CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

さくら猫やまぐちのブログ

さくら猫やまぐちのブログです。譲渡会のご案内や参加猫(時々犬)の詳細、TNR活動の様子などの情報を発信していきたいと思います。


保健所収容の子達について [2021年05月18日(Tue)]
皆さんに知って欲しい、山口県の保健所に収容されている、犬猫たちについてのお話しをさせてください。
保健所に収容されている犬猫の事をご存知でしょうか?
捕獲された野犬、迷子の犬猫、飼い主が飼えなくなったからと持ち込まれる犬猫、糞尿に困るからと捕獲されて住民に持ち込まれる野良猫など…様々な理由をつけられて、毎日のように、どこかしらの保健所に収容されています。

令和元年度は、犬が62頭、猫が377匹、悲しい事に、人間の都合により殺処分されています。
保健所に収容されると、1週間の命の期限がつけられ、その間に里親さんや、保護団体さんが迎えに来てくれなければ、ほとんどの子は殺処分という運命が待っています。

各保健所に登録されているボランティアさんの働きかけにより、里親さんになってくれている方も増えてはいますが、ボランティアさんは、ご自分の時間を削って奔走されています。

犬や猫を家族に迎えようと思われている方は、ペットショップに行く前に、まず、保健所に収容されている子を見ていただきたいです。
人間だけの世界ではないのに、なんでこの子達がこんな目に合わなければならないのか…お子さんも一緒にご家族で考えてみてください。

さくら猫やまぐちは、保健所に収容される猫を減らすためにも、野良猫の不妊手術を進めていく事を目標にしています。
ご飯をあげるなら、増やさないために不妊手術を。野良猫がいるなら、不妊手術をしてあげる、本当の意味で猫のために優しい気持ちを持っていただきたいです。
ご相談もお受けしております。

山口県のHP・殺処分数が掲載されています↓

山口県の収容動物情報↓
※保健所への苦情や、里親になるつもりもないのに安否の確認をするなどは、業務の妨害になり、ボランティアさんの活動の妨げになるだけで、犬猫の為にはなりません!くれぐれもおやめ下さい。
Posted by さくら猫やまぐちスタッフ at 13:47 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
コメント