CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年10月04日

コミュニケーションの広がり

  管理人です。

  ここのところ、パソコンの音声通話が快調です。

  全国本人活動連絡協議会準備会の打ち合わせやいろいろな連絡について、

  メールのやり取りだけでは、不十分なこと、また電話や携帯電話では、

  1対1の通話で、同じ内容を、またほかの人に話すことになります。


  そこで、試験的に準備会のメンバー3人で、パソコンの音声通話にチャレンジパソコン

  手でキーボードを打つことなく、マイクとスピーカーを使って話をする。

  グループで話をするのも24人までできる。黒電話

  チャットのソフトをダウンロードするだけで、通話は無料だから、安心だ。
 
  離れていても、これなら大丈夫と、参加者が確認した。ロケット

  パソコンがあるところに数人つづチャット会議に参加すれば、
  パソコンを持ってない人も参加できる。

 
  本当に、世の中変わったものです、

  

 

 
posted by 岡庭千泰 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年10月03日

鉄道ファンのみなさま!必見

 管理人です

 今日は、すごい人物を紹介します。

 千葉県にある本人の会、松戸コアラ会の会長さんは、大の鉄道おたく電車
 こよなく鉄道を愛し、1秒でも長く乗車できることを日頃より心がけている方なのです。

 その会長さん、この7月20日から、およそ1か月かけて、
 日本の最東西南北の駅を目指して、北から南まですべて鉄道を乗り継ぎ
 全部の駅を制覇しました!!拍手

 
 
 そして、今回その旅の本を自分で作り、発行することになったんです
乾杯

 鉄道に詳しい人ならば、すぐにわかるのでしょうが、困ったまったく鉄道にうとい
 この私、一つ一つ説明してもらい、鉄道の奥の深さに感動ですキラキラ
 切符の種類も、長距離片道切符、青春18きっぷと片道切符は、同じルートを通れない
 から、そのときは青春18きっぷを使うとか、どのルートで行くかも計算されています。
 
 本には、1日の移動距離、万歩計の歩数、駅の写真、おいしいお勧めの食べ物
 おもな下車駅、宿泊先などなど、旅の中で見つけたたのしいもの。

 本当にすごいんですまる

 この1か月の行動をすべて旅の手帳に記録し、とった写真は1万枚以上
 乗った鉄道の名前や、型は当然、駅のスタンプラリーのはんこうや
 記念切符など、行ったルートの図、鉄道ファンだけでなく、ぜひ
 多くの人に見てもらいたい
 
 次回、写真と本をブログでご紹介したいと思います。
 お楽しみに!!
 
posted by 岡庭千泰 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年01月14日

障害者権利条約をわかりやすくしちゃいます

管理人です。

2006年12月に国連で採択された障害者の権利条約は障害者の人権について条約です。
障害者の人権については、1987年に提案されたのが一番はじめと文献にありましたので、
21年前になります。


21年の間、ほったらかしだったわけではありません。障害者への差別、いじめをなんとかしようと、何回も提案されますが、反対が多くて、出来なかったのです。

21年かかったことも、消して無駄ではなかったのです。
もしも、21年前に採択されていたとしても、今みたいに「障害者のある人の本人参加」や
本人活動などがない時代にできたとしても、本人の参加はなく、本人の意見も聞いてもらえない時代だったと思います。

今回の条約策定には、特別委員会に知的障害の当事者、ニュージーランドのロバート・マーチン氏が入って意見を述べてきました。

その功績は大きく、当事者参加の力を発揮しました。

だから、21年たってできたこの障害者権利条約は、それなりに時代を反映したものになったのです。

今回、その条約をわかりやすい言葉にしてみようという試みがはじまっています。
知的障害の人もその作業に入っていますよ。。

お知らせは、
わかりやすい条約学習会のご案内です
3月22日(土)午後1:30〜4:30
場所 決まり次第お知らせします
内容  ・行政の人から概要の説明
    ・条項について
     ・質疑応答
     (予定) 

条約というと自分と遠いと思う方もいると思います。
しかし、とっても身近なことなんです。
ぜひ、勉強会にご参加ください。
                       
posted by 岡庭千泰 at 10:41| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年06月25日

NETTV第15回配信開始!

管理人です。

6月11日にご紹介しました">インターネットテレビ 第15回「だるまスマッシュ!」

本日、配信で〜す。


今回の主人公は、20歳の勇希君です。

中学生になって友だちができ、卓球に出会えて人生変わった!

勇希君の言葉より

「中学1年から卓球をはじめて、試合して強くなって、そこが面白い!
今は成長し続けている」

「卓球でも、なんでも、スポーツっていうのは、自分の性格や人の気持ちを考える
のではないか」

そんな勇希君の笑顔と、ナイススマッシュ!走るぜひ、ご覧ください。



人生変えちゃう出会いとは!すばらしいですね。

福祉サービスも、所得保障ももちろん必要だけど、
友だちも、趣味も、スポーツも、人生には欠かせないもの、
でも、なかなかそこへの情報提供も、支援も少ないのが現況です。

インターネットテレビも、1つの情報、きっかけになればと思います。
情報交換していきましょう笑い









posted by 岡庭千泰 at 19:45| Comment(2) | TrackBack(1) | お知らせ

2007年06月11日

NETTV次回は青森県より登場

管理人です。

前回、ご紹介しましたインターネットテレビ、みなさんもう見てくださいましたか?
インターネットテレビは、インターネット上で24時間365日見ることができる、15分ものの
知的障害の人の暮らしをドキュメンタリーご紹介しています。
地域で暮らす人の生の声を伝えてくれます。
まだの方は、ぜひ1度ごらんください。

次回は、青森県の卓球少年を紹介します。
青森県は、卓球といえば「福原愛ちゃん」力こぶ
カーリングといえば「チーム青森」とここのところスポーツで名を上げている県の1つです。



その青森県から、知的障害分野でも、卓球大好きで、習っているうちに
どんどん上達し、障害者スポーツ大会でも金メダルをとった斉藤勇希くん(20才)走る
昼間はお父さんの居酒屋「だるま」で働き、時間を作っては
卓球に、はげんでいます。

配信予定日は、6月18日オンエアービデオスケッチ未来の地図
第15回「だるまスカッシュ!」
乞うご期待ください。

http://www1.odn.ne.jp/ikusekai

posted by 岡庭千泰 at 21:59| Comment(1) | TrackBack(1) | お知らせ

2007年06月08日

うれし!楽し!お知らせ第2弾北海道情報

今日も一日ニュースでは、コムスンの事業譲渡凍結に関する話題と、
社会保険庁の年金受給者5000万件不明の話題で持ちきりでした。
まったく、福祉サービスや介護保険、年金といった日本の社会保障に関する
管理のずさんさに怒りがこみあげます怒り


さて、お知らせ第2弾!北海道情報です。
北海道手をつなぐ育成会全道大会では毎年本人大会が行われています。
毎年開催地と、周辺の本人の会からなる実行委員会をつくり、
プログラム内容を検討します。自分たちが、話し合いたいことを出しあいます。
知的障害の本人たちが、北海道中から集まる大会です。走るダッシュ
毎年300人ぐらいの参加者が集まります。
言いたいことを話し合う、活気あふれる大会です。
夏の北海道 洞爺湖へ、ぜひ足を運んでみてください
すいか温泉
ご希望の方は、下記の参加申込先までお願いします。



第52回 北海道手をつなぐ育成会全道大会
洞爺湖大会

月日:2007年7月28日(土)、29日(日)
場所:北海道 洞爺湖文化センター

本人大会テーマ:福祉の街・明るい街
日 程:
第1日:7月28日(土) 9:00受付
10:00大会式
11:15アトラクション
11:45 昼食移動
12:45分科会(1〜6分科会)
16:30 移動
17:00 懇親会
18:30 おわり
第2日:7月30日(日)
8:30 受付
9:00 記念講演(地域で暮らすために:高野範城(弁護士)
10:00 映画「筆子・その愛ー天使のピアノ」天使
12:00おわり
分科会内容:
第1分科会「障がいについて」(障がいがあって「できないこと」「わからないこと」を 
      出しあい、暮らしをよくするために必要なことを話し合いましょう。
第2分科会「いじめについて」(職場や施設、グループホームの中でいじめにあって
       いませんか。どうしたらいじめを無くせるか、意見を出しあいましょう
第3分科会「お金について」(お金の使い方や貯めかた、利用者負担金のことなど、
      みんなで話しあいましょう
第4分科会「男女交際について」(交際や結婚生活での悩みや問題を打ちあけたり
      どうしたらうまくいくかを話し合いましょう
第5分科会「仕事について」(職場の中での悩みや問題を打ちあけたり、
      どうしたらうまくいくか話し合ってみましょう。また、仕事をするうえでの
      制度についても意見や感想をだしあいましょう
第6分科会「仲間との交流」(景色のよいところを観光して、仲間と交流を深めましょう)

大会参加費:会員4,000円(含弁当)、本人3,000円(含弁当)
懇親会参加費:会員懇親会2,000円
本人懇親会参加費:1、500円
参加申込先:日本旅行北海道札幌支店(рO11−208−0170)

      




posted by 岡庭千泰 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

神奈川で本人シンポジウム開催

管理人です。
介護事業所「コムスン」は、ひどいですね。監査を受けたあと数時間後に役所に行って、事業所廃止届けを提出、介護保険指定事業所の廃止届けをだし、行政はこれで
指定事業所への処分ができなくなりました、これは全くひどい話です。
処分を受けるべきは、処分を受けるべきです。利用者への背信行為ですよ。
利用者は担当者だけでなく、会社も見てないとだめですね。
厚生労働省も毅然とした態度で対応してほしいと思います。

さて、ここで、本人シンポジウムのニュースです。
神奈川県で毎年行っている本人シンポジウムが開催されます。
これはずっと「話し合おう!ともだちつくろう!」をメインテーマに
県内、県外からも、参加者が集まります。300人規模のシンポです。
参加希望の方は以下の申込先にご連絡ください。
楽しいですよ。

神奈川県本人の会 希望 第11回本人シンポジウム
  話し合おう!ともだちつくろう!

☆月日:2007年7月29日(日)午前10時〜午後4時
☆場所:かながわ県民センター(横浜駅西口) 045−312−1121(代)
☆内容:分科会、全体会、交流ビンゴ大会


☆スケジュール
 9:30〜受付
10:00〜12:00分科会
12:00〜13:00 ひるごはん
13:00〜14:30 全体会
14:30〜14:45 休憩
14:45〜16:00 名刺交換、ビンゴ大会


☆分科会(10:00〜12:00)
第1分科会「将来と自立支援法」(将来、利用できる支援はなんだろう?)
第2分科会「健康について」(メタボリック症候群ってなんだろう?)
第3分科会「ファッションについて」(今年のモテ服はなんだろう)
第4分科会「世話人さんはじめ、いろいろな人とのコニュニケーション
      (話し方、話し合い方、関係はかわる)
第5分科会「恋愛・結婚について」(みんな愛し合っている?)


☆参加費  1000円(弁当代ふくむ)
☆参加締め切り 2007年7月23日
☆申込先  神奈川県育成会 気付け 希望あて  fax 045-324-0426
TEL 045-311-8752

ぜひとも、活気あふれる、希望のシンポジウムに参加してみてください
posted by 岡庭千泰 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ