CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年11月13日

晩秋のさくらおろち湖

 紅葉も終盤となり、銀杏の黄色い絨毯を思いっきり駆け抜けてみたい衝動にかられる今日この頃です。こんなときには、雨が少しうらめしいですけどね。
 さてさて、葉っぱが落ちてくると、常緑樹の緑がはえてみえますが、その中にあって、実のなる木が目立ってもきます。
 さくらおろち湖を周回する自転車コースでみられるのは〜。
 まずガマズミ!


 そして紫式部!


 いや〜、張り切って撮影に出向いたものの、これくらいしか見つけられなくてごめんごめん。次回はもうちょい目をこらしつつガイドをもって出ます。(樹の名前をよく知らなくって勉強中ですヽ(´ー`)ノ) ガマズミは冬でも落果しないので、マタギが冬山で重宝したという言い伝えが青森にあるそうです。ほんとに落ちないのか、冬でも食べられるのか、確かめてみたいと思います。報告をまて。

 日も短くなってきました。午後4時頃にはこんな感じ。夕陽が湖を照らす夕陽スポットもあるのですが、そちらもまた次回!!




この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック