CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

さくら猫やまぐちのブログ

さくら猫やまぐちのブログです。譲渡会のご案内や参加猫(時々犬)の詳細、TNR活動の様子などの情報を発信していきたいと思います。


TNRと悲しい知らせ [2021年04月20日(Tue)]
今晩、悲しいお知らせが届きました。
昨年、TNR(野良猫に不妊手術をし、元居た場所に戻す)のお手伝いをしていた地域の、とっても人懐こい子が、雨の強い日に車に轢かれて亡くなっていたと…。
その子も私たちが、手術に連れて行った子でした。
まだ産まれて、一年ほどなのに、とても残念です。
ご飯をあげられていた方がわざわざ、お世話になりましたと、お知らせに来てくださいました。

可愛くて、馴れていた子なので、里親さんも見つかるのではと、お世話されていた方のご希望もあり、チラシでは、里親さんの募集をしていました。
保護してあげられれば良かったのですが、TNRの子と、当時保護していた病気の仔猫達の事で、毎日忙しく、その余裕がありませんでした。
私たちのグループは、小人数で、シェルターなど、保護する場所もなく、基本的に保護は受けておりません。
保護する時は、自分の責任で、自宅での保護になります。お金もかかるし、時間もとられます。

全ての子を保護するわけにもいかず、不妊手術後は、元気でいてねと願いを込めて、元いた場所に返します。

事故でなくなったり、病気や怪我で亡くなったり、子猫のうちに亡くなってしまう子も多く、野良猫の寿命は、平均5年とも言われ、お家にいる子の半分以下の猫生です。
そういう子を増やさない為にも、ただご飯をあげるのではなく、不妊手術をしてあげてください。
それだけで、その先に過酷な環境に産まれてくる命を無くす事ができます。
ご飯をあげる優しさがあるなら、もう一歩踏み込んで、不妊手術をしてあげましょう。
その時に困った事があれば、ご相談ください。
微力ですが、力になれる事があると思います。

外での生活は本当に過酷です。
野良猫を増やしてきた原因は、人間です。
動物は、ただただ一生懸命にその時を生きているだけで、何も悪いことなどしていません。
人間だけの、世界ではありません。
増やさない事が、猫にとっても、人にとっても、今出来る最善だと思います。
長くなってしまいましたが、命の為にもう一歩の思いやりをお願いします。
Posted by さくら猫やまぐちスタッフ at 22:41 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
コメント