CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
元旦から、犬山市市民活動支援センター(しみんてい)に行ってきた[2020年01月01日(Wed)]
元旦から、犬山市市民活動支援センター(しみんてい)に行ってきました。
1月1日に空いている市民活動センターはここくらいじゃないんでしょうか。

http://inuyama-shimintei.com/

午前中は甘酒?のふるまいがあって大賑わいだったとのこと。
私がうかがった午後は縁側にいたスタッフがオブジェ的にもいい感じでした。

途中、「オムツ変えてもいいですか」という観光客ご一家がいらっしゃり、
障子の戸を閉めての急きょおむつ替えスペースができました。
また、トイレを借りに来るひともチラホラ。

城下町の市民活動支援センターの元旦でございました。
※ちなみに、職員さんは交代で担当しているとのことでした。

IMG_2317.HEIC
2020年の抱負[2020年01月01日(Wed)]
2020年の抱負

今年は新年をお祝いでいきない状態であるため、過ごし方がわからないでおります。

ことし力を入れたいこと3点

1、クラウド会計でバックオフィスを効率化するための業務フロー設計と運用
人でも時間も足りない中で、今後のバックオフィスにおいてはクラウド会計の利用は不可避です。これで時間と気力を節約して、その分の力を別のところに注がないということは、資源を有効活用できていないことになるのではないでしょうか。

その一方、「会計知識がなくても、決算書までラクラク!」というアナウンスには「ウソツキ!」と声を大にして言いたい。システムだけ入れてもダメで、業務フローの見直し(誰が何をやる、それは必要か?新たに必要となるものは何か?の整理)と定着までの試行錯誤が必要となる。2−3か月分の月次決算+決算を超えないと、安定運用には至らない。そのあたりをやりたい。

また、これを安定的に運用することによって、被災時の被災地NPOの支援につなげていくことも考えたい。被災地NPOに多額の寄付が寄せられる、助成金や寄付金が寄せられる、会計作業は後回しになるが、だいたい年度末には報告期限が来る。こういったことについて、ジム効率化オタの出番と役割があるのではないかと思っている。

2、再スタート・リブートとしてのNPO事業承継
NPOの事業承継はいくつかご相談を受けながらすすめているものの、難しい。
「承継」といいつつも、次の担い手は再スタートと位置付けて、時代に合わせて組織とあり方をアップデートしていくという設定でやる方がいいのかなと認識が変わりつつある。

そういうことも含め、今後3年で100人にNPO(法人)の事業承継の体験談を伺い、何がターニングポイントになったかのききとりをし、俯瞰するような取り組みをしたい。

3、小さなお茶会「ひとりだと読めないものを読んでおしゃべりするプロジェクト
2019年の終わりがけから始めたことを、無理のない範囲で継続する。

ここのところ、情報が多すぎて、その「意味」を考える機会が減ったと実感している。SNSでは、自分の考えをまとめて発信しないといけない、スピードが速すぎて発言しようと思っていた頃には時期を逸していることがよくある。

だから、短めの資料をおやつに、そのテーマに関心のある異なる立ち位置の人が少人数で集まって、知識の方ではなく立ち位置の違いを楽しめるような場を継続したい。

+自分も周りも機嫌よくお仕事できるためのメンテナンス
20代のころは大きなショートケーキ+コーヒーを御褒美に仕事ができた。
30代のころも美味しいものを食べれば頑張れた。
最近は美味しく食べられる量が減っているため、新たな自分をアゲる技を探す必要性がでてきている。いまは温泉が仮説として有力候補です。

ということで、自分のメンテナンスのクスリを探します。


2019年のふりかえり[2019年12月31日(Tue)]
2019年のふりかえり

2019年の抱負は「(自分が)がんばらない」でした。

結果としてはいろいろがんばりすぎてしまいましたが、
後半はいろいろな人の力を借りて、ものごとをすすめることができました。
特に愛知県や名古屋市の評価関連事業の委託事業においては、
地元人材でチームを組んで対応すること、
事務局の役割を設定し直すこと、
など、ということができました。

今年は頸椎ヘルニアで3週間ほど絶対安静だったり、
咳喘息になったりと健康面では不遇な年でした。
今まで大病や入院をしたことはなかったのですが、
無理が効かないということを自覚して生きていくところまで来たのだときづきました。

そういう立場になると、自分が若い時に呑みながらのお悩み相談に付き合ってくれた年上の諸先輩方には、だいぶ無理をさせていたのではないかと今になって申し訳なくなります。それぞれの生きる場・道が変わりもう会うこともないのですが、やってもらってよかったことはほかの方にやるということは心がけたいところであります。

+アルファ
生まれてこのかた、山葵を食べると涙が出る体質だったのですが、
最近は場合によっては山葵をたのしむことができるようになってきました。
(ただし、体調や相性によります)オトナの階段昇っています。
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会R、開催しました。[2019年12月28日(Sat)]
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会を開催しました。

日時;2019年12月28日(土)14;00ー16;00
場所;貸し会議室 アクションラボ 9階 グローバル会議室9C
参加費;500円(お茶代)
呼びかけ人;中尾さゆり、リンクリンク神朋代

本日は、自己紹介と休眠預金活用に関して気になっている点をお聞きし、
下記の公開資料を「読み解く」というかたちで進行しました。

●今日の話題からのセレクト
・CRCDFの説明会に説明した方は休眠預金=チーム申請だとおもっているが、ほかの資金分配団体の公募は単独申請前提。出どころによって違うから注意。
・チーム申請しかダメとなるとハードルが高すぎ、申請できる団体は限られる。新規事業の創出、ステップアップとしての事業づくりと段階を踏んで申請できるようなかたちにならないものか。モリコロの初期活動(30万円)ー展開期活動(100万円)ー大規模活動(500万年)といった成長ルートがあるとよい
・全国枠、地域枠、SB、災害などいろいろな枠がある。自分たちが考えていることと応募する側の期待とのマッチング読み取りが求められる。
・申請はNPO法人に限られておらず株式会社等も可能であるが、ものによっては非営利組織限定だったりする。どの組織の枠組みをつかって申請するかも大事。
・応募要領はまだ公開されていないところもある。それでどんな団体が出してこれるの?
・とにかく、不明な点はメール等で問い合わせていくのがいいのではないか。地方の案件や動きなどを資金分配団体の方にも知っていただき、そのようなものを応援する必要性・重要性も考えていただけるような働きかけは必要。
・こうやっておしゃべりするのもいいよね。

●参考資料
・内閣府審議会資料
https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/shingikai/20191220/shingikaisiryou.html

・JANPIA;実行団体の公募要領、順次掲載されています
※資金分配団体のHPに掲載されているが、こちらに掲載されていないものもアリ
https://www.janpia.or.jp/

・CRCDF Q&A  https://www.crcdf.or.jp/9_kyuminyokin/kouboqa20191216.pdf

●今後のこと
私自身、講座等の情報提供でなく、みんなで読み解く会を今後はやりたいと思っています。また一緒に企みましょう。
D0D2E21E-153C-4A6F-8B44-68F2D3D7027E.jpeg2786BA7E-466C-4364-9879-B66F9549816D.jpeg
1/13(月・祝)10時〜NPO会計お悩み解決相談会!〜NPO会計力検定テキストを片手に〜[2019年12月27日(Fri)]
〜NPO会計力検定テキストを片手に〜NPO会計お悩み解決相談会!

NPO会計力検定の申込期限が1月20日に迫ってきました。今回は、会計力検定で使用するテキストを片手に、NPO会計に関するさまざまなお悩みについてのグループ相談会を開催します。NPO会計を勉強したいかた、NPOに会計担当としてかかわりたい方、会計担当者を探している方のご参加をお待ちしております。

□NPO会計担当になったけれど、今のやり方でいいのかわからない
□NPO会計担当者が育たない 
□いきなり任されたため、何から始めたらよいかわからない
□会計担当者は孤独だ・・・

日時:2020年1月13日(月・祝)  10:00〜12:00
会場:名古屋国際センター 第3会議室(名古屋市中村区那古野一丁目47-1)
参加費:1,000円
*会計力検定テキスト(入門編1500円+税、基本編2000円+税)は別途実費で販売します。
対 象:NPO会計に従事している方・興味ある方・お悩みのある方
定 員:10人※定員になり次第締め切ります

【申込方法】
@ 参加者名、A所属、Bテキスト購入有無、C電話/E-mailをご記入の上、下記までお申込み、もしくは 申込フォームに必要事項をご記入の上、送信ください。

【申込問合せ】特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ(担当:中尾・遠山)
TEL 052-979-6446 FAX 052-979-6448 Email:sodan@vns.or.jp

主催:NPO法人ボランタリーネイバーズ
共催:NPO会計支援センター 
協力:(一社)NPO会計力検定協会

PDF ファイル.jpg
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会R[2019年12月25日(Wed)]
休眠預金実行団体の応募要領のおしゃべり会R

休眠預金実行団体の応募要領が出てきました。
休眠預金って、なんだっけ?
資金分配団体によってだいぶ募集している内容がちがうみたい
これってウチのNPOに関係するの?

そんなことをおしゃべりする会を開催します。
お気軽にご参加ください。

日時;2019年12月28日(土)14;00ー16;00
場所;貸し会議室 アクションラボ 9階 グローバル会議室9C
https://action-labo.net/
名駅 ナナちゃん人形より徒歩3分
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オルバースビルディング名古屋
参加費;500円(お茶代)
定員;8人

呼びかけ人;中尾さゆり、リンクリンク神朋代

特別な準備は必要ありませんが、休眠預金に関するWebサイトをみておいて、おしゃべりしたいことをイメージしておいていただけるとよいです。

●内閣府審議会資料
https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/shingikai/20191220/shingikaisiryou.html

●JANPIA;実行団体の公募要領、順次掲載されています
https://www.janpia.or.jp/

お申し込みはFBイベントページより
https://www.facebook.com/events/584007652143374/
2/14愛知県「休眠預金キックオフミーティング」があります[2019年12月25日(Wed)]
2/14愛知県「休眠預金キックオフミーティング」があります。

一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 事務局次長 鈴木 均(ひとし) 氏による講演「休眠預金等活用制度の現状と今後」のあと、質疑応答の時間が設けられています。私はその後の「参加者との意見交換」50分間のファシリテーターをつとめます。

休眠預金を活用したNPO等への助成募集は始まったけど、結局よくわからない、
というようなことも聞きます。まだまだ始まったばかりですので理解をする機会をもつ、意見交換を通じて制度を育てていくということもだいじです。モリコロ基金のときも、始まったばかりの時と10年後の終了時点ではだいぶ変わっていました。助成制度の利用者とのコミュニケーション・社会や時代の変化を反映した結果だと思っています。直接話ができる時に伝えておくことは大事。

ということで、ぜひご参加ください。

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/syakaikatsudo/social-impact2.html
以下、案内文より転載
************

 NPO等の民間団体が行う公益活動を促進するため、休眠預金等活用法に基づくNPO等への助成が今年度中に開始される予定です。
 愛知県では、NPOや中間支援組織の皆様に、この新しい助成制度について理解を深め、資金獲得の参考にしていただくことを目的として、「休眠預金キックオフミーティング」を開催します。当日は、国から制度の中心的な役割を担う「指定活用団体」に指定された、一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA(ジャンピア))から講師を招き、助成を受けようとするNPOが留意すべきことや制度の普及に向けた課題などについてお話いただくとともに、参加者との意見交換を行います。
 皆様の御参加をお待ちしています。
1 開催概要
(1)日時
   2020年2月14日(金曜日)午後2時から午後4時まで(受付は午後1時30分から)
(2)場所
   愛知県女性総合センター(ウィルあいち)2階 あいちNPO交流プラザ会議コーナー
  (所在地 名古屋市東区上竪杉町1、電話番号 052-961-8100)
(3)内容
   14時00分〜 開会
   14時05分〜 講演:休眠預金等活用制度の現状と今後
            講師:一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA)
                事務局次長 鈴木 均(ひとし) 氏
   15時10分〜 参加者との意見交換
            ファシリテーター:特定非営利活動法人 ボランタリーネイバーズ
                       副理事長 中尾 さゆり 氏
(4)対象
   NPO(任意団体を含む)、中間支援組織職員
(5)定員
   50名(申込先着)
(6)参加費
   無料
(7)申込方法
   2020年2月10日(月曜日)までに、以下1〜4の事項を記載の上、郵送、
   電子メール又はFAXで下記の申込先までお申込みください。
   1 氏名(複数可)、2 所属、3 連絡先(電話番号、FAX番号又はメールアドレス)、4 事前質問(任意)*定員を超え、参加いただけない場合のみ御連絡します。

2 講師及びファシリテーター略歴
(1)講師:一般財団法人 日本民間公益活動連携機構 事務局次長 鈴木 均 氏
 元NEC(日本電気株式会社)CSR推進部長および株式会社国際社会経済研究所代表取締役社長、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科客員教授、特定非営利活動法人 サステナビリティ日本フォーラム理事、公益財団法人日本盲導犬協会評議員他、NEC時代に特定非営利活動法人ETIC.との連携でNEC社会起業塾を立ち上げた。著書に「ステークホルダー・レビューによるCSRの経営への統合化促進、企業と社会フォーラム編」等。

一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 
 2018年7月に一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)により設立。休眠預金等活用制度において、民間公益活動促進業務の中心となり、事業計画等に基づき資金分配団体を選定し、資金分配団体に助成を行う「指定活用団体」として、2019年1月に内閣総理大臣から指定された。

(2)ファシリテーター:特定非営利活動法人 ボランタリーネイバーズ 副理事長 中尾 さゆり 氏
 認定特定非営利活動法人 NPO会計税務専門家ネットワーク 理事、税理士。特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズでは、主に相談事業・研修事業等に従事する。2019年度には、愛知県「社会的インパクト評価実践事業」を受託し、企画・運営に携わる。

愛知県県民文化局県民生活部社会活動推進課NPOグループ(担当:渡辺、大久保)
  住所       〒461-0016 名古屋市東区上竪杉町1ウィルあいち2階
  電話番号    052-961-8100 、 FAX番号    052-961-2315
  メールアドレス npo-plaza@pref.aichi.lg.jp

PDF ファイル-001.jpg

PDF ファイル-002.jpg
休眠預金の応募要領を目の前にしてモーニングセッション〜3人寄れば文殊の知恵〜[2019年12月22日(Sun)]
休眠預金の応募要領を目の前にしたモーニングセッション

日 時;2019年12月22日(日)10ー11時ころ
場 所;マカロニ(名古屋駅うまいもん通り)
参加者;3名

昨日の昼に急に思い立ってFB投稿したにもかかわらず、3名が集まることができました。

今日の話題;休眠預金の実行団体、応募要領を読もう

ということで、モーニングをいただいながらのおしゃべりタイム。
○そもそも、いまはどの段階?
指定活用団体募集・決定(JANPIA)
→資金分配団体を募集・決定
→実行団体を募集 ※イマココ

○どんな事業があるの?
JANPIAのWeb等を参考に、CRCDF説明会で配布された一覧表をもとに、全体像をチェック
関心のあるところの募集要領をみていきました。公募要領が出ているものについてはJANPIAのWebサイトに集約されています
https://www.janpia.or.jp/other/news/dantai/dantai_20191219.html

○感想・発見
・資金分配団体により応募内容が異なる。が、構成はほぼ同じであるから、ひとつを読み込んで置いて、募集要領が出るたびにほかのものも検討することも可能。

・募集締切は12月のものもあるし、募集要領自体が1月中旬発表というものもある。

・実行団体の申請段階では、評価のことを書く欄は思ったよりも少ない

・思ったより1つ1つの助成金額は少ない(モリコロ展開期から大規模)

・おおむね3年計画を考えないといけない(単年度ではない)

・3年分の申請をするのであるが、次年度新規に同じ申請枠があるわけではない(次年度、どのような募集があるかの予測を立てにくい)

・資金分配団体の 資金分配団体の公募結果を事前にみておくといいかも。各資金分配団体の考え方やだいじにしていることがある程度把握できる。
https://www.janpia.or.jp/koubo/index.html#anchor00

・ガバナンス系の書類が大量に要求されるが、これはあとでもよいことになっているものが多数→書類申請の優先順位付けをつけて書類を作成しよう

BDC39940-5F10-4DA7-98FA-7D1BC4217A7F.jpeg
地域福祉サポートちた20周年記念行事[2019年12月15日(Sun)]
地域福祉サポートちた20周年記念行事に参加してきました

地域福祉サポートちた20周年記念行事 次世代とともに これからの社会を考える

日時:2019.12.15(日)13:00-17:00
場所:知多市勤労文化会館やまももホール
内容:太鼓の演奏・踊り
   サポちた20周年の歩みのスライドショー
   講演会「幸せのメカニズム - 幸福学入門 」講師:前野隆司氏
   パネルディスカッション「NPOのメカニズム」
    ファシリテーター:三矢勝司氏(岡崎まち育てセンター・りた)
    パネラー:松下典子氏(ゆいの会)
         出口晋氏(ゆめじろう)
         土肥りさ氏(PakaPaka)

https://sunnyday-cfsc.ssl-lolipop.jp/50_ivent/50-56_sapo20th.pdf

地域福祉サポートちたの20周年に参加してきました。
会場は満席で200人ほどいたのではないでしょうか。
近隣市町の市長等も参加し、盛大に行われました。

個人的には、下記のようなことをもっと話してみたかったです。
・幸せの4つの因子とNPOやまちづくりに参加することの関連性
 NPOやまちづくりに参加するから幸せになれるのか
 幸せな人だからNPOやまちづくりに参加できるのか

・0-100歳というサポちたの掲げているスローガンと4つの因子・パネラーや参加者の活動との関連

・三矢さんがまとめられた、NPO=Next Paladime 

4時間は長いと思ったが、20年を振りかえり次を展望するには短い時間でした。

IMG_0201.HEIC

IMG_0196.HEIC

IMG_0202.HEIC

IMG_2235.HEIC
中部圏地域創造ファンドの休眠預金説明会に参加してきたよーNPOによる協働連携構築事業の特徴[2019年12月10日(Tue)]
中部圏地域創造ファンドの休眠預金説明会

日時;2019年12月10日(火)18;15ー21;00
場所;ウィンクあいち
主催;中部圏地域創造ファンド


中部圏地域創造ファンド(CRCDF)の休眠預金説明会に参加してきました。
特徴は下記の通り。
https://www.crcdf.or.jp/

休眠預金を活用したものは他にもあります。
CRCDFの枠組みではウチは申請しにくいな、という場合は下記の別資金分配団体が行うものを検討するのも一つの手です。
https://www.janpia.or.jp/

IMG_2219.HEIC

●CRCDF;NPOによる協働連携構築事業の特徴(私見です)
1、チームで申請
申請は実行団体はコーディネート団体と課題実行団体とで「チーム」を組んで作成・提出
申請や添付書類はコーディネート団体・課題実行団体、それぞれにおいて作成
契約は資金分配団体(CRCDF)とコーディネート団体、各課題実行団体がそれぞれ直接契約することとなる。チーム≠コンソーシアム。

2、基本、3年計画をつくる

3、相談コーナーはない
メール、ファクスでの問い合わせは可能

+事業計画以外のガバナンス系書類がたくさん必要
+評価に関する研修等をひととおり受けていると、申請書類の意図を理解しやすいかも

→個人的分析;どこへ行くのか?誰とパーティを組むのか?が重要
F717249B-E834-4CFF-9BA1-54BA190EFB4F.jpeg
| 次へ