専門家

さまざまな立場の経験を活かして、
バックオフィサー・経営者向けにリクツとコツをかいています。

検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
【定期投稿】本日、年度末最終日の方は現金実査しておいてください[2024年03月29日(Fri)]
毎年のことですが、少なくとも年度末くらいは現金実査やって、
金種表を作って保管しておいてください。

3月31日が日曜日のため、本日が最終営業日の方も多いはず。
帰り際にやっていきましょう。

ひな型提供
金種表.xlsx
統計データから見るおもしろさ〜「NPO代表者白書」調査結果速報版を読む会[2024年03月16日(Sat)]
本日は、こちらの調査結果速報版を読む会を開催しました。
おもしろかった。

NPO事業承継センター・セミナー「NPO代表者白書」調査結果速報版を読む会〜愛知編 開催のお知らせ|ボランタリーネイバーズ
www.vns.or.jp
今日の特徴
・NPO実践者、研究者、支援者(税理士・診断士含む)、行政など、多様な立場の人が参加
・全国調査のうちの愛知版のため、全国と比較した愛知の特徴が明らかに!

報告者のNPOサポートセンター松本代表の資料がわかりやすく、その後の質疑応答・意見交換も活発に行われました。

今日のキーワード
・事業承継は組織が変わるチャンス
・事業承継はタブー視?触れづらい話題
・中期ビジョンをつくっているか?
・代表の属性
 常勤/非常勤 創業者/2代目以降 の違いがあるのでは?
・ジレンマと向き合うのがNPO
・NPOの事業承継は代表だけのことでない、体制、理事会、事務局長・・・

今日は楽しかった。
全国と愛知の比較をしたこと
研究者同士の議論
研究者×実践者×地域 で特徴を再認識

完成された調査報告書ではなく、
未完成の物だからこそ読むおもしろさがある、そんな日でした。
同じようなできごとでも、同じ仕訳にはならない。という判断は理屈がわかっていないと難しい[2024年03月14日(Thu)]
最近受けたご相談、
福祉事業所で、実地調査があり、多額の返戻金が発生した。

いつもであれば請求額と入金額の差の過誤請求分は、未収金を減額する反対仕訳で処理しているが、今回は金額が大きいし、前年度の分もあるし、どうしようというご相談

**********
返戻があった場合2つの処理方法があります。

パターンA:翌月以降の給付金額から相殺する
(通常の請求時)
未収金100/●●事業収益100

(返戻の事実が分かったとき)相殺仕訳をする
●●事業収益5/未収金5→事業未収金残高95

(入金時)
普通預金95/未収金95→未収金残高0

パターンB:振込・引落によって直接返金する
(通常の請求時)
未収金100/●●事業収益100

(返戻の事実が分かり、返金した時)
●●事業収益5/普通預金5→未収金残高100
重要性が低い場合は、●●事業収益の減額でよいが、
重要性が高い場合は、「過年度損益修正損」などで処理します。

(入金時)普通預金100/未収金100→未収金残高0

********************
「返戻があった」だけでは判断のしようがない。
返戻があって、このようなかたちで相殺・減額することになった、
ということで処理が決まってくる。

このあたり、リクツがわかっていれば仕訳の想像ができるが、
そうでないと、間違った処理をしてしまうことになる。
で、決算時に未収金が異常値になっていることに気づき、あたふたすることになる。

経理もかなり自動化されてきている今日、
イレギュラーな取引についての判断こそ人間が目を光らせる必要があるところとなる。
であれば、担当者に求められる経理レベルは昔よりは高くなるわけで、
大変な時代になっているのである。
麺や八刻丸〜NPO法人Treasure Ship[2024年03月10日(Sun)]
先日、YouTubeで見つけて気になったお店でランチしてきました。

https://youtu.be/benRwxIC2iM?si=IbsMRli9b47Ght6M

JR神領で下車、ここは春日井市。
20分ほど歩いて名古屋市内のお店へ。

カツ丼、カレーうどん、選べなくて
カツカレーうどんを注文

カレーに野菜が溶け込んでいて、好みでした。

就労支援事業所かな、と思いましたが特に表示なし。

次はカツ丼や、あんかけうどん、きしめんも気になります。


帰りはゆとりーとの駅まで7分ほど、
意外と徒歩の距離が少なくて済みました。
給料計算、いろいろ変わります。料率改定等のメモ。2024年3月分(4月支給)〜[2024年02月24日(Sat)]
料率の更新等ありますので、メモ貼り付けます。

・令和6年度保険料額表(令和6年3月分から) ※愛知県の場合
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g7/cat330/sb3150/r06/r6ryougakuhyou3gatukara/

・雇用保険料率は変わらず
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-hellowork/content/contents/001734772.pdf

・労災保険料率は変更あり
https://www.mhlw.go.jp/content/rousaihokenritu_r05.pdf

・所得税の特別減税
令和6年6月1日以降支給給与で反映

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/0023012-317.pdf

・住民税も特別減税
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/s_kondan/pdf/r051026_siryou.pdf

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/0023012-317.pdf

こんなの、ちゃんと正確にやれるかしらと、今から心配。
今年のふりかえり[2023年12月31日(Sun)]
今年のふりかえり

2023年うさぎ年の目標は下記の3つでした。

1.海外スタディツアーに行く

2.note にチャレンジ

3.インプットの時間を増やす

1.海外スタディツアーに行く
これは実現できず、でした。
ただ、2月に母と愛知県の島に行く予定を入れ、年度内実現を画策。
また、所属している税理士法人TAG経営ではベトナムプロジェクトがだんだんかたちになってきたので、そこに乗っかって、2024年は行けたらなとは思う。

2.note にチャレンジ
これもある程度はやれた、△というところかな。
最初はだいぶかけていたのだが、いろいろつまづくことがあり、自分が自由にものをいうことがマイナスの影響になるのではないかということが怖くなる時期があった。で、モノが書けなくなった。

また、品質を保とうと思うとなかなか出せない。

ここは、品質よりも、量を大事にしようということで整理して、今も続けています。

3.インプットの時間を増やす
当初はまとまった時間をとって税理士業務に役立つようなことをと考えていた。結果的には、幅広いインプット、という方向に行った。10月ころから 眼精疲労が強くて読書ができず、Audibleに切り替え。そこから紆余曲折して、最近は小説をよく聞くようになった。最初は仕事に役立つものをと思っていたのだが、そうでないもの、ひとの合理的でない動きや気持ちを追っていくことになる。そういうことが、組織や事業の”あり方”の根底に響いてくるものになる。

予定外の達成

で、来年はどうしましょうか
それは今日から明日、考えます。
NPO決算書の「読み方」講座@地域福祉サポートちた[2023年11月13日(Mon)]
NPO決算書の「読み方」講座を開催します。

主催:地域福祉サポートちた

資料をつくりながら、この何年かで学んだことを惜しみなく入れてしまいました。
「ココだけは押さえておいてね」ということで、かなりポイントは絞り込んだつもり。

https://sunnyday-cfsc.ssl-lolipop.jp/50_ivent/50-91_2023manesemi2.pdf

50-91_2023manesemi2チラシ.jpg
NPO会計サポートコミュニティ 次は12/8(金)17時〜です[2023年11月13日(Mon)]
NPO会計サポートコミュニティ 次は12/8(金)17時〜です

(詳細はこちらから)
https://www.npokaikeikijun.jp/event/kaikei-com2023/

◆ 日 時
2023年12月8日(金)午後5〜7時

2024年2月2日(金)午前10〜12時

◆ アドバイザー
 NPO法人会計基準協議会の世話団体

◆ 対 象
 全国の市民活動支援組織のスタッフ、NPO会計サポーターなど
※ これから会計サポートに取り組もうという意欲のある未経験者も大歓迎です。人材育成の機会としても位置付けていただいて結構です。
※ 学び合う意欲のある会計税務専門家もご参加可能です。
※ 1団体につき複数名でのご参加も歓迎です。
愛知県「2023年度NPOマネジメントスクール」の参加者募集開始[2023年10月05日(Thu)]
愛知県「2023年度NPOマネジメントスクール」の参加者募集、開始です。

毎年、少しずつ変わっています。
また、新しく役職員、担当になられた方には、まとまって、学ぶ機会になります。
ぜひご参加ください。


Microsoft Word - マネジメントスクール申込書.jpg

https://www.pref.aichi.jp/press-release/-npo2023.html
NPO会計サポートコミュニティ 次は10/6(金)10時〜です[2023年10月04日(Wed)]
NPO会計サポートコミュニティ 次は10/6(金)10時〜です

(詳細はこちらから)
https://www.npokaikeikijun.jp/event/kaikei-com2023/

◆ 日 時
 2023年6月2日(金)午前10〜12時

 2023年8月4日(金)午後5〜7時

 2023年10月6日(金)午前10〜12時

 2023年12月8日(金)午後5〜7時

 2024年2月2日(金)午前10〜12時

◆ アドバイザー
 NPO法人会計基準協議会の世話団体

◆ 対 象
 全国の市民活動支援組織のスタッフ、NPO会計サポーターなど
※ これから会計サポートに取り組もうという意欲のある未経験者も大歓迎です。人材育成の機会としても位置付けていただいて結構です。
※ 学び合う意欲のある会計税務専門家もご参加可能です。
※ 1団体につき複数名でのご参加も歓迎です。
| 次へ