CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年08月16日

リーダー研修会イン郡山実施しました

8月9日(日)に、福島県郡山市で、本人活動リーダー研修会が開かれました。


準備は、ほとんど福島県内の「集まろう福島の仲間たち」のメンバーで行いました。
会場の手配や、募集要項の配布、役割分担などなど。

今回は、はじめて本人活動連絡協議会との合同の企画となったので、
企画をどのように立てるのか等で、ずいぶん混乱もありましたが、なんとか
連絡を取り合い、進めてきました。

福島県では、毎年県内4つの本人の会が合同の実行委員会を作り、
「集まろう福島の仲間たち」という本人の研修会を実施しています。

ですので、メンバーのみなさんは、自分たちで受付、舞台、分科会等の準備も進めていて、
福島の実力はすごいな〜って、感じでした。

今回の研修会では、3枚のカードを活用しました。赤、青、黄色をセットにして
本人に1セットづつ持ってもらいました。



このカードは、話が難しかったり、早すぎて聞き取れないとか、難しい言葉など自分たちが理解できているか、どうかを、示すものです。
会議の中で、わからない中で、わからない時も聞きやすいですし、
みんなの意見がわかります。
会議の途中、途中で使ってみることにしました。


10:00〜 全体会 
       あいさつ
       今日の会議の進め方
10:20  分科会
       @初めての人のための分科会
       A本人活動をしている人の分科会
       B支援者のための分科会
12:30  終了
13:00  全体会
       分科会報告
14:00  ロールプレイ

15:30  終了
       最後に記念写真を撮りました。

第1分科会、第2分科会は、本人の分科会です。
福島は、「集まろう福島の仲間たち」をやってきただけあって、
はじめての人のための分科会でも、どんどん発言もするし、
職場の話も出てきました。
司会者は、まったく初めて参加した人のために分科会のプログラムを考えていたので
少々あせっていましたが、参加した人たちからのペースをつかみ、
どんどん意見を出してもらいました。

第2分科会は、本人活動をしている人のための分科会でしたが、
ここでは本人の会のこと、権利のこと、などを話し合いました。

第3分科会は、支援者のための分科会です。
ワークショップ形式で行いました。
はじめに2人組みになって、相手のことをインタビューしていきます。
いかに、聞く側の主観でまとまっているかを、体験しました。

メインは、「本人になろう!よい支援、わるい支援」です。
自分の支援している人になりきって、その人がよいと思う支援。
自分が、日頃支援している人になりきって、
どんなときよい支援と思うか、
どんなとき わるい支援と思うかを出しあいました。


3つのグループで、それぞれ意見をまとめで、午後の分科会報告で
発表しました。




午後の全体会で、分科会報告をしました。
各分科会の報告者が出てきて、報告しました。
支援者の分科会は、3つのグループがぞれぞれ、プレゼンをしました。
そのプレゼンを聞いて、
わかりやすい→緑
ちょっと難しい→黄色
難しい→赤
参加された人たちは、みんなカードで意見を言って、
まよう姿も、あまり見られなかったです。
全員参加型のワークショップでは
まずますカードは活用できそうです。

ロールプレイでは、1つの場面を数人で演じて、
フロアのみなさんから意見を出してもらう予定でしたが、
どういうわけか、内容も進行も違うことになっていました。
これについては、地元と協議して、決めることなっていました。
あとで、確認したいと思います。


課題は、まだまだありますが、一歩一歩、経験しながら、
本人活動リーダー研修会を終えることができました。






参加した人たちは、どんな感想を持ったでしょうか。
郡山からの感想が楽しみです。
posted by 岡庭千泰 at 21:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動
この記事へのコメント
リーダー研修会お疲れさまでした。
充実した研修会だったみたいで、
しかも盛りだくさんの内容で大成功ですねキラキラ

レインボーのメンバーにもきいてみたのですが、
みんな参加してみたい気持ちはあるものの、
なかなか予定が合わず、
今回は残念ながら誰もいけませんでした。(私も含め)すいません

3色のカード使用はいいアイディアですね拍手
実際、話が早くて・・とか、難しくて・・とかいう声はよく聞きますが、自分からはなかなか途中で言えない場合が多いですよね。
レインボーでも参考にさせていただきます。




Posted by えんどう at 2009年08月19日 18:50
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック