CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年08月10日

夏の学習会終わりました(1)

8月1日(日)にさくら会の学習会 「節約して夢を実現しよう〜お金の学習会」を
開催しました。

本当にすごく暑い日だったのですが、暑さにもめげず困った、13人の参加者が集まりました。

始めに会長より。
「みんなお金のことでわからないことがある。年金とか、給料とか、でもお金を使わない生活は出来ないのだから、自分たちのことは自分たちで勉強していこう。」とあいさつしました。

講師の紹介。
講師は、お金に関する本を何冊も書いている丸田 潔さんです。
今日は、お金の話と家計簿などについて話してもらいます。






講師のお話。






「節約」というと、なんでも買うのをがまんするということではありません。
節約の「節」は、季節の間とか、1月、2月などの期間とか、間ということなんです。

「約」という字は、糸へんに勺で、くぎりをつけていくことです。

だから、間から間に区切りをつけて、「その区切りの中でやりくりすること」なんです。

毎月払うお金の中でも、家賃、電気代、ガス代、水道代、通信費、などは
あまり月の金額が変わっても、1年間平均するとかわらないものです。

しかし、食費、日用品、医療費、おこずかいは、使い方で多くなってしまったり、
節約したら、少なくなるものです。
これはやりくりできるお金です。

貯蓄は、毎月使うお金のほかに、入院したり、旅行に行きたいとか、何か大きなお金が必要になるときのために必要ですね。

ここから、節約して貯蓄する話がはじまります。

次回、続く。
posted by 岡庭千泰 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック