CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年12月22日

さくら会の忘年会

今年も、12月まで、みんながんばってきました。

そこで、今年のさくら会の忘年会は手作りのお料理でやることにしました。


P1080085.JPG

お料理は、
さくら会の料理研究家 阿部八重さん
の作品です。

写真のお料理の
・から揚げとごぼうと人参のから揚げ
・黒豆
・卵焼き
・なます
・じゃかいもの揚げ煮

・かぼちゃのそぼろ煮(冬至だから)
・赤かぶの浅漬け

黒豆は、ふっくらつややかに煮てあります。

から揚げの味付けは、阿部家のかあさんの味「にんにく、しょうが、しょうゆ、酒、みりん」で
とりもも肉を味付け、片栗粉をお肉のつけ汁に絡めて、油で揚げます。

卵焼きは、ほんのり甘い。

料理研究家の阿部さんは、本当に家庭の味、かあさんの味!

そして、蒲田名物の羽根つき餃子も登場しました!

今日の忘年会で、みんな料理をやってみたいことがわかりました。
日頃、グループホームでは火を使わないとか、個人で料理を
作ったらダメとか、いろいろ制限があって
自由に料理を作ることができないという話になりました。

そして、得意メニューがあることもわかりました。
ということで、腕前を披露することになりました。

次の料理番を決めて、メニューも決めました。
次回のメニューは「レバニラいため定食」
お味噌汁は、煮干しでだしをとる!
これに
チャレンジします!
レバニラ炒めの好きな方は、ぜひおいしいレシピをご紹介ください



posted by 岡庭千泰 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

「やってみよう いってみよう チャレンジしよう」に参加しました

11月23日、24日に東京で開かれた
本人活動連絡協議会の本人活動交流会に参加しました
今回の特徴は、「チャレンジしよう」という体験ワークショップがあったことです。

自分のことを言うには、自分の気持ちを表現することが大切です。
表現すること、楽しい、面白い、きれい、難しい、いやなど、
さまざまな気落ちを表現するために、
写真のワークと、ダンスのワークをやりました。
どちらプロ、プロ級の腕前の方に講師をお願いしました。
写真は、プロカメラマンの杉田賢治さん
ダンスは、数々の賞を受賞している小林鉄郎さん
知的障害のある方々に、基本のところから 
わかりやすく教えてくださいました。

DSC_0044.JPG



写真ワークも、ダンスワークも
参加者は、これまでも写真を撮ったりしていますが、プロに習うのは
初めてです。
ダンスをやっている人も、プロのダンスをまじかに見たり、習ったりすることは
初めてです。

DSC_0046.JPG


90分ほどのワークでしたが、基本を習いました。
難しかったけど、習うことは楽しい、あたらしいことは楽しい。と参加者から
感想がありました。

そのあとの、「夢を実現するのは誰?」というワークショップを
2つのグループにわけてやりました。
これも、実践的なワークの後だけに、自分のやりたいことがはっきりしたと
言う声が多くありました。
新しいことに挑戦したり、話し合ったりするうちに、
本当のことが言えるようになってくるそう感じた人が多かったと思います。

はじめて参加した人の、「興奮の1日だった」と感想がありました。

今後は、8月の写真コンテストに向けて、写真ワークに参加した人たちは
頑張ります。
posted by 岡庭千泰 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動