CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年07月20日

西日本の本人活動リーダー研修会開催地決定

本人活動リーダー研修会in西宮のお知らせ

本人活動連絡協議会では、東日本で1か所、西日本で1か所の2か所で
本人活動リーダー研修会を開きます。

西日本の開催地は、兵庫県西宮市に決定しました。

開催日  2009年10月11日(日)

会場   西宮市総合福祉センター
      (兵庫県西宮市染殿町8−17 рO798−33−5501)

 本人活動リーダー研修会のプログラムも追ってお知らせいたします。

posted by 岡庭千泰 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2009年07月14日

西日本チームが活動開始

7月12日(日)
岡山県にて、本人活動連絡協議会の西日本のメンバーが集まりました。
内容は、10月に兵庫県西の宮市で開催を予定している本人活動リーダー研修会の企画立案です。
地元でも、強力してくれる人が名乗りをあげてくれて、司会や記録を手伝ってくれることに
なりました。

企画、実行を自分たちで、取り組みをつくつっていきます。

福島県のリーダー研修会の要綱を参考に意見を出しました。

西の宮市では、このような研修会ははじめてです。

企画の内容は、担当はどうするか。分科会の企画はどうするか。
要綱は、どこに送るか。


いざ、自分たちで検討することがたくさんあることがわかりました。

7月19日に、地元で話し合いはあります。

がんばって、いきましょう!





posted by 岡庭千泰 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2009年06月20日

本人活動リーダー研修会イン郡山

本人活動リーダー研修会イン郡山の企画が出来てきました。
東北方面の方で、本人活動に興味のある方、是非郡山で会いましょう。要綱ができましたら、またご案内させていただきます。

本人活動リーダー研修会イン郡山 要綱

    〜本人の声で、支援者を変えよう〜

(よびかけ)
本人の会が各地域に増えてきました。
わたしたちは、本人活動が全国にひろがるように、自分たちで運営できるように、本人活動リーダー研修会を企画しました。
本人活動リーダー研修会は、自分のため、仲間のための勉強会です。はじめての人は、楽しく学んで 友だちをつくってください。
本人活動している人は、自分たちで活動していくことや、自分の力をつけてください。支援者は、本人の声を聞いて学んでください。
今回は、「初めての人のための分科会」「本人活動している人のための分科会」
「支援者のための分科会」を企画しました。今年は、福島県(郡山市)と兵庫県(西宮市)で開催します。ぜひ、お近くの会場にご参加ください。おまちしております。
  
主催  全国本人活動連絡協議会
共催  日本財団
参加費  1、000円        
 (ガイドヘルパーは参加費がかかりません)
月 日  2009年8月9日(日)
場 所  郡山市労働福祉会館
      郡山市虎丸町7番7号

≪プ ロ グ ラ ム≫
9:30 うけつけ
10:00 開会
    開催地あいさつ
    連絡協議会あいさつ

     リラックスタイム
10:30 分科会
@はじめて本人活動に参加する人のための分科会
A本人活動をしている人のための分科会
B支援者のための分科会

12:00 おひる

13:00 全体会

分科会報告

14:00 ロールプレイ

15:30 ラスト30分は たのしく もりあがろう

16:00   おわり
      交流会もあります
posted by 岡庭千泰 at 17:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動

2009年06月16日

本人活動の本できました

 2007年度から取り組みをスタートした本人活動リーダー研修会も1年目を
終わり、どんなことがやりたいかようやく、各地域から集まった本人活動のリーダーの
みなさんにも見えてきたと思います。

@本人活動の本が 完成しました。
本人活動リーダー研修会と合わせて、本人活動の本作りも行い、その本も完成させることが
できました。

本のタイトル:
「ひとりじゃない 今から本人活動をはじめよう」です。




A4サイズ 24ページに 本人の会を自分たちで活動する方法をまとめました。
1冊500円で販売もいたします。

また、ご希望の方には、テキストデータも準備いたします。

お申し込みは、 
お名前
送り先
電話
希望冊数をお知らせください。
さくら会のメールアドレス  sakurakai@live.jp


本人の会を知っていただき、知的障害のある人の声を知ってほしいと思います。

A本人活動連絡協議会作りも、本格的にスタートしました。
小さく産んで大きく育てようー
本人活動連絡協議会は、これから組織作りを検討します。
今はまだ、小さいですが、これから大きく育てていきます。

2009年5月3,4日に 東京で学習会を開きました。
この1年かけて、組織を作っていきます。

posted by 岡庭千泰 at 18:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動

2009年02月19日

アジアの人との交流を!

管理人です。

随分、ご無沙汰してしまいました。困った

しかし、活動はうごいてましたよ。

2月11日から、国際協力機構(ジャイカ)の研修生で、タイから知的障害の当事者と家族、
自閉症の本人と家族が来日しました。
これは歴史を塗り替えるすごいことなんです。

身体障害の人たちは20年ぐらい前から実現していたのですが、
知的障害分野で、社会開発資源として、当事者活動がとりあげらたのですから、
本当に今までの活動がしっかり芽を出してきたと思うのです。
昨年8月、今年の3月には、日本からアジア太平洋障害者センターに専門家として
知的障害のある人と、家族が向かいます。そして2月にタイから、本人と家族が来たのです
から、本当にこれからの活動を作る力を感じました。
タイには、まだ本人活動はないですが、これから、メコン5か国にも知らせて
広がってほしいと思います。
そのためにこの1年は大きな1歩の年でした。


また今年度、総括のための幹事会では、この1年の振り返りとして、
活動を総括しました。2回のリーダー研修会と本作り、しかし、来年に向けては
「研修会中心でいいのか?」
ほかにもやることがあるというのです。今までそれぞれでやってきた、
入所施設の人たちのことも取り上げていこうというのです。
いままで、各地それぞれの取り組みだったことをつなげて、ひろげていくこと
また、考えや、意見は外に出していこうというのです。

本当に、みんな力がついてきて、来年も本当に楽しみです。

posted by 岡庭千泰 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2008年12月03日

本人活動リーダー研修会イン新潟

11月29日、30日に 新潟で、本人活動リーダー研修会が行われました。

この研修会は、本人活動を広げるために、本人活動連絡協議会準備会をしながら
全国2か所の研修会を企画したものです。

11月29日(土)  太陽
会場は、新潟ユニゾンプラザです。

地元実行委員と、全国の委員は 午前10時から打ち合わせを開始!
プログラムや役割、部屋の使い方を確認しました。




はじめの打ち合わせ、みんな緊張しています。






はじめに、司会から活動報告、日程紹介等を行いました。


全体会「本人活動の大切さ」
司会1名、ゲスト2名で本人活動の大切なところを話しました。







 グループディスカッション「わかりやすい本人活動」
  本人4つのグループと支援者グループにわかれました。










  夜は交流会!










第2日目
   楽しくするために、ゲームからスタート。
   「フループバスケットからグループつくろう」

  ワークショップ「こみゅにケーション」は、6人1組になって
 お題を出すグループが、寸隙をしながら、質問を投げます。
 そうしたら、さきほど6人1組の仲間で質問の回答を検討しました。

 


 質問1 「本人の会を作りたいけど、何人ぐらいいたら、できるの?」
 グループで、はなしあってみよう
 質問2「そのメンバーを集める方法はどうしたらいいかしら?」
 グループで話し合ってみよう

 質問3「会の名前はどうやってつけたらいいの?」

 グループで考えてみよう

 質問4「はじめてやることは、何にしたらいいの?」

 グループで考えてみよう。



このように本人の相談に、グループで相談にのってあげます。

 みんな一生懸命、チャレンジしました。

会の意見とその理由も聞くようにしました。

それなりの理由を聞いて、みんな「そうか〜」と考え、

またその意見を聞いて相談者は、自分の考えをまとめていきます。

自分で決めることは、たった一人で考えることではなく、

自分の納得する答えを選択すること。

このワークショップを通じて、そのことが少し伝わったかなと思います。

これ1回に終わらず、各地でチャレンジしてほしいと思います。
 
 
posted by 岡庭千泰 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2008年11月04日

本人活動リーダー研修会イン岡山

 管理人です。

 11月1、2日に、岡山県で、本人活動リーダー研修会を開催しました。
  



   11月1日の早朝、羽田空港です。
  まだ、一緒に行くはずの人が待ち合わせに来ません・・・
  心配だ〜 
  遅れて、走ってきました 走る 
  飛行機に間に合ってよかってね。



  




  







 岡山の町は、お天気もよくいい感じがしました。




  今回の研修会は、大阪、兵庫、岡山、山口、愛媛、新潟、東京と各地から参加者が
ありました。

研修会は、地元岡山の人から「おいでんせ〜岡山へ」から始まりました。
この研修会は、みんなが話せることですと、あいさつしました。

研修会プログラム
シンポジウム「本人活動の大切さ」シンポジスト2名がまず発表しました。
(1)本人活動の大切さ
(2)自分の望むもの、望まないこと
(3)これから大切にしたいこと
これに、司会がインタビューしていきました。
シンポジストからも参加者に、質問したり、みんなが参加できるシンポジウムになりました。
以下は「意見」です
本人活動は、会議だけではない。
自分のことを話したり、人の話を聞いたりできるようになった。
本人活動に出会って、自分の思ったことができるようになった。
支援者は、友達。
自分たちが意見を言うことで、障害の重い人たちにも影響する。
選挙権は大事。自分たちもこれを使っていこう。
障害が重くて投票に行けない人には、家に来てくれたらいいのに。
外国の人とも、協力しよう。
夢を語ることが大切。
など、多数の意見、熱い議論になりました。

ワークショップわかりやすい本人活動

これは、5月に合宿で作った「本人活動」「リーダー」「支援者」の3つのワークから
順番にみなさんの意見を聞いていきました。

具体的な活動の話や、支援者や親に困ったとき、
会費や、会則などの話と、本人活動のリーダーについて話し合いました。

人の話を聞くこと、これが大事ということがわかってきました。

また、寸劇「本人活動をはじめよう」の寸劇を3人で行い、会場から
意見を引き出すこともしました。
これがなかなかよかったまる














しかし、寸劇を作った本人は、不完全燃焼困った
次へのリベンジを誓いました。


どんどん意見を言い合い、思ったことも言ってみる。
でも、みんなが受け止めてくれるから、大丈夫。
リーダーでうまくうかないことも、ここでみんなに相談しよう。
そう思える研修会になりました。

最後に参加した人全員が、「楽しかった笑顔。またリーダー研修会やろう!」という
声になりました。








次回は、新潟です。
11月29〜30日は、ぜひ、新潟に参加してみませんか。












posted by 岡庭千泰 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2008年10月22日

本人のための相談会イン東京

管理人です

 ここ数日はお天気も最高太陽によくて、本当に気持ちいい季節ですね。

  さて10月19日は、富山県と東京で「知的障害のある人同士の相談会」がありました。

  管理人は東京に参加しました。




 参加者は100名ぐらい、
 ゲストのお話





前半は「わかりやすい障害者計画」と題して、内閣府の障害施策担当の方を講師にお招きし
お勉強会を開きました。これは東京都ゆうあい会から、国の障害者施策推進協議会と、
東京都の障害者施策推進協議会の作業委員会の委員の知的障害の本人の方が入っています。
また、東京都福祉局との話し合いでは、「それは国に言ってください」「それは市町村に
言ってください」ということがあって、どうしてそういうことになってしまうのか、わかりにくい
 ので、勉強しよう!ということになりました。

勉強会をやって、みんなの暮らしは福祉だけではない。携帯携帯だったたら総務省
 グループホーム家とか、道、交通関係電車のものも国交省と、いろいろな分野の人たちが
地域の暮らしが成り立っています。
だから、いろんな分野の人に障害福祉のことを知ってもらい方向性をもって
やってほしいということが書いてあります。
国、都道府県、市町村に、いろいろな形のパンフは
内閣府では「わかりやすい障害者計画」のパンフを発行しています。
ですので、みんなが各区の障害福祉科に行って「障害福祉のわかりやすいのありますか」
って、障害者計画について興味を示し、各区の計画検討委員になるのがいいと
思います。
障害者基本法においては、計画と、計画つくりへの参画(協議会)は、当事者の政策決定においては、とても重要です。また計画見直しに本人の意見をいかすことも重要。
各区でも、知的障害の立場の人が計画つくりに必要だとなればいいと思います

午後はシンポでした。長崎、岡山、横浜、 東京から知的障害の本人が講師で出て、
・本人活動について
・一人暮らし
・グループホーム
・仕事のこと
・結婚生活
・タイ、マレーシアでの本人活動
などをシンポジウムでやったあと、3つの分科会に分かれました。
分科会では参加者の話を聞いてみよう、悩みを話そうということでしたが、
講師の話を聞きたいという人が多くて、講師の話に随分時間をとられたようです。

 今回の相談会は、多くの人が仲良くなれたと思います。
やはり、また各地の人が参加してて、いろいろな情報の長崎さになったと
思います。
工夫としては、
途中、聞いていると疲れるので、体を動かすための体操を入れたり












休憩しながらすすめました。


今回の相談会で講師のエネルギーがみんなすごかったので、
地元の司会者がどうしていいか、司会の近くにいた支援者も
えれる悩んでしまったかもね。

各地で、本人によるほ人のための相談会も3年目、いろいろな工夫もでてきた
ことなので、一度本人同士で相談会をするにはどうしたらいいいかの
パンフがつくれるといいですね。



posted by 岡庭千泰 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

2008年10月16日

本人活動リーダー研修会まであと半月

11月1、2日に開催する「本人活動リーダー研修会おかやま研修会」がせまってきました。
自分たちでやるって本当に大変です。

大きな組織と一緒にやるときは、チラシを作るのも、配るのもやってくれるし、
人もそれなりに集まります。

でも、いざ自分たちでやるとなれば、どこにくばればいいのか?
「どこに配ったの?」と聞くと、
友達にくばったり、知り合いに渡したり。

何人の手に渡ったかも、わかりませんが、1つ1つが経験です。

それを繰り返していくうちに自信もついてきます。
これから、当日配布する資料を準備して、参加者数に合わせてグループつくりです。
自分たちからやっていくことの楽しさを知ってほしいと思います。
当日まで、あと半月がんばっていこう!




posted by 岡庭千泰 at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動

2008年10月15日

お金のことを考えよう

管理人です。


皆様、三連休はいかがお過ごしだったでしょうか。
管理人は、旅行にも行かないで、多忙にくれていました。

新聞では毎日金融大恐慌を危ぶむ記事が大きく流れ、
殺人事件も多発で、なんと社会が大きく動いているか、実感せざるえません。

前回の世界恐慌は、1929年のことでした。
歴史の教科書に出てきたことですが、今またそちらの方向に向かっているのかと思うと
物価高騰、大失業時代の到来、知的障害の人の暮らしもあぶなくなってきます。

だから、さくら会では、お金のセミナーを計画することにしました。

今まで、お金の勉強会では、年金、手当などをテーマにしてきましたが
暮らしのお金をどう使うか、節約するか、そうやって自分でお金のことを
考えるようになることが、自分の将来を考えることにつながるからです。
笑い

どうして貯金するのか、自分でしたいことをするために自分で目標をもって
貯金を考えること、それがいくらであってもいいのです!


3年後、5年後、と夢見ることからはじめてみよう。
これが合言葉です。

セミナーの内容が決まったらお知らせします。
posted by 岡庭千泰 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動